1bb3170c.jpg昨夜はT書店のK氏や、日刊スポーツのH氏、Y氏達と楽しい銀座の夜だった。
いつもながら、ここには書けないような中身の濃い話が続き(いやらしいというだけ)、最終の零時半の電車だった。
こちら方面のY氏に送ってもらったけれど、電車で送るのは初めてと言われ、立ち席で30分乗って戻ってきた。
タクシーに乗ってみようかとも思ったけれど、パニック障害が出ると危険なので。
横浜駅から歩いてマンションの前まで送ってくれ、午前1時過ぎの帰宅になった。
とても楽しかった。

話は戻って、この日、新橋に近い銀座の店の前での待ち合わせだったけれど、ちょっと時間が早かったので有楽町で降りて銀座を歩いてみようと思った(新宿に用があったので、そちらから向かった)。
ところが、何度歩いたかわからない銀座なのに、まず、有楽町のどちらが銀座方面かわからなくなり、ちがう方向に歩き出し、引き返し……という具合で、30分以上さんざん歩くことになり、2〜3分遅れて到着。
迷子になってばかりで、本当に呆れる。
自分で呆れてど〜すると言いたいけれど。

男性諸氏は2軒目のクラブで、女性達の深い胸の谷間が気になっていたよう。
なかなか迫力ある谷間だった。

10月1日から3月末まで、土日なしの新聞連載開始。
調子よく受けるものの、どこの連載も始まる直前になると、うわ、大変だ、と慌ててしまい、こんなはずじゃなかったと思う。
まずは、今連載中の9月まで続く「週刊大衆」を書き終えなければ。
もうひとつ、秋からの月イチの連載をと知り合いから頼まれているけれど、それはどうなるのか。死んだ振りをしようかと思ったり。

さて、今日も頑張ろう(今日は……だったりして)。
写真は、昨日と同じ花。
蜜を集めていた蜂がいた。