「藍川京」の部屋

女流作家「藍川京」の日記と、作品を紹介するブログです

2019年06月

横浜イングリッシュガーデン サルビア・グアラニティカ、アジサイ

1〜2枚目、サルビア・グアラニティカ。
3〜6枚目は、サルビア・グアラニティカに合わせて、似た色の紫陽花を。
色とりどりもいいけれど、似た色調のものを集めると落ち着く。
我が家のベランダでは数日前から八重の山梔子(クチナシ)が咲き始め、甘い癒しの香りを漂わせている。
DSCF0171DSCF0170










DSCF0548_RDSCF0569_R










DSCF0712DSCF0716

記事タイトル横浜イングリッシュガーデン 紫陽花

載せきれない花はあるものの、やはり今の季節には紫陽花がいちばん。
5〜7枚目は半月ほど前の薔薇。1本の薔薇を三方から。花びらの表と裏の色の違いが面白い。
DSCF0672BlogPaint












DSCF0596DSCF0598











*****
DSCF0152DSCF0154DSCF0153

横浜イングリッシュガーデン サンゴシトウ、コンニャク?

1〜2枚目、入園してすぐのアーチの右手で、珊瑚刺桐(サンゴシトウ)の花が満開。
3枚目からは、とうとうその時に載せきれなかった5月中旬のもの。
去年は1本しか見当たらなかった。それが今年は数本、それも何メートルも離れた所でびっくり。かなり大きい。去年は燭台大蒟蒻(ショクダイオオコンニャク)かとびっくり。ガーデンの人には訊いていないけれど、普通の蒟蒻の花だろうか?
綺麗な花も好きだけれど、変わった花も大好き。また来年の楽しみ。あっという間にこの花は消えてしまった。
DSCF0306DSCF0708









*****
DSCF9650_RDSCF9651_RDSCF9648_RDSCF9649_R

横浜イングリッシュガーデン タチアオイ/5月の薔薇

先週、やっとケイタイからスマホに替えた。まだほとんど使っておらず、勝手がわからない。とはいえ、初めて、このブログをスマホで見てみた。どんな風になっているのか気になっていた。パソコンでやっているので、横に2枚とか3枚とか、きちんと配列していたつもりだったけれど、スマホでは縦1列。そうなのか……と、ちょっと残念。
パソコンで見ている人もいるだろうし、しばらくは今のままでやっていくつもり。

あちこちに立葵(タチアオイ)が咲いている。
黒い立葵はイングリッシュガーデンのものだけれど、淡いピンクはガーデンを出てスーパーに行く途中の神社で。
薔薇は5月末のイングリッシュガーデンの思い出。
DSCF0284













DSCF0028DSCF0286DSCF0288









DSCF0344DSCF0346










*****
DSCF9704_RDSCF9747_R

母 三十二回忌/鎌倉 長谷寺の紫陽花

母の三十二回忌。1昨日、末の弟が墓前にたくさんの花を供えてくれた。お線香は、私が送った京都、東寺の風信香。
命日なので、まだ載せていなかった5日の鎌倉、長谷寺の紫陽花の散策路にした。母も花が好きだった。
1〜3枚目、観音ミュージアム前。
4〜5枚目、経蔵の屋根と紫陽花。
6〜7枚目、経蔵横の竹林と紫陽花。
8枚目以降、散策路の途中で。
DSCF0400DSCF0365DSCF0367







DSCF0394DSCF0373











DSCF0399DSCF0398











DSCF0379DSCF0382









DSCF0397DSCF0393









DSCF0376DSCF0391

横浜イングリッシュガーデン 薔薇、ガクアジサイ、ヒペリカム

1〜2枚目、まだこうして薔薇も咲いているけれど、主役は紫陽花になっている。
3枚目の薔薇だけは10日ほど前のもので、ほぼ終わり。
4〜7枚目からヒペリカム。今はいちばん綺麗な時だろうか。
同じヒペリカムでも、最後の1枚は他の3枚とは名前が違うだろう。
8枚目、萼紫陽花(ガクアジサイ)。
DSCF0599DSCF0546





