「藍川京」の部屋

女流作家「藍川京」の日記と、作品を紹介するブログです

2021年01月

横浜イングリッシュガーデン ディアン、ベニバナトキワマンサク

晴天が続いていたので、毎朝、明るかったのに、今朝はとても暗い。雨。明日は初雪になるのかどうか。

1〜5枚目、満作(マンサク)のディアン。マンサクとシナマンサクの交配種らしい。早咲き。よく見ないと花が咲いているのを見逃す。いつも枯れ葉の中で咲いている。
最後の6枚目は年中咲いていることが多い紅花常磐満作(ベニバナトキワマンサク)。本来は4〜5月らしいけれど、ツツジのように、年中、あちこちで咲いているのを見かけるようになった。ガーデンでも数の差はあれ、よく咲いている。今も開花中。
DSCF0712_RDSCF0713_R











DSCF0714_RDSCF0715_R











DSCF0711_RDSCF0536_R

横浜イングリッシュガーデン 冬枯れをまぬかれた薔薇たち

1枚目、壁に添って這わせてある蔓薔薇は剪定が終わって、今は蔓のみ。春になると薔薇の花が咲き乱れる。
横浜もやけに寒い日があったので、イングリッシュガーデンの薔薇も、それを境に多くが霜枯れしてしまったけれど、何とか今月も持ちこたえている薔薇もある。最後の1枚だけは去年の薔薇。
DSCF0717_RDSCF0669_R











DSCF0589_RDSCF0595_R











DSCF0533_RDSCF0590_R











DSCF0662_RDSCF9323_R

横浜イングリッシュガーデン カシワ、ミモザ(アカシア)など

1〜2枚目の茶色い木は柏・槲(カシワ)。大きな葉は冬場に枯れても落葉せず、しっかりと枝にしがみついている。
以前も書いたけれど、私が鹿児島の城西中学に通っていた時の校訓というか、初代校長の神野岐利氏が詠まれた「柏葉の枯れても落ちぬがんばりをわが学び舎の心ともがな」という言葉が今も忘れられず、時々甦ってくる。1年ちょっとしか在校しなかったけれど、当時は1学年千人以上。全校生徒3千人以上いて日本一のマンモス校だった。今は全校生徒700人ほどらしい。大きすぎていくつかに分かれたのか、生徒数が減少してしまったのか。
3〜4枚目は、黄色い花のつぼみが見えてきたミモザ(銀葉アカシア)。月末から2月にかけて、全体が黄色く染まるだろう。
5枚目からは辛夷(コブシ)などの花芽。春を待っている。あとひと月半で3月。じきに春が訪れる。
DSCF0524_RDSCF0513_R










 
DSCF0538_RDSCF0677_RDSCF0537_R











DSCF0565_RDSCF0585_RDSCF0499_R

横浜イングリッシュガーデン 出口近くで

寒いといってもここは日も照っているし、屋内にいると過ごしやすい。それに比べ、北国の吹雪などによる多重事故の凄さ。
私もホワイトアウトの恐怖は北海道で体験している。白一色の恐怖は、体験した人にしかわからないだろう。凍えるような寒さの中で立ち往生では、命の危険もある。
いつどこで何があるかわからない。近頃は特にそう思う。あまり恐れるとどこにも行けなくなるものの、結局、ここにいても、いつ何が起こるかわからない。

1枚目、ガーデンの出口近くで、これから園内に植えられる植物達が出番を待っていた。その近くで2枚目の薔薇が咲いていた。
3枚目以降は売店で。3〜4枚目、ラナンキュラス。
5〜6枚目、エリカの花。7枚目、目に鮮やかなネモフィラ。
8枚目、売り物のはずだけれど、急激に成長してきているように見えるミモザ(アカシア)の木。
DSCF0601_RDSCF0599_R












