「藍川京」の部屋

女流作家「藍川京」の日記と、作品を紹介するブログです

2022年03月

(今日のその2)横浜美術館

ランドマークタワーすぐ西側の横浜美術館では、紫木蓮(シモクレン)が満開。散りはじめている木も。
大規模改修工事のため、去年から全館休館。再開館は来年度中の予定。

DSCF9097_RDSCF9096_RDSCF9093_R









DSCF9092_RDSCF9094_RDSCF9095_R









DSCF9098_RDSCF9101_RDSCF9100_R

横浜イングリッシュガーデン ミヤマガンショウ、セリンセ・マヨール、ラナンキュラスなど

1枚目、イングリッシュガーデン横の結婚式場とミモザの花。(10日ほど前)
2枚目、横浜イングリッシュガーデンの入口。3枚目、住宅展示場で深山含笑(ミヤマガンショウ)。鎌倉の長谷寺にあるけれど、今年はここで見られた。
4〜5枚目、蕗の薹(フキノトウ)でいいと思うけれど、自然のものと色が違うので、その名前を知りたい。赤花蕗の薹(アカバナフキノトウ)に近いだろうか。
6〜8枚目、セリンセ・マヨールも少しずつ咲き始めた。
9〜11枚目、ラナンキュラス。変わり咲きが売店に出ていた。本当に不思議な形態の花。

DSCF8601_RDSCF8783_RDSCF8785_R









DSCF8655_RDSCF8654_R









DSCF8767_RDSCF8766_RDSCF8764_R









DSCF8777_RDSCF8780_RDSCF8778_R

みなとみらい 山下公園の春

山下公園で、1〜3枚目の手前は白い雪柳や白木蓮、ピンクの枝垂れ桜など。その向こうに氷川丸。
4枚目、右奥のピンク色はは染井吉野。

DSCF8928_RDSCF8927_RDSCF8922_R









DSCF8926_R

(今日のその2)横浜イングリッシュガーデン サクラ、マグノリア、ヒヤシンスなど

1〜3枚目、10日前のガゼボからの風景。ピンクの花桃や黄色い連翹(レンギョウ)が咲いている。
4〜9枚目は昨日、ガゼボ近くの風景。一気にピンク色が広がった。
白いのは雪柳、薄いピンクは染井吉野(ソメイヨシノ)。濃いピンクは横浜緋桜。黄色はマグノリアのサンダンス。
10〜11枚目、木瓜(ボケ)。12枚目、木瓜とヒヤシンス。
13枚目からヒヤシンス。

DSCF8672_RDSCF8673_RDSCF8674_R









DSCF9130_RDSCF9144_RDSCF9136_R









DSCF9137_RDSCF9139_RDSCF9140_R









DSCF8756_RDSCF8763_RDSCF8765_R









DSCF8758_RDSCF8751_RDSCF8762_R









DSCF8749_RDSCF8760_RDSCF8769_R

(今日のその2)みなとみらい ソメイヨシノ満開

昨日のみなとみらい、ランドマークタワー前の染井吉野。一気に満開。
青い空が少なく、残念。
みなとみらいも、また後日。

DSCF9079_RDSCF9084_RDSCF9075_R









DSCF9089_RDSCF9076_RDSCF9086_R









DSCF9080_RDSCF9082_RDSCF9081_R

横浜イングリッシュガーデン キブシ、トサミズキ、ツツジ、

3月もあと2日。やはり、春は花が多くて載せきれない。
さっと咲いて、さっと終わってしまうものも多い。

1〜2枚目、木五倍子(キブシ)。3枚目、白い雪柳の向こうに木五倍子。
4〜6枚目、土佐水木(トサミズキ)。
7枚目、躑躅(ツツジ)。8〜9枚目、園内の小径。
DSCF8642_RDSCF8641_RDSCF8712_R