DSCF0229











DSCF0143DSCF0145







DSCF0144DSCF0177







DSCF0147

横浜イングリッシュガーデン スモークツリー、カシワバアジサイ

1枚目、5月下旬のスモークツリー。2枚目、同じ日の柏葉紫陽花(カシワバアジサイ)。
3〜7枚目まで、今ではすっかり様変わりしたスモークツリーと柏葉紫陽花。
最後に雨の中の1昨日の紫陽花も。
DSCF9803_RDSCF9954_R







 *****
DSCF0207DSCF0206











DSCF0218DSCF0217









DSCF0581DSCF0551

横浜イングリッシュガーデン 紫陽花

雨が続き、紫陽花は大喜び。やはり紫陽花には雨。
横浜イングリッシュガーデンには紫陽花も300種類以上植えられているのでみごと。
イングリッシュガーデンから届いた会員向けの通信に、今月末は薔薇の二番花と紫陽花の競演が期待できると書いてあった。今は紫陽花中心になったけれど、薔薇も咲いている。
1〜2枚目、昨日の雨の中の紫陽花。
3枚目以降は1週間ほど前のもの。日々、色が濃くなってくるのがわかる。
DSCF0636DSCF0625











DSCF0199DSCF8416_R









DSCF0212_RDSCF0200









DSCF0208_RDSCF0150_RDSCF0156







DSCF0138_RDSCF0139_RDSCF0319_R

横浜イングリッシュガーデン バラ、ユリ、ドクダミ

早すぎる夏が始まったかと思っていたら、涼しさが戻って来た。横浜は昨日も今日も20度ほど。
この季節に開く花も多く、またも写真が間に合わなくなった。
1枚目、まだまだ薔薇は綺麗。
百合の季節になった。2〜3枚目、ロリポップ。4〜5枚目、不明。何千種もあるだろう百合も名前はお手上げ。
6〜7枚目、蕺草(ドクダミ)もあちこちにいっぱい。斑入りの葉が好き。
DSCF0109











DSCF0117DSCF0116









DSCF0111DSCF0110









DSCF0141DSCF9843_R

横浜イングリッシュガーデン 薔薇、紫陽花、クレマチス

1枚目、紫陽花。2枚目、薔薇。遠目には薔薇も紫陽花のよう。
3枚目以降、薔薇や紫陽花の間で、様々なクレマチスも私の目を楽しませてくれる。
ここから眺めるイングリッシュガーデンの薔薇のアーチは、最盛期の彩りはなくなった。薔薇も盛りを過ぎつつあるだろうか。
3日からはアジサイフェアに変わっている。入園料も薔薇の最盛期より100円安くなり、700円。会員になれば、1年間毎日入園できて5000円。3000円だったのが、今年の4月から値上がり。それでも、私のように近くてしょっちゅう入園する者にとっては、お得な値段。
DSCF0310_RDSCF0293_R









DSCF9930_RDSCF9929









DSCF9938_RDSCF0265_R









DSCF9935_RDSCF9936_R









DSCF9791_RDSCF9792_R

横浜イングリッシュガーデン 薔薇、コバノズイナ、バーベナ ボナリエンシス

1〜4枚目、薔薇。
5〜9枚目は、(木葉の随菜)コバノズイナ。その中でも、リトルヘンリーではないかと。実に優雅で美しい。でも、野原で見たら、ただの草としか思わないかもしれない(笑)。
最後の2枚は、バーベナ ボナリエンシス。三尺バーベナとも。可愛い花は、園内にこれからしばらく咲き続けるだろう。
10枚目にはバーベナと一緒に、百合のつぼみも写っている。今頃、開いているはず。
DSCF9786DSCF0342_R











