「藍川京」の部屋

女流作家「藍川京」の花日記と、作品を紹介するブログです

2024年06月

横浜イングリッシュガーデン ヤマモモ、ジョウザンアジサイ

13日に少し黄色みがかってきた山桃を載せたけれど、今は1〜2枚目のようにみごとな赤い色に。1週間、10日と間を空けて行くと、こうやってすっかり変わってしまうので、週に1〜2度は通う方がいいのだけれど。
3枚目からは大好きな紫陽花。常山紫陽花(ジョウザンアジサイ)と思う。
これは咲き始めが私の好みで、5枚目はすべてつぼみ。6枚目はひとつ花が咲いた。これが可愛い。
7枚目は4つの花が開花。8枚目は5つか6つ花。
こうして少しずつ開いていき、最後はもちろんすべてが開くけれど、咲き始めが気に入っていて、この時に出会うと嬉しい。だから、頻繁に顔を出していないとこの時を逃してしまう。この花に限らず、どの花も咲き始めが好きなので、その時を逃すと悔しい思いがする。

DSC06990_RDSC06991_R









DSC06988_RDSC06993_R









DSC01936_RDSC06984_R









DSC01937_RDSC06983_R









DSC06987_RDSC01934_R

横浜イングリッシュガーデン さまざまなユリなど

園内、百合でいっぱいだけれど、1〜2枚目のように、まだ薔薇も少しは咲いているし、最後の2枚のように紫陽花もいっぱい。
行くたびに景色の変わるガーデンは実にみごと。花が次々と変化していく。咲く百合も種類が変わっていく。

DSC06937_RDSC06950_R









DSC06961_RDSC06959_R









DSC06962_RDSC06967_R









DSC06940_RDSC06992_R









DSC06979_RDSC06980_R









DSC06974_RDSC06972_R









DSC06977_RDSC06975_R









DSC06982_RDSC06981_R









DSC06947_RDSC06946_R

横浜イングリッシュガーデン バラ、アジサイ、インドハマユウ、オルレア、ワレモコウ、エリンジウムなど

1〜4枚目、薔薇と紫陽花など。
5〜6枚目、印度浜木綿(インドキマユウ)が咲き始めた。巨大な葉に比べれば花は小さく見える。
7〜11枚目、オルラヤ ホワイトレースの花と種子。種子も面白くて楽しい。
12枚目、ニンジンダラか。13枚目、もう吾亦紅(ワレモコウ)が咲いていた。
14〜16枚目、涼しげな色のエリンジウム。

DSC06734_RDSC06765_R









DSC06739_RDSC06668_R









DSC07051_RDSC07048_R









DSC06756_RDSC06586_R









DSC06583_RDSC06585_R









DSC06755_RDSC06788_R









DSC06790_RDSC06653_R









DSC06651_RDSC06652_R

横浜イングリッシュガーデン アジサイ、ハンゲショウ

紫陽花は今のうちに載せておかなければと思い、たくさん載せている。
最後の4枚は半夏生(ハンゲショウ)。半化粧とも。ドクダミ科ハンゲショウ属なので、今盛りの蕺草(ドクダミ)と同じ頃の開花。
ガーデンの半夏生はとても立派。とはいえ、だいたい1メートルくらいになるのが普通かもしれない。

DSC06730_RDSC06738_R









DSC06737_RDSC06736_R









DSC06729_RDSC06733_R









DSC06732_RDSC06731_R









DSC06570_RDSC06539_R









DSC06541_RDSC06533_R









DSC06528_RDSC06534_R









DSC07070_RDSC07069_R









DSC07066_RDSC07067_R

横浜イングリッシュガーデン ユリ、ヘメロカリス、アジサイ

ガーデンでは様々な花が区別されずにいっしょに仲よく咲いている。それが楽しい。
1〜5枚目、薔薇や百合。
6〜11枚目、ヘメロカリスもいっぱい。ヘメロカリスはユリ科ワスレグサ属。
12枚目から紫陽花。