DSCF0609_RDSCF0606_R











DSCF0604_RDSCF0603_R











DSCF0718_RDSCF0610_R

横浜イングリッシュガーデン 冬景色

1〜2枚目、赤珊瑚のように幹が真っ赤な珊瑚水木(サンゴミズキ)。落葉した裸の木は真っ赤になり、生け花にも使われる。
4枚目、冬のガーデンの小径は淋しいけれど、すぐに花々が咲き始め、賑やかになるだろう。
5枚目、小径に置かれた白いベンチと柏葉紫陽花(カシワバアジサイ)の葉。この紅葉も冬には嬉しい彩り。
6枚目、青空の下の薔薇の実。この赤い実も冬には嬉しい。7枚目、水仙。
DSCF0561_RDSCF0679_RDSCF0560_R











DSCF0678_RDSCF0576_R











DSCF0578_RDSCF0675_R

横浜イングリッシュガーデン ギョリュウバイ、椿のつぼみ

コロナの感染者は相変わらず多い。今でも医療は大変なのに、これで別の災害がやってきたらどうなるのだろう。昨日は阪神淡路大震災から26年目だった。巨大地震はいつ来てもおかしくない状況とか。いくら備えをしていても、どこで災害に遭うかわからない。それでも自宅での備えだけは最低限しておかねば。

1〜4枚目、御柳梅(ギョリュウバイ)。小指の先ほどの花が、そのうち、枝全体を覆う。
5枚目、大好きな大輪の椿、ブラックマジック。開花までもう少し。
6枚目は逆に世界一小さいように思われる椿、エリナ。つぼみはあるけれど、開花は3月になるのでは。
DSCF0592_RDSCF0591_R











DSCF0593_RDSCF0594_R











DSCF0597_RDSCF0598_R

横浜イングリッシュガーデン ソシンロウバイ

昨日は春のようで18度まで気温があがったけれど、今日は10度に届かないとか。この寒暖差はきつい。
昨日、開園と同時にイングリッシュガーデンに。入園者は私がいた時は4〜5人だった。
アーチの手前の素心蝋梅(ソシンロウバイ)にびっくり。甘い香りが漂っていた。
相当大きな木なのに鉢植え。いったいどこで育てていたのだろう。この木は初めて。ここには地植えもあるけれど、そちらはまだ咲いていなかった。
つぼみが一杯。時々覗いてみよう。コロナ禍で電車にも乗らないようにしているので、徒歩10分圏内にガーデンがあるのは幸せなこと。
DSCF0709_RDSCF0705_R











DSCF0658_RDSCF0653_R











DSCF0657_RDSCF0703_R











DSCF0656_RDSCF0654_R

横浜イングリッシュガーデン 小さな薔薇/京都府立植物園 冬薔薇

真冬でも、小さな薔薇は元気。
1〜4枚目は今月のイングリッシュガーデンの薔薇。
5〜6枚目は1カ月半前の京都府立植物園の薔薇。
DSCF0574_RDSCF0526_R











DSCF0525_RDSCF0569_R











*****
DSCF0291_RDSCF0288_R

横浜イングリッシュガーデン 薄緑色の薔薇

この薔薇は小さい。咲いているときからドライフラワーのような感じがしてしまう。
この黄緑色は珍しい気がして、毎年、眺めるのが楽しみな薔薇。
先週のこの日、空は青く風もなく、楽しい散策だった。
DSCF0531_RDSCF0529_R











DSCF0527_RDSCF0539_R











DSCF0541_R

横浜イングリッシュガーデン 冬薔薇

睡眠は十分にとっていたのに、昨日は暖かかったせいか、やけに眠くなり、2時間も昼寝してしまった。
友達も眠たいとメールしてきた。昼寝できるのは幸せ。

1〜5枚目、イングリッシュガーデンの今年の薔薇。6枚目、剪定中のスタッフをパチリ。後ろから失礼しました。
7〜8枚目、薔薇の実の形も様々。
季節によって数の差はあれ、薔薇は年中咲いている。冬の薔薇は少ないけれど、冷たい空気の中でも凛として咲いている。
DSCF0500_RDSCF0600_R











