ただいま、アンソロジー「悦楽」(徳間文庫)、「灼熱」(双葉文庫)発売中。

昨日は、いつもより食べられるかなあとと思って、少し多めに食べたら、とたんに膨満感で胸まで苦しくなり、一夜明けても直らずに参った。
やはり、食べると具合が悪くなる。
以前の1食分よりうんと少ないのに。

胆石の症状がない人もいれば、私のように、1度発作を起こした後は、急激に食べ物を受け付けられなくなる者もいる。
発作の起こる前は、胸が締めつけられるように痛いと、ストレスか疲れか心臓かと思っていた。
胃がただれたような感じのときは、ストレスか胃かと思っていた。
夏からの右肩の異常なコリは、パソコンが変わったせいで、右手に無理がいっているのかと思っていた。
今になると、すべて胆石の症状だ。
胆石というのは複雑な痛みを伴うものだ。
胃が悪いと思っている人、腰痛だと思っている人、肩こりと思っている人、いろいろのようだ。
年間20万人もの人が胆石で胆嚢切除をしているとか。
その中の何パーセントが、手術まで、私のような体調不良の苦労をしているだろう。
手術が待ち遠しい。

仕事は思ったより進まないけれど、千里の道も一歩から。
今週中に終わりたい。
頑張ろう。