「藍川京」の部屋

女流作家「藍川京」の日記と、作品を紹介するブログです

2019年03月

大船フラワーセンター アマナ、ツクシ、ヒメオドリコソウ、ヒガンマムシグサ

1〜2枚目、甘菜(アマナ)。よく晴れていた日だったので開いていたけれど、曇っていると花は閉じる。
3枚目、うまく撮れなかったけれど、土筆(ツクシ)。見るたびにワクワクする。我が家の近くでも買い物に行く途中、少しだけ見ることができる。
4〜6枚目、姫踊り子草(ヒメオドリコソウ)。やっと仏の座(ホトトケノザ)と区別できるようになった(笑)。
7〜9枚目、耳形天南星(ミミガタテンナンショウ)か蝮草(マムシグサ)かと思ったけれど、彼岸蝮草(ヒガンマムシグサ)らしい。
我が家では、これと親戚の浦島草が葉を出してきている。これも毎年楽しみ。何本花が咲くだろう。
DSCF7766_RDSCF7765_R







DSCF7651_R











DSCF7799_R











DSCF7798_RDSCF7652_R







DSCF7788_RDSCF7745_RDSCF7792_R

大船フラワーセンター ツツジと菜の花、シモクレン

1枚目、躑躅(つつじ)の吉野。躑躅は返り花が真冬にもちらちらと咲いていたりするけれど、早くも本当の躑躅の季節到来のよう。
2〜4枚目、盛りを過ぎようとしていた菜の花。
21日にみごとな紫木蓮(シモクレン)を載せたけれど、5〜6枚目、同じ園内で、別の場所の紫木蓮。
またたく間にほころびていく草花。春は偉大。
DSCF7715_R















DSCF7719_RDSCF7727_RDSCF7728_R







DSCF7752DSCF7751

大船フラワーセンター コブシと野草

1〜2枚目、満開の純白の辛夷(コブシ)。
3〜6枚目、雪割草(ユキワリソウ)。三角草(ミスミソウ)とも。7枚目は雪割草かどうか、微妙。
8枚目、節分草(セツブンソウ)には、すでに種ができていた。
9〜10枚目、姫立金花(ヒメリュウキンカ)。
野草を見るとワクワクしてしまう。春の花は素晴らしい。
DSCF7671_R















DSCF7672















DSCF7735_RDSCF7791_R







DSCF7785_RDSCF7784_R







DSCF7763_RDSCF7795_R







DSCF7787_RDSCF7786_R







大船フラワーセンター さくらさくら

染井吉野も昨日、東京、横浜でも開花宣言。
近くの染井吉野の開花には数日かかりそう。それでも咲き出すと一気に満開になりそうな陽気。
1昨日の大船フラワーセンターで、1枚目、足柄桜の「春めき」。
2〜3枚目、大寒桜(おおかんざくら)の実生(みしょう)。フラワーセンターで実生から育成したものと説明書きがあった。
4〜5枚目、実生ではない大寒桜。
6枚目、1枚目と同じ「春めき」。7枚目、寒緋桜(かんひざくら)
DSCF7756_R


















DSCF7666DSCF7665











DSCF7668DSCF7669











DSCF7760DSCF7661_R

大船フラワーセンターの紫木蓮/鎌倉 大巧寺の花 続き

1枚目、大船フラワーセンターで昨日の紫木蓮(シモクレン)。大船フラワーセンターは明日からでも。
様々な花の開花が早すぎてついていけない状況に。
ソメイヨシノも開花宣言も聞かれるようになった。
2枚目以降は昨日の続きで鎌倉、大巧寺(だいぎょうじ)の花。
DSCF7724















*****
大巧寺で、1〜2枚目、可愛い椿、港の春。3枚目の白椿の名前は不明。
4枚目、仏殿を横から。5枚目、利休梅(リキュウバイ)。6枚目、白山吹(シロヤマブキ)の実。
7枚目、ヒマラヤ雪ノ下(ヒマラヤユキノシタ)。8枚目、冬に咲く背の低い寒咲き菖蒲(カンザキアヤメ)。9枚目、睡蓮鉢で 喜望峰蛭蓆(キボウホウヒルムシロ)。
DSCF7370_RDSCF7369_RDSCF7348_R