DSCF8660_RDSCF8661_RDSCF8656_R









DSCF8675_RDSCF8636_RDSCF8684_R

横浜イングリッシュガーデン カンヒザクラ、ギョリュウバイ、パンジー

1週間ほど前の写真になってしまったけれど、1枚目、寒緋桜だろうか。2枚目、御柳梅(ギョリュウバイ)。
3枚目から、パンジーとヒヤシンス。
春の彩り。
DSCF8770_RDSCF8757_R









DSCF8772_RDSCF8773_RDSCF8774_R









DSCF8607_RDSCF8776_RDSCF8775_R

(今日のその2)北鎌倉 東慶寺の枝垂れ桜

昨日は大雨と強風になるとの予報で、その前日にほんの少しだけ北鎌倉に行ってみた。染井吉野を楽しみにしていたのに、まだ早すぎてがっかりだった。
2日後の今日、またたくまにほころんでいるのだろう。
部屋から見えるみなとみらい方向の掃部山(かもんやま)公園がピンク色に染まっている。
今年は、なかなかつぼみが膨らまないと思っていたのに、今になって、あっという間に咲き開いてしまった。

今回の北鎌倉の桜は、染井吉野が一分咲き未満だったので、東慶寺の枝垂れ桜を。

DSCF8863_RDSCF8864_R

横浜イングリッシュガーデン クリスマスローズ(レンテンローズ)

ガーデンでも一気に咲きだしたレンテンローズ。
時期に咲くのはクリスマスローズというより、レンテンローズがふさわしい。
1枚目、バックの黄色い花は、葉もずいぶんと伸びてきた福寿草。そろそろ終わる。
今がいちばん元気で美しい時のレンテンローズ。命が漲っている。中には花が終わり、萼片だけになっているものもあるけれど。
レンテンローズの花びらは内側の小さな小さなもので、外側の花弁に見えるものは萼片。

※(2013年5月20日の記事にコメントを下さった 亀崎様へ)
 沈丁花の実について、その日の記事にも同じコメントをつけましたが、一応、ここにも書いておきます。
「ガーデンに入ると、まず正面にアーチがあります。
そこを抜けてすぐの所に左右、ウバメガシの植え込みがあります。
その右側のウバメガシ向こう側になり、近づけませんから、いちばん近くに見える場所はそこかもしれません。生け垣の向こう側を覗くことになります。
植え込みの向こう側からだと沈丁花が何種類か植えてあるのがわかりますが、1〜2メートルの距離があると思います。」

DSCF8548_RDSCF8627_RDSCF8538_R









DSCF8549_RDSCF8533_RDSCF8542_R









DSCF8539_RDSCF8540_RDSCF8535_R









DSCF8547_RDSCF8677_RDSCF8629_R









DSCF8628_RDSCF8680_RDSCF8676_R

横浜イングリッシュガーデン カタクリ、シラー、スノードロップ

今回、ガーデンに行ったのが2週間ぶりだったので、1〜3枚目のように片栗(カタクリ)の花はこれだけしかなく、すでに過ぎていた。がっかりだったけれど、片鱗でも見られただけよかった。
そのかわり、4枚目からのようにシラーが咲き始めていて、瑠璃色は大好きなので、この愛らしく神秘的な花をたくさん載せてしまった。
4枚目にクリスマスローズと一緒に写しているので、その手前に写っているシラーがどんなに小さいかわかるだろう。今がいちばん可愛いときで、もう少し大きくなってくる。
最後の3枚はスノードロップ。

DSCF8617_RDSCF8729_RDSCF8612_R









DSCF8738_RDSCF8743_RDSCF8741_R









DSCF8744_RDSCF8740_RDSCF8615_R









DSCF8739_RDSCF8735_RDSCF8683_R









DSCF8745_RDSCF8750_RDSCF8746_R

横浜イングリッシュガーデン ユキヤナギ、ショカッサイ

1枚目、黄色い山茱萸(サンシュユ)とピンクの庭梅(ニワウメ)。2枚目、庭梅。
3〜4枚目、ピンク雪柳。
5枚目、白い普通の雪柳と、バックのピンク色は花桃。6枚目は白い雪柳とガゼボ。
7枚目から諸葛菜(ショカッサイ)。7〜10枚目はガゼボのまわりの諸葛菜。
園内が春の色で溢れるようになった。

