「藍川京」の部屋

女流作家「藍川京」の日記と、作品を紹介するブログです

2019年02月

横浜イングリッシュガーデン クリスマスローズ

1〜3枚目、クリスマスローズ。
これからガーデンにはたくさんのクリスマスローズが咲き始める。
4枚目のように、今は淋しいガーデンの景色だけれど、こんな時は足元の小さな花々が嬉しい。

このあたりには来週、春一番が吹くと思うけれど、「春一番」というのは、春への嬉しい言葉と思っていた。けれど由来は意外だった。テレビで、長崎の漁師達が使っていた言葉で、1859年3月17日、五島沖に出た漁船が春の強い風で53名が亡くなった。それから春に初めて吹く風を「春一番」と呼ぶようになり、注意喚起なのだという。
意外でびっくりし、言葉の由来で調べてみると、古くから石川県の能登地方や三重県志摩地方より西で船乗りが使っていたらしい。
長崎郷ノ浦町の岬には「春一番の塔」が建てられ、その近くには慰霊碑も建てられているとか。
春の喜びの言葉ではなく、自然の脅威である春の強風には注意するようにという漁師言葉だったとは、春一番のニュアンスがすっかり変わってしまった。
DSCF6734_RDSCF6733_R







DSCF6744_RDSCF6794_R

横浜イングリッシュガーデン スノードロップ

2枚目、薔薇も剪定され、今は周囲が淋しい冬のガゼボ(四阿・あずまや)だけれど、その入口付近にもスノードロップが咲き、愛らしい姿を見せてくれている。
1枚目の内側の花びらにはふたつの緑のハートマーク。
4〜6枚目は別の場所のスノードロップ。1月26日に載せた時より、ずいぶんとたくさん顔を出してくれている。
DSCF6748_R















DSCF6746_RDSCF6747_R







DSCF6736_RDSCF6735_RDSCF6737_R


横浜イングリッシュガーデン ミモザ、サンシュユ、ビオラなど

1枚目、ガーデンの隅でミモザも咲き始めた。
2枚目、山茱萸(サンシュユ)。先週のものなので、今頃、もう少し咲いているだろう。
3〜4枚目、百日草(ヒャクニチソウ)。ここではジニアだろうか。
5〜6枚目、ビオラは真冬もガーデン中の足元を彩っている。
DSCF6768_RDSCF6778_R











DSCF6811_RDSCF6810_R







DSCF6813_RDSCF6812_R

横浜イングリッシュガーデン ピンクネコヤナギ

ガーデンでは、今、「ピンク猫柳」のピンク色と艶がいちばんきれいな時。
去年は少し遅かったので、今年は最高の時に出会えて幸せ。
まるで小枝に小鳥たちが並んで留まっているように見える。
つぼみの殻を破って花穂が出てくる時、殻を半分被っている。殻はすぐに落ちてしまうので、被っている時は今しかない。そして、ピンク色の期間も短く、灰色になっていく。だから、ピンク色のこの愛らしい景色は今だけ。
最高の時に出会えると満面の笑みが浮かぶ。
DSCF6760_R















DSCF6765_RDSCF6759_R

横浜イングリッシュガーデン マンサク

1枚目、インテルメディア系の満作(マンサク)で、ディアン。やさしいピンク色。
2〜3枚目は早咲き満作で、パープル・シードリング。
2日にこれを載せ、『赤花満作と書こうしたけれど、一応調べてみたら、ハマメリス・インターメディア カーマイン・レッドに行きつき、これではないか』と書いた。
今回、名札がよく見え、パープル・シードリングと判明。すっきりした。
マンサクの名前の由来は、春に他の花より先に、まず咲くからというのや、豊年満作の稲に見立てたものなどがある。
私は「まんず咲く」という方言からマンサクになったと覚えている。
DSCF6801_R











DSCF6742_RDSCF6739_R

横浜イングリッシュガーデン 紅白梅

四大陸フィギュアスケート、男(宇野昌磨)女(紀平梨花)とも日本優勝。嬉しい。
君が代を聴くと、嬉しさも一入。

梅の季節。甘い香りが漂っている。
元旦でも1〜2輪の花を見ることがある。初物は嬉しいけれど、こうして咲き始めの花も嬉しい。
DSCF6770_R











DSCF6751_R











DSCF6790_RDSCF6792_R







DSCF6772_RDSCF6771_R

ミツマタ開花/朝顔とシクラメン

昨日、横浜も今冬の初雪……と思ったけれど、3度目とか。私にとっては初めて見る雪。横浜といっても広いので、ここは初めてだと思う。午前中に降り出し、すぐにビルの上など白くなったものの、短い時間で止んでしまい、雪はまたたく間に消えてしまった。もう終わりかと思っていたら、夕方からまたずいぶんと降り始めたけれど、ひとときだった。
今日は上天気。