DSCF7349_RDSCF7360_RDSCF7358_R







DSCF7383_RDSCF7362_RDSCF7373_R

鎌倉 海蔵寺近くのタイワンリス/大巧寺の椿

海蔵寺を出ると、1枚目、萌えだしたもみじの葉や2枚目、寒桜らしい満開の桜が。
3〜5枚目、民家の塀を上る台湾リスも手の届きそうなところに現れた。最後は塀の上、藪椿の下でしばし休憩して去っていった。
花が多くて載せきれなくなり、6枚目以降、海蔵寺の後に訪ねた鎌倉駅前の大巧寺(大巧寺)の花も。
DSCF7327_RDSCF7328_R











DSCF7318_RDSCF7320_RDSCF7324_R








   *****
これより大巧寺(だいぎょうじ)。
1〜2枚目、山門付近。3枚目、氷室雪月花。
4枚目、天が下。5枚目、関東月見車。6枚目、雪見車。
7〜9枚目、大好きな月光椿(卜半・ぼくはん)。
DSCF7397_RDSCF7389_RDSCF7395_R







DSCF7354_RDSCF7377_RDSCF7363_R







DSCF7366_RDSCF7367_RDSCF7347_R

鎌倉 海蔵寺

海蔵寺の山門手前では薄いピンクの馬酔木(アセビ)がきれいだった。
2〜3枚目、境内に入ると鐘堂近くで絞りの椿が咲いていた。
4〜5枚目、庫裏と終わりに近づいた梅の花。
6枚目、本堂前(仏殿横)。7枚目、本堂。
8〜9枚目、本堂脇のやぐら。9枚目のように、ここに腰かけてゆっくりしている人をよく見かける。私はひと休みして水を飲むことが多い。
11枚目、やぐらから。海芋(カイウ)が咲き始めていた。最後は本殿裏の非公開の心字池の庭園。やぐらの方から見ることはできる。
DSCF7316_R











DSCF7291_RDSCF7289_R







DSCF7307_RDSCF7286_R







DSCF7305_RDSCF7306_R







DSCF7300_RDSCF7298_RDSCF7303_R







DSCF7297_RDSCF7295_R

鎌倉 亀ヶ谷坂切通

1〜3枚目、北鎌倉に行くと、たいていこの亀ヶ谷坂切通を通って鎌倉に出る。
4枚目、途中で藪椿。5枚目、萌えだした羊歯(シダ)。
坂を下って住宅街に出ると、やがて6〜7枚目、岩船地蔵堂に至る。
短編に頼朝の娘、大姫を登場させたことがあり、必ずここに来ると中を覗き、木造地蔵尊に手を合わせる。
大姫の守本尊の石造り地蔵尊は、この木造地蔵尊の奥に安置してあり、残念ながら拝見することはできない。
この後、ここを管理している海蔵寺へ。
道端には9枚目、大犬の陰嚢(オオイヌノフグリ)。この可愛い花もあちこちに咲くようになった。
DSCF7278_R















DSCF7281_RDSCF7279_R







DSCF7280_RDSCF7276_R







DSCF7284_RDSCF7282_RDSCF7283_R







DSCF7275_R

北鎌倉 明月院 2

1枚目、方丈。2枚目、方丈前。
3枚目、本堂左手の柊南天(ヒイラギナンテン)の黄色い花も咲き始めた。
4枚目、枯山水庭園。今は淋しいけれど、もうじき背景に桜や紫木蓮(シモクレン)がほころびはじめ、枯山水に植え込まれている躑躅(ツツジ)もピンク色に。
5〜6枚目、境内撮影場所の一番人気。四季折々に窓の外の景色が変わるのが風流。
7枚目、いくつものやぐらが境内に存在する。これは鎌倉でも最大級のやぐらと言われていて、上杉慶方(のりまさ/のりかた)の墓と言われている。
8枚目、境内にえさ場があるので自由に小鳥や小動物がやってくる。この日は台湾リスの食事中だった。
9枚目、境内で飼われている猫。
DSCF7257_RDSCF7254_R