DSCF8700_RDSCF8701_R









DSCF8708_RDSCF8639_R









DSCF8646_RDSCF8653_R









DSCF8647_RDSCF8650_R









DSCF8649_RDSCF8541_RDSCF8652_R









DSCF8696_RDSCF8678_R

横浜イングリッシュガーデン ツバキ、レンギョウ

1〜2枚目は大好きな黒い椿、遅咲きのブラックマジック。やっと咲き始めた。3枚目、小さな椿、港の曙(みなとのあけぼの)」は盛り。もうじき終わるだろう。
4〜6枚目、大輪の椿。
7枚目から、あたりを明るくするような黄色い連翹(レンギョウ)も、こんなに一気に咲きだしている。
近くの染井吉野もほころび始め、一気にピンク色に染まりそう。

DSCF8572_RDSCF8754_RDSCF8530_R









DSCF8609_RDSCF8668_RDSCF8667_R









DSCF8635_RDSCF8666_RDSCF8665_R









DSCF8634_RDSCF8674_RDSCF8633_R

横浜イングリッシュガーデン ミツバツツジ、ラッパスイセン、レンテンローズ

昨日は昼過ぎに雪が舞って驚いた。季節外れの寒さの上、電力不足で停電になるかもしれないと朝から言っていたし、どうなるかとかと思った。
あまりにも便利すぎる世の中。これでいいのかと思うこともある。もっと質素にならなければならないような気がする。

ガーデンもひと月前とは違い、明るい。
1〜3枚目のピンク色は三つ葉躑躅(ミツバツツジ)の満開の花。
4〜5枚目、白いレンテンローズ(クリスマスローズ)と一緒に咲いている喇叭水仙(ラッパスイセン)。
今日は3種の喇叭水仙(ラッパスイセン)の類を中心に載せてみた。

DSCF8619_RDSCF8722_RDSCF8725_R









DSCF8618_RDSCF8610_RDSCF8526_R









DSCF8723_RDSCF8632_RDSCF8724_R









DSCF8747_RDSCF8685_RDSCF8567_R

横浜イングリッシュガーデン ハナモモ、スモモ、モクレン(マグノリア ワイルドキャット)など)

1昨日だったか、たまたまテレビで山梨の笛吹川の桃畑を見ることができた。
笛吹川対岸に広がっている扇状地は、日本一の桃の栽培地域とか。濃いピンク色の桃の花が広がる光景には息を呑んだ。実際に見てみたい。

今は横浜イングリッシュガーデンも桃の花盛り。
1〜3枚目は花桃の「寒緋」。4〜6枚目の純白の花桃は「寒白」。
1枚目と5〜6枚目に桃の花と一緒に写っているのピンク色は桜。7〜9枚目は銅葉李(ドウバスモモ)。
10〜12枚目、紫木蓮に近い品種だろう。13〜15枚目の白い花はマグノリア ワイルドキャット。いつも一気に咲いてあっという間に終わってしまう。マグノリアの向こうには花桃や雪柳が満開。
最後の2枚の朱やピンクは花桃。
一気に花が咲きだしているので、すべてを載せるのに時間が掛かり、載せる頃は終わる花もあるかもしれない。花が多いので今日は2回分ぐらいの分量を載せた。

