「藍川京」の部屋

女流作家「藍川京」の日記と、作品を紹介するブログです

2021年04月

大船観音、大船フラワーセンター入口付近の花

大船フラワーセンターも2週間前になってしまった。
1〜2枚目、大船駅からの大船観音。本当に美しいお顔だ。1枚目は駅から。2枚目はバス乗り場から。染井吉野が満開の時。
3枚目からは大船フラワーセンター入口付近。6枚目の何の花だろうと思っていたのは、これもネモフィラだった。ブルーのばかりではないということ。
7〜9枚目、満開の躑躅(ツツジ)や桜。
DSCF1870_RDSCF1872_R











DSCF2094_RDSCF2092_R











DSCF2093_RDSCF2099_R











DSCF1873_RDSCF1874_RDSCF2062_R

大船フラワーセンター ネモフィラ、ツクシ、ポピーなど

1〜4枚目、ネモフィラが一杯。そこには5〜9枚目のような他の花も混じっていて、土筆(ツクシ)もまだ残っていたし、こういう景色は落ち着く。
10〜13枚目、黄色いポピー。最後は著莪(シャガ)。
大船フラワーセンターは広くていい。料金も安い。
DSCF2034_RDSCF2032_R











DSCF2037_RDSCF2040_R











DSCF2035_RDSCF2063_R











DSCF2046_RDSCF2045_R











DSCF2036_RDSCF2029_R











DSCF2043_RDSCF2042_R











DSCF2041_RDSCF1908_R

大船フラワーセンター  シダレエンジュ、ブルーベリー、シャクナゲ、ツツジ、クレマチスアルマンディ

ここ数日寒かったけれど、今日はまた少し暖かくなりそう。日向は心地いいけれど、陰は寒い。微妙なことなのに太陽の影響は凄い。
1〜2枚目、フラワーセンターの和風庭園の池の袂の枝垂槐(シダレエンジュ)、今は裸の木だけれど、これからは緑の葉をいっぱいにまとい、8月になると白い花が咲く。
3〜4枚目、ブルーベリーの花も咲き始めた。
5枚目は躑躅(ツツジ)だけれど、6〜8枚目は石楠花(シャクナゲ)。
9〜10枚目の白い花は、クレマチス アルマンディ「アップル ブロッサム」。
DSCF2052_RDSCF2053_R











DSCF2051_RDSCF2050_R











DSCF2058_RDSCF2048_R











DSCF2059_RDSCF2061_R











DSCF2070_RDSCF2069_R

(今日のその2)近所の藤の花/横浜イングリッシュガーデン クロバナロウバイ

1昨日の写真。
1〜4枚目、近くの神社で藤の花が咲いていた。早い。
5〜8枚目、私の大好きな黒花蝋梅(クロバナロウバイ)もガーデンで咲いていてびっくり。こんなに早かったかしらと。驚きの今年の春。
DSCF2368_RDSCF2367_R











DSCF2366_RDSCF2365_R











DSCF2311_RDSCF2310_R











DSCF2308_R DSCF2309_R

大船フラワーセンター 様々な椿、桜、ボケなど

DSCF1891_RDSCF1877_R











DSCF1894_RDSCF1893_R











DSCF1896_RDSCF1897_R











DSCF1909_RDSCF1910_R











DSCF1879_RDSCF1903_R











DSCF1886_RDSCF1884_R











DSCF1882_RDSCF1901_R











DSCF1889_RDSCF1904_R











DSCF1932_RDSCF1938_R











DSCF1935_RDSCF1936_R











DSCF1931_RDSCF1930_R

大船フラワーセンター サヤエンドウの花、菜の花、桜(子福桜、御衣黄、松風)

先週の暖かかった日の、1〜2枚目、莢豌豆(サヤエンドウ)の可愛い花と背後には菜の花。
3〜4枚目、何の花だろう。菜の花でいいのかどうか。大根の花のような感じも。
5〜6枚目、子福桜。秋から咲いているけれど、春になるとこんなに大きく賑やかに咲く。
7〜8枚目、3月31日にも御衣黄(ギョイコウ)は載せたけれど、まだ載せていない写真があったので。
9枚目、松風。
世界には桜がいったい何種類あるのだろう。私でさえ30種類は見てきているのだから。
DSCF2086_RDSCF2087_R