DSCF7248_RDSCF7255_R







DSCF7253_RDSCF7252_R











DSCF7245_R











DSCF7264_RDSCF7262_R

北鎌倉 明月院 1

先週になってしまった鎌倉、明月院。
1枚目、入口外で。2枚目、境内の月笑軒入口で桃の花など。3枚目、境内のあちこちで咲き始めている諸葛菜(ショカッサイ)。
4〜5枚目の山門に続く道は、紫陽花の頃には両側にびっしりと花を咲かせる。
明月院は紫陽花寺として有名だけれど、今は紫陽花の葉が出始めているだけの淋しさ。
5枚目、終わりに近づいている素心蝋梅(ソシンロウバイ)に出会えた。6枚目、咲き始めた日向水木(ヒュウガミズキ)。
7枚目、本堂脇の北山杉の下のお地蔵様。8枚目、竹林と、手前の黄色は盛りの山茱萸(サンシュユ)の花。
DSCF7272_RDSCF7237_RDSCF7266_R







DSCF7270_RDSCF7269_R







DSCF7242_RDSCF7236_R







DSCF7256_RDSCF7239_R

散歩の途中で ジャノメエリカ、オキザリス、オウバイ

1〜2枚目、みなとみらいへの散歩の途中の道路のタイル。
3〜4枚目、みなとみらいの赤レンガ倉庫手前で、蛇の目エリカ(ジャノメエリカ)が満開だった。
5〜6枚目、近くの川縁でオキザリス。(酢漿草)カタバミの仲間。
日が照っていると開き、天気が悪いと閉じる。あちこちで真っ盛り。
7〜8枚目、黄梅(オウバイ)の木も毎年大きくなってきて、川面に垂れるほどになっている。
春は黄色い花が多い。オキザリスも黄梅も黄色なので、蛇の目エリカも載せてみた。
DSCF7081_RDSCF7082_R







DSCF7086_RDSCF7087_R











DSCF7004_RDSCF7005_R







DSCF7007_RDSCF7008_RDSCF7009_R

我が家のサボテン(リトープス)など

1〜3枚目、リトープスの麗紅玉は2016年に買ってきたもので、3鉢に増えた。実に可愛い。
1年前に買った4枚目のアドロミクス属の天錦章は1枚葉が落ちてしまったので別に植えたら、横から5枚目のように子供が出てきて嬉しい。また1鉢増えた。
6〜7枚目はセンペルビウム。これも子供がたくさん。7枚目のように別に植えてみたけれど、増えすぎるので、その気はあるものの我慢してこれだけでやめている(笑)。
寒の戻り。今日は冷えるとか。昨日は強風で恐かった。
DSCF6658_RDSCF6657_RDSCF6660_R







DSCF6664_RDSCF6661_R







DSCF6667_RDSCF6668_R

横浜イングリッシュガーデン モクレン、ボケ、フクジュソウ、アネモネ

1〜2枚目、木蓮(モクレン)もあちこちで咲き始めている。
3枚目以下は数日前から載せようと思って写真を用意していたものの、3枚目の木蓮のつぼみが開いていたので最初に載せた。
4枚目、木瓜(ボケ)。これも、またたくまにたくさん咲き開いてまっ赤になっている。
5〜6枚目、椿。7枚目、福寿草(フクジュソウ)。8枚目、喇叭水仙(ラッパスイセン)。
9〜10枚目、アネモネ。
3枚目以下は少し前のものになってしまったものの、せっかくなので。
DSCF7122_RDSCF7193_R











DSCF7050_RDSCF7070_R







DSCF7015_RDSCF7016_R







DSCF7033_RDSCF7038_R







DSCF7042_RDSCF7026_R

横浜イングリッシュガーデン シラー・シビリカ、ティアレア、ショカッサイ 

昨日は8年目の3.11だった。
被災地の知り合いから、まだまだ空き地が多いとの手紙。
故郷に帰れない人達も多く、復興はまだまだ。
そして、いちばん厄介なのが原発処理。原発はいらない。