DSCF8657_RDSCF8659_RDSCF8658_R









DSCF8662_RDSCF8664_RDSCF8663_R









DSCF8631_RDSCF8630_RDSCF8624_R









DSCF8688_RDSCF8693_RDSCF8687_R









DSCF8669_RDSCF8643_RDSCF8644_R

横浜イングリッシュガーデン ミツマタ、終わったクロッカスやマンサク

昨日は商店街に、とりたての竹の子が出ていた。まだ小さくて、1本300円。ベランダの山椒の葉がいっぱい出てきているので、それと合わせて、早く竹の子を食べたいもの。

1枚目、普通の黄色い三椏(ミツマタ)。
2〜5枚目、オレンジ色の三椏(ミツマタ)も咲き始めたと思ったら、あっという間に満開。
6〜7枚目、ブルーのネモフィラも咲いていた。
8〜10枚目のクロッカスは2週間前のもの。載せる前に終わってしまっていてびっくり。せっかくなので載せてみた。
最後は朱い満作(マンサク)と黄色い蝋梅(ロウバイ)。これも今は終わってしまい、2週間前のもの。これからは半月どころか毎日のように花は変化していく。

DSCF8621_RDSCF8532_RDSCF8531_R









DSCF8626_RDSCF8625_R









DSCF8614_RDSCF8616_R










DSCF8564_RDSCF8566_RDSCF8565_R









DSCF8528_R

横浜イングリッシュガーデン 様々な桜

イングリッシュガーデンには30種以上の桜があるので寒桜の10月から4月いっぱい楽しめる。染井吉野の後は、黄緑色の鬱金桜が楽しみになる。
1〜3枚目、明るく濃いめの桜「陽光」。
4〜5枚目、やさしい色で花びらの多い春月花(しゅんげつか)。
6〜7枚目、後1週間は持たないかもしれない「おかめ桜」。次に風が吹いたら、すべて散ってしまいそう。
最後は一瞬、小さな薔薇が咲いていると思ったら、頭上の濃い色の桜「エレガンスみゆき」の花が、ちょうどいい具合に薔薇の葉の上に舞い落ちたよう。

DSCF8716_RDSCF8714_RDSCF8717_R









DSCF8706_RDSCF8707_R









DSCF8691_RDSCF8692_R









DSCF8695_RDSCF8726_R

ソメイヨシノ、モクレン、シデコブシ、ハナモモなど

最近は零時前には休むので、昨夜の23時25分の岩手県沖を震源とする震度5強の地震は知らなかった。頻繁に大きな地震が起きるようになり、ますます災害の備品や備蓄の点検をしっかりしなければと思った。
被害に遭っていらっしゃる方々のために、何もできないのが後ろめたい。

1〜2枚目、昨日、マンション近くの染井吉野(ソメイヨシノ)は、まだ花は咲いていなかったけれど、3枚目、横浜イングリッュガーデンでは咲き始めていた。上の方は私のカメラでは写せず、もっと咲いていたのに残念。これから一気にほころびはじめるだろう。
4枚目、近くの公園の満開の白木蓮(ハクモクレン)。
5枚目から住宅展示場。
5〜6枚目、四手辛夷(シデコブシ)。
7枚目、花桃。8枚目、名前のわからない満開の桜。
DSCF8596_RDSCF8595_RDSCF8640_R









DSCF8594_RDSCF8600_RDSCF8599_R









DSCF8598_RDSCF8784_R

横浜イングリッシュガーデン ミモザ、サンシュユ

16日の地震は広範囲で、またも……と疲れ切っている人達も多いだろう。気の毒でならない。地球の歴史はこういうことの繰り返しで今の地形になっている。これからも地球は変化していくのだろう。戦争の核使用などで変形することだけはないようにと祈りたい。

1〜2枚目、ミモザ、満開。
3枚目からピンク色は真冬から咲いている桜の「エレガンス みゆき」。黄色いのは山茱萸(サンシュユ)。山茱萸も満開。
彩りのなかった景色が一気に鮮やかになってきた。来週は染井吉野も咲いているだろう。
明るくなっていいことがありますように。