DSCF0509_RDSCF0512_R











DSCF0510_RDSCF0596_R











DSCF0511_RDSCF0515_R

横浜イングリッシュガーデン スノードロップ

3日ほど寒かったけれど、今日から少し気温も上がるようで嬉しい。ここはまだ雪も降らない。
コロナによる緊急事態宣言が出るところが増えてきた。緊急事態宣言が出ても、8時までは自由に出歩いていいと思っている人も多く、明らかに政府の説明不足。何だか中途半端ばかり。いつ終息するやらと、不安でならない。

1〜5枚目、この時期には嬉しいスノードロップ。枯れ草の間から顔を出している。
2〜3月が開花期となっているけれど、いつも1月には咲いている。夜には閉じるようだけれど、あまり寒い日にも閉じるよう。
最後の6枚目は、開き始めたクリスマスローズ。まだ閉じ気味で、花びらのような苞しか見えず、中の小さな花は見えない。これからはクリスマスローズも春先までの楽しみになる。
DSCF0547_RDSCF0550_R











DSCF0549_RDSCF0517_R











DSCF0577_RDSCF0543_R

横浜イングリッシュガーデン ガーデン入口の葉ボタンなど

寒い。1昨日から、ついに書斎にも20度にして暖房を入れている。我慢していた方だろうか。両足を載せるだけの小さな電気アンカだけでしのいでいた。電力も不足気味とのこと。少しは我慢しないとと思うものの、風邪を引いたらおしまいなので。

1〜3枚目、イングリッシュガーデン入口の葉牡丹(ハボタン)を中心とした1月らしい寄せ植え。
4枚目、その横で真っ赤な薔薇。5枚目、屁糞葛(ヘクソカズラ)の実だろうか。ちょっと自信なしだけれど。
DSCF0617_RDSCF0616_RDSCF0615_R











DSCF0614_RDSCF0613_R

我が家のシクラメン、マユハケオモト、ミニパイナップルなど

1枚目は3鉢あるシクラメンのひとつ。30年以上生きている。つぼみはまだ下の方。咲くのは来月以降。世代交代したのかもしれないけれど、1980年代の終わりに1鉢戴き、ずっと育てている。今では大きな3鉢になり、これも増やすわけにはいかなくなった。ふた鉢は種からだろう。
2枚目はシクラメンの鉢の右側にも写っている錦光星。濃い朱色の花が咲く。これも増えるのみで、時々長くなったところを処分。それでもまたすぐに大きくなる。もうこんな大きなつぼみが一杯。今月中に咲くだろう。
3枚目は眉刷毛万年青(マユハケオモト)。2016年に戴き、やっと子株が出てきたものの、今冬はとうとう咲かずに残念。4枚目は眉刷毛万年青の花の後、種を取って2018年12月末に植えたもの。2019年1月に芽が出てきたのに、発芽して2年経っても、まだ2センチほど。成長は気長に待つしかないよう。ひと株は、欲しがっている友達に渡す約束をしている。
5〜7枚目は、呆れるほど成長しているミニパイナップル。12月まで外に出していたけれど、寒波が来るとのことで書斎に避難させている。今年はいくつ実が生るやら。ともかく、実を切ると、脇から直ぐに新しい株が出てくる。大きな鉢に移してやりたいけれど、棘が半端ではなく、刺されると相当痛いので静観。
DSCF0492_RDSCF0493_R












DSCF8982_RDSCF0641_R











DSCF0633_RDSCF0636_RDSCF0635_R

我が家の植物 ハナアナナス、ミニヤシの花

1〜2枚目、9月〜12月まで咲いた花アナナス。おしゃもじの下の方から左右に咲いていき、最後はこの写真のように頂上まできて、終わる。今年は何月から咲き始めるだろう。3枚目は花がついていない時の、現在のハナアナナス。パイナップル科。
4〜6枚目、12月から花がつき始めたミニヤシ。もっと粒が大きくなって黄色くなり、蜜を出す。花といっても実のような形のまま。
DSCF0466_RDSCF0476_RDSCF0631_R