DSC06934_RDSC06933_R









DSC06941_RDSC06938_RDSC06939_R









DSC06997_RDSC07072_R









DSC06976_RDSC06978_R









DSC07023_RDSC07022_R









DSC06780_RDSC06781_R









DSC06782_RDSC06779_R









DSC06773_RDSC06766_R

横浜イングリッシュガーデン サンゴシトウ、バラ、アジサイ、ヒペリカム(オトギリソウ)

30度越えも各地に増えてきた。6月半ばでこれでは先が思いやられる。最近は半年ほど夏の気がする日本。今年も10月まで夏だろうか。

1〜2枚目、いかにも夏の色のような珊瑚刺桐(サンゴシトウ)がたくさん咲いている。
3〜11枚目、薔薇。12枚目、薔薇と紫陽花。
13〜14枚目、紫陽花。
15〜16枚目、ヒペリカム。和名、弟切草(オトギリソウ)。無気味な名前だと思って調べたことがある。興味のある方は検索を。

DSC06772_RDSC07061_R









DSC06605_RDSC06633_R









DSC06627_RDSC07074_R









DSC06734_RDSC06749_R









DSC06670_RDSC06662_R









DSC06660_RDSC06625_R









DSC06642_RDSC06639_R









DSC06741_RDSC06740_R

横浜イングリッシュガーデン 母の命日

三十七回忌の母の命日に様々な花を。
母の笑顔が浮かんでくる。母には感謝、感謝、ただ感謝のみ。

1枚目、ジューンベリーの可愛い実。2枚目、優しい色のスイートピー。
3枚目、薔薇とオルラヤ ホワイトレース。
4〜8枚目、薔薇。
9枚目、薔薇と紫陽花と御柳梅(ギョリュウバイ)。
10〜12枚目、紫陽花。
13〜14枚目、矢車菊(ヤグルマギク)とオルラヤ ホワイトレース。
15〜16枚目、紫陽花。
17〜18枚目、色とりどりの鋸草(ノコギリソウ)。

DSC06666_RDSC06632_R









DSC06646_RDSC06664_R









DSC06665_RDSC06645_R









DSC06644_RDSC06643_R









DSC06618_RDSC06699_R









DSC06637_RDSC06774_R









DSC06629_RDSC06628_R









DSC06655_RDSC06654_R









DSC06650_RDSC06649_R

横浜イングリッシュガーデン カラタネオガタマ、ヤマモモ、スイートピー、紫陽花など

1枚目、山桃の実が緑から黄色へと色づいてきた。まっ赤になる日が楽しみ。
2枚目、クラブアップルもだんだん大きくなってくる。
3〜4枚目、唐種招霊(カラタネオガタマ)のパープルクイーン。黄色い花が一般的。
5〜6枚目、スイートピー。
7枚目から紫陽花。

DSC06711_RDSC06465_R









DSC06761_RDSC06759_R









DSC06630_RDSC06631_R









DSC06619_RDSC06616_R









DSC06638_RDSC06599_R









DSC06614_RDSC06613_R









DSC06607_RDSC06608_R









DSC06648_RDSC06647_R

横浜イングリッシュガーデン イワガラミ、バラ、アジサイ

1〜3枚目、イングリッシュガーデン入口の岩絡み(イワガラミ)も今は、満開を過ぎている。これもアジサイ科アジサイ属で、北鎌倉の東慶寺本堂裏の岩絡みは木が大きくてみごとだったけれど、もう何年か見に行っていない。
4枚目から、薔薇や紫陽花。4枚目は柏葉紫陽花(カシワハバアジサイ)。

DSC06657_RDSC06658_R









DSC06659_RDSC06691_R









DSC06721_RDSC06719_R









DSC06671_RDSC06785_R

DSC06663_RDSC06697_R

横浜イングリッシュガーデン アジサイ、斑入りドクダミ

12枚目まで様々な紫陽花。
最近はどこも額紫陽花が多くなってきた気がする。品種改良で次々と生み出されているのだろう。鎌倉の長谷寺の額紫陽花も昔に比べると多い気がした。
13〜14枚目、大好きな斑入りの蕺草(ドクダミ)。最後は普通の蕺草だけれど、姿が気に入って写した。八重の蕺草もいいけれど、うまく写ってなかった。

