「藍川京」の部屋

女流作家「藍川京」の日記と、作品を紹介するブログです

2021年11月

横浜イングリッシュガーデン クラブアップル、バラ、ギョリュウバイ

11月も今日まで。せっかくコロナが少なくなってきていたというのに、また新しい株が出てきて、いつになったら安心できる時が戻ってくるのだろう。

1枚目、葉を落としたクラブアップル(姫リンゴ)が、まだまだこんなにたくさん残っている。
2〜3枚目、紅葉した葉にはつい目が留まる。
4〜6枚目、秋薔薇は一時期よりぐんと少なくなってきた。
7〜9枚目、御柳梅(ギョリュウバイ)はこれから咲き誇って、枝が見えなくなるほどたくさん花がつく。
DSCF6748_RDSCF6777_RDSCF6776_R









DSCF6648_RDSCF6654_RDSCF6626_R









DSCF6779_RDSCF6555_RDSCF6556_R

横浜イングリッシュガーデン ツバキ、コスモス、紅葉

寒くなり、大雪のニュースも先日からやっているけれど、積雪の凄い北海道の幌加内町朱鞠内が出てきて、そこに住んでいた中学生の時に雑誌で知り合い、一時期、文通していた女性はどうしているだろうと思った。その頃は雑誌に「文通しましょう」というコーナーがあり、住所も出ていたものだった。今の物騒な時代では考えられない。その頃、他の人とも文通を始め、いまだに続いている人もいる。何十年にもなり、何度も会っているけれど、これはけっこう凄いことかもしれない。

1〜3枚目、椿。やさしい色もいいけれど、1枚目のような濃い色もいい。
4〜5枚目、未だ秋桜(コスモス)も咲いている。
6〜8枚目、蔦(ツタ)の紅葉。
DSCF6758_RDSCF6744_RDSCF6745_R









DSCF6765_RDSCF6770_R









DSCF6775_RDSCF6774_RDSCF6780_R

横浜イングリッシュガーデン クリスマスの飾りつけ始まる

1枚目、ガーデン建物入口。2枚目、入口の建物から庭に出ると、門柱を覆った蔦(ツタ)。3枚目、ユリノキの黄葉。
4枚目、日が差すユリノキ。5枚目、ガゼボでは、クリスマスの飾りつけの真っ最中。
6枚目からガゼボ近くの薔薇。
DSCF6781_RDSCF6732_RDSCF6742_R









DSCF6752_RDSCF6753_RDSCF6754_R









DSCF6735_RDSCF6733_RDSCF6764_R

横浜イングリッシュガーデン 冬桜(エレガンス・みゆき)

1〜6枚目、梅と桜を掛け合わせた冬桜、エレガンス・みゆきが咲き始めた。これから真冬に向かって、花盛りになる。
7〜8枚目、十月桜は真っ盛り。
せっかく咲いているのに、なかなか上を見て冬桜に気づく人は少なく、もったいない。
昨日は気づいたカップルがいて、「あら、何? 桜?」と不思議そうな顔をしていたので、今、2種類の冬桜が咲いていると説明したけれど、その後、歩いていて、この「エレガンス・みゆき」に気づいた。子福桜も咲いているので3種。
DSCF6769_RDSCF6767_RDSCF6768_R









DSCF6766_RDSCF6771_RDSCF6773_R









DSCF6759_RDSCF6760_R

横浜イングリッシュガーデン ローズリーフセージ

1〜3枚目、やっと花の名前がわかった。ローズリーフセージ。サルビア・インボルクラータとも。11日にはこの1枚目を載せて、「この花はいつも蕾の時で、なかなか咲く時期に巡り合えない」と書いたけれど、開花を見ると、想像していた花とまったく違ってびっくり。1枚目の蕾からひとつの花が咲き開くと思っていた。セージだったとは。これでひとつ、胸のつかえが下りた。
4〜6枚目、紅葉の木々と薔薇。沈む夕日の中で。
DSCF6432_RDSCF6625_RDSCF6623_R









DSCF6649_RDSCF6671_RDSCF6669_R

横浜イングリッシュガーデン クレマチスの種子、ガマズミ、ネリネ、ツタたそがれ

1枚目、クレマチスの種子。これもなかなか綺麗。
2枚目、莢蒾(ガマズミ)。先日、これと似ている写真を載せたけれど。
3枚目、真っ白なネリネ。
4〜6枚目、紅葉した大きな蔦(ツタ)の葉。そこに夕日が当たり始めた。
DSCF6690_RDSCF6656_RDSCF6637_R









DSCF6682_RDSCF6684_RDSCF6681_R

横浜イングリッシュガーデン 大きなバラと小さなバラと

ニュースでは紅葉の話題が真っ盛り。心がはやるものの、何故か鎌倉に行くのも面倒になっている。
来週末には京都の紅葉を載せられるかもしれないので、それまでもうしばらくお待ち下さい。