1枚目、早くも横浜イングリッシュガーデンで、三椏(ミツマタ)開花。
毎年、どの花も、最初の開花の頃に出会うと感激する。早くも見つけた! という高揚した気分になる。
3〜5枚目、リビングのシクラメンと朝顔。朝顔は1本なのに、去年の12月から30輪以上の花をつけている。まだつぼみがあるけれど3月まで咲き続けるのは無理だろうか。大切にしたい。
DSCF6743_R











DSCF6650_RDSCF6641_RDSCF6673_R

富士山/冬の桜

今日から相当に冷えるようで、雪はどうなるかと気になるところ。
北海道の気温は最高でもマイナスと、こちらでは想像できない。

1〜4枚目、最近の我が家から見える富士山。日没後が美しい。
5〜8枚目は昨日の横浜イングリッシュガーデンの冬桜「エレガント・ミユキ」。
12月22日に載せた時は葉っぱがついていたけれど、昨日はすっかり葉はなくなり、花のみ。
最後から2枚目はボケているけれど、全体の花の咲き具合がわかるかと。
富士山を載せたので、富士に桜かと、冬の桜も載せてみた。
DSCF6639_RDSCF6646_R







DSCF6648_RDSCF6647_R







DSCF6786_RDSCF6785_RDSCF6787_RDSCF6788_R

安斉重夫氏 鉄の彫刻展 2

安斉重夫氏の鉄の作品はやさしい。
大地と空と空気、そこに住む穏やかな人々が描かれている。
今回、自転車の作品が多いのは、フィンランドで多くの人が自転車に乗っていたからとか。
1枚目と8枚目は時計。9枚目は8枚目の部分アップ。実に精密に音楽を奏でる人物が表現されている。
最後の写真は、忙しくて間に合わなかったペンダントの紐付けをギャラリーでされている安斉氏。
会場の照明の位置によって、色が様々になってしまった。
2枚目の「風船の旅」は、ギャラリーの外に展示されている。
DSCF6684_R















DSCF6732_RDSCF6687_R







DSCF6678_RDSCF6683_R







DSCF6680_RDSCF6675_R







DSCF6677_RDSCF6676_R







DSCF6724_RDSCF6690_R

安斉重夫氏 鉄の彫刻展

昨日の鉄の彫刻展、賑わっていた。
姉と甥と私と先に行き、後で静岡、愛知から3人やって来た。
展示場で1時間以上、フィンランド組は安斉氏と話が弾んでいた。
去年、フィンランドの会場で初めて作品と出会って感動した人達なので、話も弾むはず。
ひとりは日本でも目にしたことがあり、その時から心惹かれていたとのことで、フィンランドで気に入った作品が、今回展示されていなかったので、これから作ってもらうことにして注文していた。
奥様は急の用事で来られなくなったとのことで残念。いらっしゃる日に時間があれば、また行くことに。
今日は時間がなく、作品はこれだけにして、また明日にでも。
鉄なのに、実に緻密。
DSCF6681_RDSCF6682_RDSCF6679_R







DSCF6689_RDSCF6685_R

横浜イングリッシュガーデン 純白の薔薇

今日から12日まで京橋で、知り合いの安斉重夫氏の「鉄の彫刻展」。
福島にお住まいの奥様とは朝日新聞の「声」欄で知り合った。
庭の朝顔を観察しながら、何時頃から咲いているのだろうと疑問を持たれたものだった。
私はすぐさま新聞社経由で、「日没から10時間後」と伝え、それから手紙のやり取りが始まった。
今はここの日没は17時頃なので、朝顔は夜中の3時頃から開く! 真夏の日没が19時頃の頃は、朝方5時頃となる。不思議、不思議で、本当に面白い。
都内での重夫氏の個展でご夫婦に会ったりして、すっかり友達に。3.11の時は被害を受け、千葉に避難されていた。
今、リビングで咲いている朝顔は、奥様から何年も前に戴いた「命の朝顔」の種から始まっている。
去年の9月はフィンランドで重夫氏の個展。この時、姉と3人の友達もちょうどフィンランド旅行だったので、現地での個展の紹介をしておいた。この個展で4人とも会場に行き、作品に感動したようで、何と全員が今日、やってくる。愛知からふたり。静岡からふたり。
鉄というと硬いイメージだけれど、薄くて軽く、私はプレゼントされた猫のペンダントを使っている。
作品は宮沢賢治の世界が多い。今回はフィンランドの景色が多いのか「北欧からの便り」となっている。
中央区京橋2−8−5 京橋富士ビル1階「ギャラリー び〜た」
     電話 03−3561−5050
2/6(水)〜2/12(火)11時〜18時(最終日16時まで)入場無料