DSC06538_RDSC06513_R









DSC06523_RDSC06514_R









DSC06527_RDSC06515_R









DSC06581_RDSC06511_R









DSC06521_RDSC06520_R









DSC06506_RDSC06507_R









DSC06502_RDSC06501_R









DSC06757_R

鎌倉駅周辺 鏑木清方記念美術館、豊島屋本店、大巧寺の花

1〜2枚目、長谷から鎌倉に戻って、観光客で溢れる小町通りを歩いて鏑木清方記念美術館へ。入口しか撮らなかったけれど、ここを入ると左右の紫陽花がみごとだった。なかなかいいところ。清方の絵葉書をたくさん買った。
ここから鶴岡八幡宮の三の鳥居に出て、太鼓橋から本宮を眺め、左右の源氏池、平家池だけさっと見て、混雑する小町通りを避けて、段葛(だんかずら)を通って二の鳥居へ。
3〜4枚目、段葛を歩いていると、彼女が鳩サブレーで有名な豊島や本店の正面右上に、鳩サブレーを発見。店の脇を通れば見えないので、今まで気づかなかった。
これを調べたら興味ある記事にぶつかった。横浜市にある建築設計事務所の方のもの。
鳩サブレー型にデザインされているところは、非常時に消防隊員が外部から進入するための開口部とか。建築設計事務所の方は、「バルコニーがないので赤色灯は必要ないかと思いますが、鳩の目として設置されているのがおもしろいです。法令をクリアしつつ洒落のきいたデザインというのはなかなか難しいかと思いますが、こういうデザインの提案ができるようになりたいものです。」と締めている。
同行の彼女のおかげで面白いことを知ることができた。
段葛がが終わると、すぐに花の寺、大巧寺(だいぎょうじ)。
5〜6枚目、額紫陽花。
7枚目、擬宝珠(ギボウシ)のつぼみ。これだけイングリッシュガーデンのもの。8枚目、大巧寺の開いた擬宝珠。
9枚目、ストケシアだろうか。はっきりわからない。
10枚目からミッキーマウスの木。花は意外と黄色。それから緑の額が赤くなってきて、今日の写真の青い実は黒くなっていく。その時がミッキーマウスにいちばん似ているだろう。残念ながらすべてボケてしまったけれど、あえて載せてみた。
これで鎌倉散歩は終わり。写真の数が少なかった。

DSC06892_RDSC06891_R









DSC06896_RDSC06897_R









DSC06903_RDSC06900_R









DSC06787_RDSC06902_R









DSC06904_RDSC06907_R









DSC06905_RDSC06906_R

鎌倉 高徳院(鎌倉大仏)

長谷寺の次は高徳院へ。鎌倉大仏の方がわかりやすいかもしれない。
長谷寺からすぐなのに、私は久々だった。同行者は初めてとのことで、大きさがよくわかったとのこと。
元々、大仏殿もあったけれど、1498年の大地震による大津波で流されたらしい。海から800メートル以上離れた標高10メートル以上の場所にあるだけに、どれほど大きな地震と津波だったか、想像することすら難しい。
大仏様の耳の長さは1.9メートル。台座を含めて13メートルちょっと。
7〜8枚目は背中の窓。両開きの扉がふたつついているけれど、頭部を据えるときの作業のための人の出入り口ではないかと言われている。
安い別料金を払うと、大仏様の中に入り、胎内巡りもできる。
与謝野晶子が「かまくらや みほとけなれば釈迦牟尼は 美男におわす夏木立かな」と詠んでいるのは有名。この日は晴天で緑濃く、こんな日に晶子は歌を読んだのだろうかと思った。