DSCF8550_RDSCF8551_RDSCF8555_R









DSCF8559_RDSCF8560_RDSCF8536_R









DSCF8557_RDSCF8537_RDSCF8556_R

横浜イングリッシュガーデンと住宅展示場の桜

昨夜零時前の地震は凄かった。ここは4だったけど、24階なので3.11を思い出させる酷い揺れだった。それでも立っていられたので、後々、地震酔いしないように廊下を動いてみたり。それでも直後に何度も揺れているような気がしたけれど吊り照明は動いておらず、早々におかしくなったかと。
3.11で倒れた3段式の大きな本箱も音をたてたけれど、壁としっかりくっつけてもらっていたので、3段目は左右にスライドしたものの、今回は助かった。倒れ落ちたりしたものもなかったものの、長周期振動のような大きな揺れに恐怖だった。
5強の福島、6弱の宮城の友達が特に心配。

いよいよ染井吉野の開花も近づいてきた。
いつ咲くかと思っていた近くの染井吉野のつぼみも一気にふくらみ、ピンク色も見えてきた。あと2〜4日くらいで開花だろうか。急激なふくらみ方に驚いている。

1〜2枚目、ガーデンでエレガンスみゆき。鳥が蜜を吸っていた。
3〜4枚目もガーデンで。30種以上の桜が植えてあり、これは名札を見るのを忘れていて不明。
5〜6枚目、住宅展示場でほころび始めていた桜。色が濃く、染井吉野ではない。
桜の品種も何と多いことだろう。
DSCF8561_RDSCF8562_R









DSCF8543_RDSCF8544_R









DSCF8574_RDSCF8575_R

鎌倉 寿福寺/大巧寺の月光椿、オウバイなど

今日まで半月前の鎌倉の写真で失礼します。
急に夏のように暖かくなり、3本しか咲いていなかったベランダのムスカリが、翌日には20本も咲いているという驚くべき変化。そして、1昨日はまったく気づかなかった近くの公園の白木蓮のつぼみが満開に。ウッソ〜〜、と目が点になってしまった。自然界の急激すぎる変化に唖然としている。

1〜3枚目、英勝寺を出て鎌倉駅に向かう途中の寿福寺。
頼朝の妻、北条政子が頼朝の死後、頼朝の父である義朝の旧邸跡に創建した寺。​​鎌倉五山の第三位。
3枚目のように、山門から中門までまっすぐに伸びた石畳がきれいで、緑の季節は特に美しくなる。

4枚目からは花の寺、大巧寺。若宮大路に面しているけれど、小町大路にも面しているので、ここは通り抜けの道にもなっている。
6枚目、月光椿(ガッコウツバキ)が咲いていて嬉しかった。卜半とも。
7〜9枚目、過ぎつつある蝋梅(ロウバイ)が美しかった。
10〜12枚目、黄梅(オウバイ)も咲き始めている。
13枚目、小さい椿、港の春。14枚目、寒咲き菖蒲(カンザキアヤメ)も、まだ咲いている。
15〜16枚目、白山吹(シロヤマブキ)の黒い種子。
最後から2枚目は、鎌倉駅の東口と西口を往来できる地下通路で、漫画「フクちゃん」の作者、横山隆一さんの絵、「鎌倉カーニバル」。晩年は鎌倉市に住んでいたとか。
最後はひっそりしているように見える鎌倉駅だけれど、実際、人は多かった。

DSCF8491_RDSCF8488_RDSCF8490_R










DSCF8521_RDSCF8515_RDSCF8496_R









DSCF8499_RDSCF8514_RDSCF8500_R









DSCF8503_RDSCF8502_RDSCF8513_R









DSCF8509_RDSCF8505_R









DSCF8511_RDSCF8507_RDSCF8520_R










DSCF8523_RDSCF8522_R
Profile
      わたしです

日本ペンクラブ会員
日本文芸家協会会員
日本文芸家クラブ理事
サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ
Archives
Categories