DSCF0638_RDSCF0639_RDSCF0637_R

京都府立植物園(温室)実 

九州も大雪なのに、ここは昨日も晴天。
鹿児島に住んでいた小学生の時、大雪の日があって、けっこう大きな雪だるまを作ったことがあった。子供達だけは喜んでいるのかもしれない。
一方で、災害並みの大雪の地域は被害がないようにと祈っている。

2枚目、トゲバンレイシ。4枚目、パラミツ。
5〜6枚目、以前も載せたのに、今回、名前がわからなくなった。幹に直接花が咲いて実になる幹生果(かんせいか)。
7〜9枚目、カカオ。10枚目、カカオの花も同じ木に一緒に咲いている。
11枚目、キヤニモモ。12枚目の赤い実は不明。
名前のわからない花をネットで調べていると、多くの写真の中に私のブログの写真が出ていて、あらま、と思ってしまう。
機械オンチでよくわからないけれど、どうなっているのだろう。みんなに見てもらえるのは嬉しい。
DSCF0208_RDSCF0207_R











DSCF0217_RDSCF0218_R











DSCF0203_RDSCF0202_R











DSCF0213_RDSCF0216_R











DSCF0211_RDSCF0215_R











DSCF0209_RDSCF0220_R

京都府立植物園(温室)奇妙な葉のバウヒニア アウレイフォリア、キソウテンガイなど

昨日の強風は恐ろしく、ストレスだった。正午頃から夕方まで網戸が飛ばされるのではないかと思えるような凄い音だった。
強風のたびに引っ越したくなるのはいつものこと。高層階は景色はいいけれど、風は最悪。
大雪の地域の人達は積雪が恐怖だろう。毎日の雪掻きを考えると、すぐに腰をやられそうで、軟弱な人間は雪国にも住めないと思ってしまう。
コロナも急激に増える一方で、昨日の東京は前日より856人も増えて2447人。神奈川も80人以上増えて、679人。全国で、またも1日6000人越えどころか、7571人に。
今年は初詣もせず、人のほとんどいないイングリッシュガーデンに1度行き、スーパーへの買い物も1回だけ。外に出ないのがいちばんの予防だろう。

1枚目、ベゴニア・ブレウィリモナ エキゾチカ。見所は花より葉のような気がすると、去年の7月29日にも載せたけれど、その時は花が咲いていた。2枚目、同じベゴニアでも名前不明。
3〜5枚目、タイ原産、マメ科ハマカズラ属のバウヒニア アウレイフォリア。これは二つ折りになっていて、もう少ししたら両側に開いて色も緑色になる。今の状態がいちばん面白い。5枚目が、ぱっくり口を開きかけているところで、成長した葉はこの写真の右下の方に少し写っている。
6〜7枚目、奇想天外(キソウテンガイ)。まだ花が少し残っていた。雌雄異株とのこと。知らなかった。
DSCF0233_RDSCF0234_R











DSCF0198_RDSCF0200_RDSCF0199_R











DSCF0241_RDSCF0240_R

京都府立植物園(温室)ランやエスキナンツス ルーベンス、ヘンケリア、コブシア・フルティコサなど

昨日はついに全国のコロナ感染者6000人越え。ここ神奈川は591人。ますます大変なことになってきた。
急病になった時、救急車が来てくれるとは限らなくなった。たとえ病院まで運ばれても、その後、以前のような処置ができるかどうかも難しい。
マスクもしないし、大声で喋り、飲み食いしているような人達のせいで、真っ当な飲食店が被害を被る。店が悪いわけではないのに、そういう人達がいる限り、閉店を早める時間制限も必要になってしまう。昨夜も遊びのために、夜になってわざわざ渋谷に出てきた若者達もいたとか。真面目な人達に感染させないでほしい。
世界中大変だけれど、どうなる日本、と思ってしまう。

2枚目の蘭は1枚目の説明の通り。3、4枚目の蘭の名前は不明。4枚目など、ずいぶんと変わっている。
5枚目のアンスリウム、紅団扇(ベニウチワ)のアムツ フラメンコ。ちょっとグロテスクで、実に奇妙な形。6枚目のオレンジ色の花は、エスキナンツス ルーベンス。
7枚目、ディコリサンドラ・ペンデュリフロラ。8枚目もイワタバコ科のヘンケリア。
9枚目、キョウチクトウ科のコブシア・フルティコサ。10枚目、ナス科のケストルム ファスキクラツム。11枚目、姫有明葛(ヒメアリアケカズラ)の実。 
DSCF0264_RDSCF0265_R