DSC06876_RDSC06875_R









DSC06874 (1)_RDSC06886_R









DSC06882 (1)_RDSC06885 (1)_R









DSC06883_RDSC06884_R









DSC06880_RDSC06881 (1)_R



DSC06888 (1)_R
DSC06888_R

鎌倉 長谷寺 下境内 ユキノシタ、イワタバコ、ハクウンボク、ナンテン、アジサイ、ナナカマド

1〜2枚目、長谷寺の放生池脇に雪ノ下(ユキノシタ)が咲いていた。
3枚目、もう赤蜻蛉が飛んでいた。猩々蜻蛉(ショウジョウトンボ)だろうか。
4枚目、岩煙草(イワタバコ)。もう終わりで、これくらいしかまともに写せなかったけれど、岩煙草を見たいと言っていた同行の彼女は嬉しそうだった。いつか群生を見て欲しい。
5枚目、人気のなごみ地蔵。6枚目、弁天堂の絵馬。その奥の弁天窟にも久々に入った。
7枚目、白雲木(ハクウンボク)の実。8枚目、南天(ナンテン)の花が咲き始めた。
9枚目から緑陰の庭。9〜10枚目、紫陽花の花手水がとてもきれい。
11枚目、ここにも紫陽花がいっぱい。12枚目、七竈(ナナカマド)。

DSC06859_RDSC06861_R









DSC06871 (2)_RDSC06847_R









DSC06848 (2)_RDSC06856_R









DSC06850_RDSC06863_R









DSC06869_RDSC06868_R









DSC06854_RDSC06870_R

鎌倉 長谷寺 眺望散策路のアジサイ

1〜2枚目、長谷駅からすぐ近くの収玄寺(しゅうげんじ)。今は花盛りで、やはり紫陽花がきれいだった。長谷寺に行くときには、まず覗いてみる無料のお寺。
3枚目から、昨日も載せた長谷寺。
3〜12枚目は眺望散策路の紫陽花。
13〜14枚目、散策路を下りると、経蔵脇の竹林の竹に額紫陽花(ガクアジサイ)が寄り添うように咲いていて、この景色には魅せられた。
15枚目から経蔵先のさくら広場に再び出た。
明日は長谷寺の下境内を。

DSC06796_RDSC06798_R









DSC06808_RDSC06819_R









DSC06826_RDSC06827 (2)_R









DSC06824_RDSC06821_R









DSC06809_RDSC06825_R









DSC06806_RDSC06828_R









DSC06834_RDSC06832_R









DSC06837_RDSC06838_R









DSC06841_RDSC06840_R

鎌倉 長谷寺のアジサイ

昨日は読者の方と鎌倉の長谷駅で待ち合わせして、彼女の希望の長谷寺と鎌倉大仏(高徳院)、鏑木清方記念美術館、大巧寺(だいぎょうじ)をまわり、最後は鎌倉駅のCIAL鎌倉2Fにあるカフェ レクセル CIAL鎌倉店でおしゃべり。10時〜15時まで楽しい時間だった。昨日からホテル宿泊で、明日、帰るとか。
今日の写真は長谷寺を少し。
1枚目、長谷寺山門。2枚目、さくら広場も今は紫陽花。
3枚目、経蔵を眼下にしながら紫陽花の咲く展望散策路へと上っていく。10時ですでに人だらけだった。ここから由比ヶ浜が一望できる。
鎌倉はまた、ぼつぼつと。