1〜3枚目、大きくて実に色が鮮やかな薔薇。裏と表の色の違いも面白い。名札があったので撮ってきたけれど、帰宅して調べてみると、この薔薇の名前ではなかった。残念。見事な薔薇。
4〜6枚目、小さな薔薇。この薔薇も愛らしくて好き。
DSCF6644_RDSCF6647_RDSCF6646_R









DSCF6653_RDSCF6652_RDSCF6650_R

横浜イングリッシュガーデン ピンクの秋薔薇

11月も下旬。秋が続いているような気がするけれど、初冬。それでも、まだまだ綺麗な薔薇がたくさん咲いていて、もうしばらく楽しめそう。
DSCF6576_RDSCF6442_RDSCF6562_R









DSCF6702_RDSCF6511_RDSCF6536_R









DSCF6497_RDSCF6574_RDSCF6575_R

横浜イングリッシュガーデン ガマズミとバラの実、キク

今日の夕方から夜にかけて、ここは強風のようで、しかも最悪の南風。数日前からはらはらしている。

1枚目、莢蒾(ガマズミ)の実もたくさん。
2枚目、菊の香りまでしてきそう。上品で凛としていた。
3〜4枚目、薔薇の実。その背後の白いのが、5〜6枚目の白い菊。マーガレットとは少し違うような気がする。この手の花はお手上げ。
DSCF6655_RDSCF6617_R











DSCF6677_RDSCF6676_R











DSCF6675_RDSCF6674_R

横浜イングリッシュガーデン アーチの下のコスモス

1枚目のアーチの下には、今は秋桜(コスモス)がたくさん。
ピンクに白に黄色に、花びらが筒型のものなど。
DSCF6696_RDSCF6699_RDSCF6698_R









DSCF6701_RDSCF6619_RDSCF6620_R









DSCF6700_RDSCF6618_RDSCF6695_R

横浜イングリッシュガーデン 木の実とツバキ

1〜2枚目、ますます西洋鎌柄(セイヨウカマツカ)の実が美しく見えるようになった。
3〜4枚目、白地にぽっと染まったようなピンクの入ったツバキ。これから春まで椿の季節。どれだけの種類の椿を見られるだろう。
DSCF6635_RDSCF6636_R









DSCF6629_RDSCF6630_R

横浜イングリッシュガーデン 薔薇と紅葉

つい今しがた、今季のアメリカン・リーグ最優秀選手に、エンゼルスの大谷翔平が満票で選ばれた。いい知らせで、やった!! と、声に出た。
今日、明日は、このニュースで溢れるだろう。人間的にも素晴らしく、若いのに凄い人だ。

ちょっと寒そうな景色。
ガーデンの中で賑やかに薔薇の咲いているところもあれば、晩秋の景色のところも。
最後の3枚はガーデン入口付近。
DSCF6685_RDSCF6680_RDSCF6621_R











DSCF6673_RDSCF6672_RDSCF6688_R









DSCF6714_RDSCF6715_RDSCF6716_R

横浜イングリッシュガーデン ハンギングバスケットコンテスト中 

秋薔薇が咲き競う中、出口付近ではハンギングバスケットコンテストの作品がたくさん飾られている。
ハンギングバスケットというのは、植物を植えて吊り下げたり、掛けたりできる花鉢のことのようで、地面に置くのではなく、写真のような作品に。なぜか写真がボケ気味になってしまったけれど、ほんの一部を。
DSCF6642_RDSCF6666_R











DSCF6633_RDSCF6667_R











DSCF6708_RDSCF6711_RDSCF6710_R









DSCF6712_RDSCF6709_RDSCF6706_R

住宅展示場 ドングリ、ハナミズキの紅葉など

1〜2枚目、ドングリがいっぱい。樫(カシ)の実だろう。この歳になってもドングリを見ると嬉しくなる。今年はマンションの敷地にもたくさん落ちていて、ここにもあったのかと今頃気づいた。
3〜4枚目、ブルーベリーに似た実。ずっと気になっているのに名前がわからない。真っ赤に染まった葉も何回見ても美しい。
5〜7枚目、百日草やダリアなどの寄せ植え。
8枚目、花水木の紅葉。9〜10枚目、思っていたより花期が長いグレビレア。
DSCF6404_RDSCF6400_R