DSCF2089_RDSCF2090_R











DSCF1940_RDSCF1939_R











DSCF2030_RDSCF2031_R











DSCF2066_R

大船フラワーセンター シロヤマブキ、クサイチゴ、バイモ、エビネ、ニリンソウ、ホウチャクソウ

昨日、ここは大丈夫だったけれど、都内ではあられや雹が降ったところも。しばらく暖かったものの、昨日に続き、今日もやや寒い。

1枚目、白山吹(シロヤマブキ)。これには実が生るが、黄色いヤマブキの方は実が生らない。2枚目、草苺(クサイチゴ)。
3枚目、うつむいているような貝母(バイモ)が咲き始めていた。4枚目、宝鐸草 (ホウチャクソウ)は今にも咲きそうだった。今は開いているだろう。
5枚目、海老根(エビネ)の季節になった。6枚目、蒲公英(タンポポ)だと思って撮ったものの、どうも違う。アークトセカらしいけれど、どうだろう。
7〜8枚目、二輪草(ニリンソウ)。
DSCF2083_RDSCF2079_R











DSCF2071_RDSCF1920_R











DSCF2076_RDSCF2085_R











DSCF2082_RDSCF2081_R

大船フラワーセンター リキュウバイ、ボタン

1〜2枚目、利休梅(リキュウバイ)の花がいい時期だった。白い花は清々しい。
3枚目からは牡丹(ボタン)。もう牡丹の季節かと、一気に花咲く時期にびっくりしてしまった。いつもこんなに早かっただろうか。
咲き出していた花は山ほどあったけれど、あまり載せてもと、また明日から。
コロナは酷くなる一方で、ここではあまり触れたくないようになってしまった。今年中の収束は無理だろうと思うようになっている。何年経ったら収束するだろう。
病床が足りなくなったりすれば、コロナ以外の患者も危機に陥ってしまう。救急の場合が大変だ。
DSCF1945_RDSCF1946_R











DSCF1952_RDSCF1953_R











DSCF1955_RDSCF1954_R











DSCF1958_RDSCF1950_R

フラワーセンター 桜(嵐山、白妙、桐ヶ谷、福禄寿、大提灯、妹背など)

先週、大船フラワーセンターの桜の多くがちょうど見頃だった。
3月31日、先に緑の桜、鬱金(うこん)と御衣黄(ぎょいこう)は載せたけれど、他がまだだった。
1〜3枚目、嵐山(あらしやま)。4〜5枚目、白妙(しろたえ)。6〜7枚目、桐ヶ谷(きりがや)。8〜9枚目、福禄寿(ふくろくじゅ)。10〜11枚目、妹背(いもせ)。12枚目、大提灯(おおぢょうちん)。13枚目、手弱女(たおやめ)。
よほど変わった桜でなければ、素人には同じように見えるものも。
昨日、札幌から手紙が届き、桜はまだまだとか。今年は北海道も早いだろうなどと思っていたら、とんでもなかった。このギャップ(笑)。
DSCF1960_RDSCF1959_RDSCF1962_R











DSCF1983_RDSCF1982_R











DSCF1985_RDSCF1986_R











DSCF1973_RDSCF1974_R











DSCF2028_RDSCF2027_R











DSCF1980_RDSCF1976_R

大船フラワーセンター 春もみじ、ユキモチソウ、ムサシアブミ

1〜2枚目、春紅葉(ハルモミジ)の赤も新緑の薄緑色も美しい。
3〜4枚目、石楠花擬 (シャクナゲモドキ)。フラワーセンター以外では記憶にない木。毎年、ここで眺める。面白い名前と言うか、ちょっと可哀相と言うか。それでも、シャクナゲモドキ属があるのだから、これまた面白い気がする。
5〜6枚目、武蔵鐙(ムサシアブミ)。7枚目、雪餅草(ユキモチソウ)。うちにある髭の長い浦島草の仲間で、サトイモ科テンナンショウ属。
野草は面白い。見つけると心が舞い上がる。
DSCF1912_RDSCF1917_R











DSCF1921_RDSCF1923_R











DSCF1915_RDSCF1916_R











DSCF1914_R

横浜イングリッシュガーデン フォッサギラ・マヨール、エレナ、シャクナゲ、ハナモモ 

1〜3枚目、白花満作とも言われるフォッサギラ・マヨールが咲き出した。これも嬉しい花。
4〜6枚目、フォッサギラ・マヨールの傍でやっと咲き出した世界一小さい椿と思われるエレナ。1〜3枚目に写り込んでいる紅いものがエレナ。去年からつぼみを眺めていたけれど、ずいぶんと待たされた。
7〜8枚目、石楠花(シャクナゲ)。すでに満開のところも多い。9枚目、紅白の花桃。
すべて1週間前のものになってしまったけれど、花が多くてやっと載せている状態。
DSCF1859_RDSCF1858_RDSCF1860_R