DSC06799_RDSC06801_R









DSC06802_RDSC06811_R









DSC06823_RDSC06804_R









DSC06818_RDSC06817_R









DSC06826_RDSC06810_R

横浜イングリッシュガーデン バラ

今日は薔薇だけ。
今は紫陽花もたくさん咲いていて、薔薇が終わり始めているので、5月の薔薇を早く載せてしまわなければ。

DSC06509_RDSC06508_R









DSC00677_RDSC00496_R









DSC00515_RDSC01013_R









DSC00503_RDSC00682_R









DSC00685_RDSC00741_R









DSC06472_RDSC01417_R









DSC00710_RDSC06297_R









DSC01156_RDSC00676_R









DSC06016_RDSC06131_R









DSC06532_RDSC06573_R

横浜イングリッシュガーデン ザクロ、アジサイ、バラ

1枚目、スモークツリーの左手前は薔薇。右の木は石榴(ザクロ)。
2〜4枚目、きれいな石榴の花。ここには赤もあるけれど、このやさしい色の花が咲くのを、毎年、楽しみにしている。
5〜8枚目、柳の若葉の下で紫陽花とクレマチス。色々な花がいっしょに咲いているのがイングリッシュガーデンの見所で楽しみなところ。
9〜12枚目、紫陽花。
13枚目から薔薇。

DSC06544_RDSC06726_R









DSC06727_RDSC06728_R









DSC06559_RDSC06558_R









DSC06556_RDSC06555_R









DSC06596_RDSC06571_R









DSC06705_RDSC06557_R









DSC06582_RDSC06588_R









DSC06505_RDSC06592_R









DSC06537_RDSC06546_R

横浜イングリッシュガーデン アジサイ、アカンサス、ユリ

今朝は6時半頃、けたたましい緊急地震速報の音で起こされ、構えていたけれど、ここは揺れなかった。長周期地震動の階級2も能登だけだったよう。石川県は元日の地震から5カ月後にまた大きく揺れ、不安なことだろう。
ここは揺れなかったとはいえ、緊急地震速報の音は無気味で不安になってしまう。
毎日、何ごとも起こりませんようにと祈るのみ。

1〜12枚目、紫陽花の間には静謐な時間が流れている。
13〜14枚目は、背の高いアカンサス。
15枚目からの百合は山百合でいいだろうか。似ているけれど、花びらの黄色いラインが薄すぎるような気もする。交配された百合も多くなっているのでどうだろう。
百合も種類によって咲く時季が次々と変わっていく。

DSC06547_RDSC06548_R









DSC06564_RDSC06563_R









DSC06562_RDSC06561_R









DSC06545_RDSC06510_R









DSC06504_RDSC06526_R









DSC06560_RDSC06525_R









DSC06746_RDSC06748_RDSC06747_R







DSC06569_RDSC06745_R









DSC06742_R

横浜イングリッシュガーデン アジサイ

今の紫陽花はとてもきれい。
薔薇と交代しつつある紫陽花だけれど、まだまだ薔薇もたくさん咲いているので、また後日。

DSC06454_RDSC06479_R









DSC06486_RDSC06491_R









DSC06485_RDSC06478_R









DSC06487_RDSC06469_R









DSC06476_RDSC06466_R









DSC06529_RDSC06519_R









DSC06518_RDSC06595_R









DSC06468_RDSC06451_R









DSC06482_RDSC06483_R

横浜イングリッシュガーデン アジサイ・フェスティバル開催中

今日から6月。
雨の似合う紫陽花だけれど、しとしとと降る昔の梅雨はなくなり、一気に大雨になって災害をもたらしてしまう。昔のような、やさしい紫陽花の雨であってほしい。
先月26日までの薔薇のフェスティバルは終わり、今月は23日までアジサイ・フェスティバル。
1昨日の強風もあり、薔薇と紫陽花が主役を交代したよう。
1昨日の強風もあり、アーチの薔薇はここ数日で一気に散ってしまい、緑の葉のみになってしまった。その下には紫陽花が飾られている。園内、地植えの300種の紫陽花でいっぱい。

DSC06778_RDSC06777_R









DSC06775_RDSC06776_R









DSC06677_RDSC06752_RDSC06673_R









DSC06496_RDSC06495_R









DSC06467_RDSC06455_R









DSC06457_RDSC06456_R









DSC06477_RDSC06481_R
Profile
      わたしです

日本ペンクラブ会員
日本文芸家協会会員
日本文芸家クラブ理事
サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ
Archives
Categories