DSCF9995DSCF0041









コバノズイナ
DSCF0235DSCF0239









DSCF0238DSCF0240DSCF0234









バーベナ ボナリエンシス
DSCF9953_RDSCF9952_R

鎌倉 光則寺 白とピンクのイワタバコなど

横浜イングリッシュガーデンの写真が、まだまだ残っているけれど、昨日、長谷寺の岩煙草(イワタバコ)を載せたので、色違いを。とはいえ、長谷寺はまたにして、今日は長谷寺の近くの花の寺、光則寺を。
1枚目の萼紫陽花(ガクアジサイ)の装飾花にびっくり。斑入りのこんな装飾花も色も初めて。美しい。
2〜3枚目、白い岩煙草。白い花は自生のものも園芸種もあるらしい。
4〜5枚目、優しいピンクの岩煙草。桃花岩煙草という園芸種かもしれない。ここの白とピンクは石垣や崖の自生ではなく、鉢植え。
6枚目、花火のような山紫陽花。7枚目、京鹿子(キョウガノコ)。
8枚目、花菖蒲。9枚目、花菖蒲と背景のピンクは7枚目の京鹿子。
10〜11枚目、光則寺三門前の幼稚園か保育園の壁の時計草は、毎年、びっしりと花を咲かせ、見事。
DSCF0425_R











DSCF0438_RDSCF0436_R









DSCF0434_RDSCF0435_R









DSCF0431_RDSCF0421_R









DSCF0443_RDSCF0445_R









DSCF0419_RDSCF0420_R

鎌倉 長谷寺地蔵堂前 イワタバコ

昨日は8時に家を出て鎌倉の長谷寺に9時頃には着いたものの、8時からなので、紫陽花の季節になり、人が一杯で驚いた。今週くらいまでは人は少ないと思っていたのに。
すでに紫陽花の小径への入場制限を設けている。まだ番号がないのですぐに入れるけれど、これで今年の長谷寺の紫陽花見学は終わりかなと思った。今日の朝早くでさえ人が多く、これからは境内に入るにも行列になるのだろうし、そういうのはいやなので。
1枚目、紫陽花の小径で。
2〜5枚目、岩煙草(イワタバコ)。少し過ぎそうになっていた。ここで見たので、今年の岩煙草は北鎌倉は諦め、ここでおしまいになるかもしれない。
DSCF0384















DSCF0364DSCF0403_R















DSCF0362_RDSCF0404_R


横浜イングリッシュガーデンで 薔薇、ジャーマンアイリス、ハーブ、ニコチアナ

1〜2枚目、園内で咲き誇る薔薇。
3枚目、ジャーマンアイリス。4枚目、ラベンダー。
5〜7枚目、ニコチアナ。花煙草(ハナタバコ)とも。花色は何種かあるけれど、私は黄緑が好み。最後に赤も載せたけれど。
最近、日本に入ってきたものとばかり思っていたら、何と、安土桃山時代に観賞用として渡来したものとか。意外で驚いた。
DSCF9838DSCF9839









DSCF0047_RDSCF0079_R









DSCF9968_RDSCF9811_RDSCF0222_R

横浜イングリッシュガーデンで 薔薇、チョウジソウ

1〜3枚目、緑がしたたりそうな緑の下で薔薇。
ここから眺めるガーデンの、薔薇のアーチの色が少し淋しくなってきた。盛りは過ぎたよう。それでも、数が多いので、まだしばらくは咲き続けるけるだろう。今は紫陽花や百合、クレマチスなども一緒に楽しめる。小さな花も種類が一杯。
4〜5枚目、一瞬、イソトマかと思ったけれど、葉が違うよう。丁子草(チョウジソウ)だろうか。
DSCF9820















DSCF9832DSCF0060









DSCF9966_RDSCF9964_R

横浜イングリッシュガーデン サンシュユ、クラブアップル、ジューンベリーの実、薔薇

この時期、花の後の実も成長中。
1枚目、山茱萸(サンシュユ)の実もこんなに大きくなった。
2〜3枚目、クラブアップル。姫林檎(ヒメリンゴ)とも。
4〜6枚目、ジューンベリー。アメリカザイフリボクとも。7枚目、枇杷(ビワ)。
8枚目、蔓薔薇も花盛り。
DSCF9947_R