1〜2枚目、大好きな色のシラー・シビリカ。
3枚目、ティアレア。1本だけ咲いているのを発見。何と去年の4月、これをブログで白糸草と紹介しているのを見つけ、書き直したけれど、汗。ヒューケラ( ツボサンゴ)に近い仲間。日陰を好むこの花は、可憐で好き。
4枚目、諸葛菜(ショカッサイ)の花も咲き始めた。諸葛菜には紫花菜(ムラサキハナナ)他、多くの名前がある。
春の花がどんどん咲き始め、せっかちな私は勝手に忙しくなりそう(笑)。
花の名前で間違っていた場合、訂正を大歓迎します。よろしくお願いします。
DSCF7113_RDSCF7202_R











DSCF7144_RDSCF7170_R

横浜イングリッシュガーデン 桜、カタクリ

1〜2枚目、真冬から咲いている桜、エレガント・ミユキ。
3〜4枚目、今日、いちばん載せたかった片栗(カタクリ)の花。今年も会えてよかった。
我が家ではムスカリも咲き始めている。それはまた。
DSCF7183_RDSCF7182_R











DSCF7199_RDSCF7200_R

横浜イングリッシュガーデン おかめ桜

横浜イングリッシュガーデンには30種類ほどの桜が植えられている。
早いものでは9月末頃から咲き始めるので、私は5カ月以上、桜の花を見続けている。
今日の桜は満開のオカメ桜。
他にはエレガンス・ミユキが、まだ満開。
昨日は鎌倉にもちょっと行ってみたけれど、著莪(シャガ)の花も咲いていた。
今年初めての花はそれと、日向水木(ヒュウガミズキ)など。これから次々と咲きだすので忙しくなる(笑)。
DSCF7163_R















DSCF7165_RDSCF7162_R



横浜イングリッシュガーデン サンシュユ、椿

昨日、イングリッシュガーデンに行くとき、太陽のまわりから虹のような色が出ていて、こんなものは見たことがないと思った。私のカメラでは写せないだろうと思って眺めるだけだったけれど、夜の二ユースで、花粉がたくさん飛んでいる時に見える「花粉光環」とわかった。
今日も見えるかもしれないと言っている。綺麗だけれど、花粉症の人にとっては最悪の1日になるのだろう。
ガーデンは一気にいろんな花が咲き始めていて、これからはあちこちに行きたくなりそう。

1〜2枚目、10日前の山茱萸(サンシュユ)。
3〜4枚目、昨日の山茱萸。黄色い花が咲き開き、小さく繊細な花ながら華やかになっていた。
DSCF7046_RDSCF7047_R











DSCF7180_RDSCF7177_R

横浜イングリッシュガーデン アカシア、クリスマスローズ

1枚目、空を黄色く染めるアカシアの花。
2枚目からは、ガーデンでたくさん咲いているクリスマスローズ。1枚目のアカシアの木の下は、クリスマスローズの丘と言っていいほどの群生。
DSCF7037_R











DSCF7054_RDSCF7057_R











DSCF7056_RDSCF7055_R

横浜イングリッシュガーデン クリスマスローズ 原種

原種のクリスマスローズ、ヘレボレス・フェチィダス。
クリスマスローズの原種のひとつ。黄緑の花も形も、葉っぱも、他のクリスマスローズとは異なっている。
大好きな花で、毎年、咲き始めるのを楽しみにしている。背丈もかなり高くなり、これも他のクリスマスローズと違う。
宇宙人の目玉のよう。
DSCF7021_RDSCF7023_R











DSCF7022_RDSCF7024_R

横浜イングリッシュガーデンで マンサク

ガーデンの数種の満作(マンサク)は満開。
丈の低い木から、3〜4枚目のように、天を仰いでいる丈の高い満作も。
DSCF7061_R















DSCF7039_R















DSCF7027_RDSCF7028_R
Profile
      わたしです

日本ペンクラブ会員
日本文芸家協会会員
日本文芸家クラブ理事
サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Archives
Categories