e58e44aa.jpgウズアジサイとかオカメアジサイとも言うらしい。
なかなか目立つ。
しかし、なぜオタフクアジサイなのか。
15日、京都の蓮の寺、法金剛院で撮ったもの。
その前に、おかめさんを祀ってある千本釈迦堂に寄っているので、不思議な気がした。
私はオタフクアジサイというより、縮緬(ちりめん)アジサイのほうがふさわしい名前ではないかと思った。
鎌倉なら東慶寺にもあるらしい。
アジサイも様々な名前があって、だんだん難しくなってきた。
さほど興味がないときは、すべてひっくるめて「アジサイ」でよかったけれど。
すべて、知るほどに複雑になってくる。

来月発売の本のゲラは、ページ数にして370。
原稿にして400枚以上。
今日で見てしまおうと思ったけれど、目が疲れてくる。
ゲラは見ないと後悔するし、見るのは面倒だし……。
昔の短編が入っていたりして、ハードなものは退けてもらいたいとか、そんなことばかり考えている。
昔は注文に応じて書けたし、書かなければモノカキ生命を維持できるかどうかわからなかったので、何でもこなしたものの、今では書けない。
というより、書きたくない内容のものも多い。
愛情のないセックスだけというのはうんざりする。
レイプものなども2度と書きたくない。
愛情あっての性でないと、書いても意味がない気がするし、虚しい。
今見ているゲラ、溜息をつきたくなるのもある。複雑。