66a8a82d.jpgパッションフルーツを食べた後に種をまいたら、元気にどんどん芽が出てきた。
冬を越して欲しいなと思っている。
今は外に置いているけれど、零下になるとまずいだろうな……。

この10日で2キロも体重が落ち、これはまずいと思うものの、入院して点滴を打っても、食べないと痩せますよと言われ、昨日、先生といっしょに考えたのは、痛くなる前に、食事と同時に薬を飲むということ。
その手があった。
とうわけで、昨日の夜から、少なめに食べているものの、同時に薬を飲んでいる。
今朝もそうしたら、今のところ痛みなし。
少しずつ食べる量を増やしたい。

いろいろお見舞いが届いているけれど、今や売れっ子時代作家であり、私からすると雲上人のような藤原緋沙子さんから、京都の、わらび餅や芋甘納豆などが届いた。
なぜだ! とびっくり。
いつ私の胆石を知ったのだと思ったけれど、そうではなく、京都に行ったので少しばかり送ったと手紙が言っていて、人を大切にする人だと感心した。
夏に1度お会いしただけなのに。
感謝、感謝。

今や、いただきもので食べきれないほどの果物とお菓子。
昨日は友達が柿を送ると連絡してきたので、ストップをかけた。
退院してからしか食べられなそうにない。
昨日は、朝から夕方までに食べたのは、リンゴ半分、葛湯1杯のみ。
夜にご飯を3〜4口。本当に鳥の餌くらいだ。
そんな生活。
でも、藤原さんから届いたわらび餅はいただけそう。
今朝はご飯を半分近く食べられた。
体力つけなくては。

昨日はずっと休んでいて、何と1枚しか書けなかった。
ま、躰と相談しながらなので仕方がない。