DSCF1863_RDSCF1861_RDSCF1862_R











DSCF1759_RDSCF1760_RDSCF1757_R

横浜イングリッシュガーデン 小径と子供、セイヨウジュウニヒトエ、ティアレア

染井吉野はほぼち散ってしまい、これから新緑の季節へと移っていく。目が回りそうなほど速い季節の移り変わりの時。
1枚目、紅花常磐満作(ベニバナトキワマンサク)の生け垣が花で真っ赤。
3〜6枚目、園内は花いっぱいで小さな子供たちも楽しそう。姿が消えるまで眺めていた。
7枚目、西洋十二単(セイヨウジュウニヒトエ)。アジュガとも。8枚目、ティアレア。
DSCF1719_RDSCF1856_R











DSCF1780_RDSCF1781_R











DSCF1782_RDSCF1779_R











DSCF1775_RDSCF1773_R

横浜イングリッシュガーデン 桜、ハナズオウ、ハナニラ、アネモネなど

春は花が一気にほころんでいく。ブログに載せるのも間に合わない種類の多さ。4〜5日すると、また次の花が開花してしまう。
冬は花待ち人、春は花追い人。
1枚目、濃い色の桜は横浜緋桜(ヨコハマヒザクラ)。その右手の白っぽい桜は、マメザクラとオオシマザクラの交配種で海猫(ウミネコ)。
2枚目は左手に松笠を長くしたようなバンクシア・エリシフォリア。その向こうは染井吉野。
3〜5枚目は咲き始めた花蘇芳(ハナズオウ)。ここの樹は白とピンクと混じっていて綺麗。6枚目、ついこないだまで咲いていた梅の花が終わり、すでにこんなに大きくなっている実。
7〜8枚目、花韮(ハナニラ)もあちことで見かけるけれど、白っぽいものが多い。ピンクの花もあるけれど、私はやはりこの色が好き。
9〜12枚目、アネモネ。最後は水仙、チューリップ、白いオルレアなど。
DSCF1748_RDSCF1755_R











DSCF1749_RDSCF1751_R











DSCF1750_RDSCF1804_R











DSCF1682_RDSCF1683_R











DSCF1671_RDSCF1672_R











DSCF1680_RDSCF1679_R











DSCF1580_RDSCF1657_R











DSCF1658_RDSCF1652_RDSCF1630_R

父九回忌/イングリッシュガーデンのデージー、ヤグルマソウ、スイセン、ソメイヨシノ

早いもので父の九回忌。いちばん下の弟が早めにお墓に花を供えてくれた。いつも墓参りに行くと、その場で写メールを送ってくれる。
私は昨日、明るい色の花を買ってきて写真の前に供えた。コロナ禍でなかったら姉と帰省したかったのだけれど、すでに第四波に襲われている。一体コロナって何……と、あまりの執拗さには呆然としてしまう。

今日は白い花を集めてみた。
1枚目、デージー。2枚目、矢車菊。矢車草とも。
3〜6枚目、水仙の群生。7枚目、ヒヤシンス。
白い花は清楚。白だからといって淋しい色とは思わない。
最後は父の逝った日は桜も咲いていたので染井吉野も。8枚目は横浜イングリッシュガーデンで。9枚目だけは大船フラワーセンターで。
DSCF1792_RDSCF1791_R











DSCF1840_RDSCF1838_RDSCF1795_R











DSCF1853_RDSCF1794_R











DSCF1768_RDSCF1934_R

横浜イングリッシュガーデン 桜とハナカイドウ、シダ、スノーフレーク

4月になり、1〜2枚目のやさしく暖かいピンク色の写真にしてみた。
ややこしいけれど、手前が花海棠(ハナカイドウ)。奥が桜で染井吉野。ピンク色一色の春のガーデン。
3〜6枚目、若緑の羊歯(シダ)。このくらいのゼンマイが好き。愛嬌もある。
7枚目から、スノーフレーク。愛らしい姿で咲いている。
DSCF1831_R
DSCF1832_R











































DSCF1685_RDSCF1689_R











DSCF1687_RDSCF1688_R











DSCF1788_RDSCF1622_R











DSCF1627_RDSCF1787_R
Profile
      わたしです

日本ペンクラブ会員
日本文芸家協会会員
日本文芸家クラブ理事
サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ
Archives
Categories