DSCF0261_RDSCF0269_R











DSCF0186_RDSCF0268_R











DSCF0224_RDSCF0221_R











DSCF0179_RDSCF0246_RDSCF0260_R

京都府立植物園(温室)ピナンガ・クーリー、マツカサジンジャー、パイナップル・アルボ−マルギナタ 

1〜2枚目、ピナンガ・クーリー。1枚目は鳥の足にも見えて、やや無気味に感じてしまった。
3〜4枚目、見るからに松笠(マツカサ)らしい松笠ジンジャー。
5〜6枚目、白いミニパイナップル。我が家のは普通に色がついているので白は珍しい。このまま色がつかない種類だろうか。調べてもパイナップル・アルボ−マルギナタしか出てこない。普通のも白色も、どちらもこの名前でいいのかどうか。 
DSCF0196_RDSCF0263_R











DSCF0193_RDSCF0192_R











DSCF0255_RDSCF0254_R

横浜イングリッシュガーデン 冬の桜(エレガンス・みゆき、十月桜)

コロナの拡大で、また緊急事態宣言が出されるかもしれないので、昨日の午前中、横浜イングリッシュガーデンに、行ってきた。10月が最後だったので久々。
冬の来園者は少ないので、仕事始めでもあり、誰もいないかもしれないと思ったけれど、5〜6人の人がいた。3人は写真目的のようだった。
紅葉も終わり、さすがに薔薇も少なくなり、地面を枯れ草が覆っていたりして、今がいちばん淋しい時。それでも、1〜6枚目のように、冬の桜、「エレガンス・みゆき」は満開だった。
秋から春まで半年も元気に咲いている桜だけれど、桜と梅の交配種で、20年ほど前に埼玉県川口市で作られたものらしい。ガーデンでは「エレガンス・ミユキ」と紹介しているので、今まで、外国の桜と思っていた。それが、調べているうちに、ひらがなの「みゆき」とわかり、これを作った人のお子さんかお孫さんの名前をとったらしいとうこともわかった。
7枚目からは、これまた秋から春まで咲き続ける十月桜。子福桜も少しだけ咲いていた。
明日からは、また数日、京都府立植物園の温室の花を。
DSCF0571_RDSCF0579_R











DSCF0580_RDSCF0581_R











DSCF0572_RDSCF0573_R











DSCF0552_RDSCF0555_R











DSCF0554_RDSCF0553_R











DSCF0559_RDSCF0558_R

京都府立植物園(温室)ペリカンバナ、アリストロキア・トリカウダタ

いつも三が日が過ぎるとほっとする。そして、1週間が過ぎると平常通りという気分になる。
昨日の復路の箱根駅伝、面白かった。往路12位だった青学大が巻き返し、総合4位でフィニッシュしたのは凄い。最後の10区では駒沢大がトップを走っていた創価大を抜いて1位に。みんなが全力で走る姿に感動する。

2枚目、巨大な花、ペリカンバナ。京都府立植物園には年に1〜2回しか行かれないけれど、よく咲いているような気がする。
3枚目から、10日ほど前に載せた(12/25)宇宙人のようなアリストロキア・サルバドレンシスとほぼ一緒のところで咲く、これまた奇妙な花、アリストロキア・トリカウダタ。メキシコ原産。
3枚目、つぼみ。開いた花は、干したてのタコにしか見えない。世の中には面白い物が多い。
DSCF0183_RDSCF0182_R











DSCF0231_RDSCF0180_RDSCF0181_R











DSCF0227_RDSCF0185_R











DSCF0230_RDSCF0228_R
Profile
      わたしです

日本ペンクラブ会員
日本文芸家協会会員
日本文芸家クラブ理事
サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ
Archives
Categories