昨日は深紅の薔薇だったので、今日は純白の薔薇も。
これもひと月ほど前のものになってしまったけれど、花が多いときは載せきれず、後でと思っていて残ってしまう。
DSCF5623_R















DSCF6289_RDSCF6295_R

横浜イングリッシュガーデン 深紅の薔薇/我が家のミニパイナップル

昨日、ここは20度越え。沖縄は28度近かったよう。それなのに、北海道の最高温度はマイナスだった。
北陸は春一番が吹いた。この複雑な天気、気象予報士も大変だろう。

昨日の風景が淋しかったので、1〜3枚目、載せきれなかったひと月ほど前の深紅の薔薇などを。
4〜6枚目、我が家ではふたつめのミニパイップルが出てきたのを発見。予想では、これからいくつか出てきてくれそうな気がする。
まだまだパイナップルの形としては未熟。4枚目、1週間前。6枚目は昨日のもの。
DSCF6310_R















DSCF6371_RDSCF6293_R







DSCF6643_RDSCF6642_RDSCF6654_R

横浜イングリッシュガーデン ヒメリンゴ、柏葉紫陽花紅葉

今日は立春で、こちらは暖かい。日中、19度まで上がる予報。春に近づいていくのが嬉しい。
来月は3月……。と思っているだけで、少しは心も軽くなる。
「マイナス温度の地域の人達、ごめんなさい」と言いたくなってしまう。

1枚目、冬空と姫林檎。
2枚目、紅葉している柏葉紫陽花(カシワバアジサイ)。
DSCF6596_RDSCF6616_R

横浜イングリッシュガーデン  アネモネ、クリスマスローズ、アネモネ

明日は立春。暖かい。
昨日も日が差すと、暖房なしで室内は21度になった。
いつも書くけれど、この季節、雪掻きをしなければならないほど雪深い土地に住んでいる人達が気の毒でならない。

イングリッシュガーデンで1枚目、クリスマスローズ(レンテンローズ)や、2枚目、目に痛いほど鮮やかなアネモネ。
DSCF6587_RDSCF6584_R

横浜イングリッシュガーデン グレビレア・ロスマリニフォリア、マンサク、スイセン

1枚目、奇妙な形のグレビレア・ロスマリニフォリアが、ちらほら咲き始めた。2枚目、つぼみ。
3枚目、枯れ葉を載せたのではなく、アップにするとやっとわかるような紅いものがあり、満作(マンサク)の花が咲き始めているのを発見。赤花満作と書こうしたけれど、一応調べてみたら、ハマメリス・インターメディア カーマイン・レッドに行きつき、これではないかと。この木は近づけないところにあり、名札があるのかどうかもわからず、次に行ったときに、また調べてみたい。
4枚目、寒気が似合う水仙。
明日から暖かく、東京など4日は18度になると言っている。桜の季節どころか、散る頃の気温。おかしな気候が続く。雪掻きをしなければならない地域の人達もいるというのに、ここは暮らしやすい。
DSCF6636_RDSCF6637_R











DSCF6634_RDSCF6612_R

横浜イングリッシュガーデン 真冬の薔薇

今日から2月。1年でいちばん寒い月の気がする。それでも来月は春3月。
今日の薔薇は10日前のもの。薔薇といえば5月だろうか。しかし、初夏の薔薇の後は秋薔薇があり、こうして真冬にも咲く薔薇も。薔薇も1年中だ。
我が家の朝顔は1本なのに、昨日は4輪も咲いてびっくり。ついに書斎に暖房を入れたほど寒かったのに。
リビングで朝顔やシクラメンが咲き、ミニパイナップルの実も育っていて、ほんわか幸せな気分。
DSCF6581_RDSCF6624_RDSCF6582_R
Profile
      わたしです

日本ペンクラブ会員
日本文芸家協会会員
日本文芸家クラブ理事
サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Archives
Categories