DSCF9881_RDSCF9798_R









DSCF0006_RDSCF0005_R









DSCF9957_RDSCF9857_R







DSCF9833

横浜イングリッシュガーデン 小さな青い薔薇、ブラシノキ

1〜3枚目、大好きな緑の薔薇。薔薇に限らず、緑や黒い花は好み。これはエクレールでいいだろうか。このガーデンだけでも薔薇は1800種、2000株もあるのだから、名札を見ない限り、正しい名前はわからない。
4〜5枚目、ブラシの木のパープルスレンダーだろう。普通、真っ赤だけれど、横浜イングリッシュガーデンには、この品種が植えてある。5枚目にはジギタリスも写っている。
6〜7枚目が、よく見かける普通のブラシの木。花は真っ赤。イングリッシュセンター外の住宅展示場で。
他に白花ブラシノキもあるけれど、私は見た記憶がない。大船植物園にもあるようで、今行けば見られるかもしれない。
DSCF9871















DSCF9873DSCF9870









DSCF9887DSCF9886











DSCF9769_RDSCF9770_R

横浜イングリッシュガーデン 青い蔦とミニ葡萄の花、薔薇

蔦(ツタ)の美しい季節。いかにもイングリッシュガーデンらしい門扉に這う蔦。これだけでも惚れ惚れしてしまう。
この門扉の右側のミニ葡萄は、毎年楽しみ。
2枚目、葡萄のつぼみ。3枚目、花。これは5月22日のもの。
4〜5枚目は、4日前のもの。可愛い実ができている。1週間で植物はこれほど成長し、変化する。だから、毎日でも足を運んで観察したくなるのだけれど、なかなかそうはいかない。気になる植物があれば、後悔しないように行ってみることにしているけれど、ほんの数日のいい時期を外してしまったりするとがっかり。家に植えて毎日観察するしか手はないとわかる。
6〜7枚目、薔薇もまだまだ盛りで、毎日、入園者が多い。
DSCF0017















DSCF0018_RDSCF0020_R









DSCF0257_RDSCF0258_R









DSCF9830DSCF9829

横浜イングリッシュガーデン アジサイ

6月になり、紫陽花も載せておきたい。これから雨に似合う花が私達を楽しませてくれる。
横浜イングリッシュガーデンも、薔薇の花の中で紫陽花が色づき始めている。
1〜4枚目の山紫陽花では咲いている花がわかりやすいかと最初に載せてみた。紫陽花の花に見える大きなものは萼(ガク)。この1枚目の山紫陽花は、中の集合している花だけでなく、外側のふたつの萼の中心にも花が咲いているのがわかる。2〜3枚目では、咲いているものとつぼみの区別がわかるだろうか。4〜5枚目は、まだつぼみのみ。
6枚目は薔薇と紫陽花と。7枚目の左端の小さく赤い花は御柳梅(ギョリュウバイ)。
DSCF0157













DSCF0147













DSCF0148DSCF0149_RDSCF0155_R







DSCF0193_RDSCF0264DSCF0201

京都府立植物園温室 奇想天外など

やっと今日で京都の写真が終わる。3週間もかかった。

1枚目、コスタリカからエクアドル原産のカラテア・ブルレーマルクシー「アイス・ブルー」>
白い松笠のようなものは苞。そこから出ている薄いピンク色のものが花。
2枚目、ペルー原産、鬱金珊瑚花(ウコンサンゴバナ)。
DSCF9245_RDSCF9284_R










3枚目、ユーフォルビア ミルシニティス。もっともっと長く地面を這っていて、蛇のようで、鱗のようにも見えるし、まずはギョッとした。
4枚目、南アフリカ、南西アフリカ、ソコトラ島、アラビア半島原産のアデニウム・オベスム。こんなに綺麗な花が咲く多肉植物。
DSCF9282_RDSCF9275_R










5〜6枚目、想天外(キソウテンガイ)。
成長と共に葉を伸ばし続ける。葉は1対しかなく、成長途中でこ割れたり重なったりして葉が沢山ある植物のように見える。グロテスクに見えるけれど、1000年以上生きる凄い植物なので載せることに。
DSCF9274_RDSCF9273_R
Profile
      わたしです

日本ペンクラブ会員
日本文芸家協会会員
日本文芸家クラブ理事
サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Archives
Categories