DSCF6598_RDSCF6597_R











DSCF6599_RDSCF6600_RDSCF6601_R









DSCF6584_RDSCF6587_RDSCF6585_R

横浜イングリッシュガーデン シュウメイギク、ジンジャー、ギョリョウバイ、ツツジ、カンナ、ツタ

1〜4枚目、秋明菊(シュウメイギク)。
5枚目、姫女苑(ヒメジョオン)。今のところ、草になるかと思うけれど。出口の外で。
6枚目、まだジンジャーが咲いている。
7枚目、黒い葉のカンナ。ちょうど銅葉に光が当たっていて綺麗だった。
8枚目、受付や売店、飲食店の入っている建物付近の黄色く色づいた木々。9枚目、紅葉しているのは蔦(ツタ)。
DSCF6466_RDSCF6473_RDSCF6474_R









DSCF6472_RDSCF6580_RDSCF6537_R









DSCF6553_RDSCF6564_RDSCF6581_R

横浜イングリッシュガーデン アノダクリスタータ、キク、ヒャクニチソウ、ペンタス、サルビア・グアラニティカ

1〜2枚目、白いアノダクリスタータも長く咲き続けている。
3〜4枚目と5枚目の菊は同じように見えるけれど葉は違う。5枚目は浜菊らしいけれど、この手の菊は種類も多くて似ているし、ややこしくて、ほんの数種しか覚えられない。
6枚目、古い写真のような色を連想させる百日草。
7枚目、ペンタス。8枚目、サルビア・グアラニティカの花期も長い。
DSCF6534_RDSCF6535_R











DSCF6520_RDSCF6521_RDSCF6541_R









DSCF6602_RDSCF6577_RDSCF6487_R

横浜イングリッシュガーデン 秋薔薇やツツジ

テレビで紅葉のニュースを見ると、早く見に行きたいと思うけれど、もう少しの我慢。12月には京都に行く予定なので、紅葉の写真はもうしばらくして。あと半月で師走。早いこと。

秋薔薇だけではと、8枚目、今年は何回も載せているけれど、千日紅(センニチコウ)のゴンフレナ・ラブラブラブ。
9枚目、季節外れの躑躅(ツツジ)の名前は不明。
10枚目、台湾椿のゴルドニア・クァンギエンシス。台湾椿の名前を忘れてネットで探していたら、私の過去のブログに出会ってわかった(笑)。台湾椿まではわかるものの、その後のややこしい名前は覚えられない。
DSCF6486_RDSCF6562_R















DSCF6478_RDSCF6493_R















DSCF6512_RDSCF6516_RDSCF6571_R









DSCF6570_RDSCF6464_RDSCF6481_R

横浜イングリッシュガーデン カラーリーフ

真っ赤なカラーリーフのコリウスが綺麗。
1〜2枚目の花はコリウスだけれど、3〜6枚目は、葉の間から犬蓼(イヌタデ)の花が顔を出していた。
7枚目のコリウスの手前には、同じような真っ赤な色の百日草(ヒャクニチソウ)。その向こうには木瓜(ボケ)の実。
DSCF6500_RDSCF6502_R











DSCF6505_RDSCF6503_R











DSCF6504_RDSCF6501_RDSCF6550_R

横浜イングリッシュガーデン 緑の中の秋薔薇

寂聴さんが9日に旅立たれたと知り、淋しい気がした。99歳。悔いのない大往生だったと思う。
寂聴さんには1回だけお目に掛かったことがある。まだ瀬戸内晴美さんだった時、ある講演の主催者と知り合いだったので、終わってから楽屋裏に案内してもらい、「美は乱調にあり」にサインしていただいた。「面白かったですか」と訊かれ、○○様と私の名前も入れてサインして下さった。京都に会いに行けばよかったと、今になって思う。好きなように生きた人生、本当にいい人生だったと思う。
母が寂聴さんと同じ年の同じ月の生まれだったので、寂聴さんをテレビなどで拝見すると、母が生きていたらこんな歳なのか、といつも重ねていた。母より33年長生きした寂聴さん、ありがとうございました。

秋の薔薇4枚。きれいな今のうちにまた行ってみよう。
DSCF6513_RDSCF6495_R















DSCF6490_RDSCF6489_R

横浜イングリッシュガーデン 秋景色

先日も載せたけれど、1枚目、西洋鎌柄(セイヨウカマツカ)の実。その向こうにはピンクの薔薇。
2枚目は、より遅れて咲いたクラブアップルの花が、無事に実になった。
3枚目、薔薇の実。ローズヒップ。
4枚目、咲き続けた藤袴(フジバカマ)もいよいよ終わりそう。
5枚目、小径の芒(ススキ)。6枚目、西洋紫陽花のアナベルの上に、紅葉した柿の葉の落葉。
7枚目、薔薇。8枚目不明。この花はいつも蕾の時で、なかなか咲く時期に巡り合えない。
DSCF6418_RDSCF6429_RDSCF6431_R









DSCF6507_RDSCF6445_RDSCF6440_R









DSCF6508_RDSCF6432_R
Profile
      わたしです

日本ペンクラブ会員
日本文芸家協会会員
日本文芸家クラブ理事
サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ
Archives
Categories