「藍川京」の部屋

女流作家「藍川京」の日記と、作品を紹介するブログです

2017年02月

夕焼け

DSCF5695_RDSCF5709_R1枚目、ベランダからの夕焼け。黒と赤の対比。毎日眺めてしまう夕暮れ景色。
2枚目は1週間前の富士山。日の入りが限りなく富士山に近づいてきた。
今頃、富士山を通過して、もっと東になっているかもしれない。
今夜、長崎より福岡を経由して帰宅予定。今日で2月も終わり。

キューバオレガノ

ほんの1センチばかり摘んだキューバオレガノひとつを、ある会場で講演していた方に、そこに展示してあったものから戴いて、もう何年になるだろう。3〜4年だろうか。
それをまずは水栽培。根が出て来たところで土に植え、2〜3センチになると上を摘んで横に植え……と、繰り返して、今ではこんなに立派になった。実は、もう1鉢ある。入りきれなくてひと鉢増えた。
そっと触れればかぐわしい香りが漂う。アロマテラピーに使われるくらいなので癒される香り。
パイナップル同様、これも忍耐強く育てたなあと満足。ただ、油断しないようにしなければ。
九州4日目。
今日はどこに行こうか。
DSCF5696_R

浦島草の実

ベランダで育った去年の浦島草の実。ちょっといびつになってしまったけれど。
今年の雌株は何本だろう。すでに1本、芽を出している。
どんどん鉢を大きくしているけれど、増えるばかり。

さて、今日の雲仙、どこをまわることになるだろう。
DSCF5515_RDSCF5519_R

多肉植物 麗虹玉

今日は福岡の久留米から佐賀の武雄に。さらに長崎の雲仙へ移動予定。

リトープスの麗虹玉(れいこうぎょく)。
去年5月にに買ってきたもの。今月、子供が現れた。成長が楽しみ。多肉植物は面白い。はまってしまいそう。
大きい写真でわかるだろうか。手前の子供の奥から、もうひとつ、出てきそう。
DSCF5700_RDSCF5688_RDSCF5689_RDSCF5685_R

ミニパイナップル成長中

今日から九州。割と最近、決めたこと。
まずは、20代の時に同人誌で知り合った長年の友達と久留米で会うことに。
あれこれまわって帰宅は28日の夜。
それまでブログは毎日、予約で掲載。コメントの返事は帰宅してからになります。
スマホもなく、まだケイタイを使っている私。パソコンも置いていくつもり。。私のような昔の人間は、今時の人たちのようにリアルタイムでブログに写真も載せられない。時代の変化が速すぎて、なかなかついていけない。歳の近い友人達とは手紙のやり取りだし、ゆっくりと。
「そんなに急いでどこに行く」というのは、いつのコマーシャルだっただろう。
帰宅後のパイナップルの成長が楽しみ。今はこれくらいに。まだ小指の先ほど。これから大きくなると花も咲く。
DSCF5702_R

ソテツの実

昨夜からの嵐は春三番だろうか。22時頃には酷い音がしていた。
いつものことながら、雨戸が吹き飛ぶのではないかという恐怖に晒されるので、またガムテープでガラス窓と網戸を貼り付けた。だいぶ音がましになる。貼っても貼っても、だいぶ剥がれてしまうけれど、しないより100倍はまし。恐怖も少しだけとはいえ薄れる。何とかならないものかと、年に何回も思う。
50階60階などに住んでいる人はどうだろう。これ以上、上の階には住みたくないもの。東京は10階。千葉は17階。ここは24階。偶然、7階ずつ上階になってきたので、次は31階と冗談で言っていたけれど、とんてもない。
朝になった現在も春の嵐の最中。
DSCF5522_R横浜イングリッシュガーデン手前の住宅展示場で蘇鉄(ソテツ)。
今は朱い実がたくさん生っていて、鹿児島に住んでいた頃のことを思い出した。
父の転勤で小学4年生の時に引っ越して、まず最初に飛びついたのは、この蘇鉄の実で作った5個入りのストラップのお土産。描いてあった顔は人だったか猿だったか。
2〜3年前に鹿児島に行った時、鹿児島中央駅や桜島のお土産売り場で探したけれどなく、かえって驚いた。ネットで探してみても、見当たらない。1個入りの猿のストラップはあったけれど、それとは絵もまったくちがう。今の時代、素朴なそれを欲しいという人はいなくなったのだろうか。またも時代の変化を感じてしまった。
DSCF5520_R

ビオラ

横浜イングリッシュガーデンで、黒い葉のジャノヒゲの間に咲いていたパンジー。色々な色があるけれど、このパンジーの色合いは落ち着いていて好き。シックなドレスの色合いにどうだろう。
パンジーとビオラのちがいは大きさ。私には区別がつかない。
花の直径が8〜10僂らいの大きいのがパンジーで、直径2〜3僂らいのものはビオラとか。大きさで名前を変えないでほしい。その中間はどうなるのと言いたい。日本原産の山野草の1種がスミレらしいけれど、私はずいぶんと長い間、すべてひっくるめてスミレと言っていた。まあ、どうでもいいかと、勝手な結論になってしまう。
ガーデンには薔薇の花の根元などに、園内一杯、たくさんのビオラが咲いている。
DSCF5470_R

イチゴになった薔薇のつぼみ

鎌倉を載せたりしていたので、横浜イングリッシュガーデンの花が以前のものになってしまった。
冬の時期、入園者も少ないせいか、その時、消毒などもされていて、1枚目、薔薇のつぼみが消毒液でこんなになっていた。
イチゴみたい! と思って撮ってみた。
春にはたくさんの薔薇の花が咲くガーデンなので、消毒も念入りだろう。
このあと雨も降り、今は綺麗になっているはず。
昨日の春の嵐は、リビングの大きな窓ガラスが吹き飛んでしまうのではないかと思うほどで、またも恐怖だった。
神経が耐えられなくなる。二重窓にしたら、少しはましだっただろうか。
DSCF5561_RDSCF5530_R

クリスマスローズ

昨日のクリスマスローズとは違うけれど、同じ日の横浜イングリッシュガーデンで。
昨日は午後からフィギュアスケート四大陸選手権の男子が気になり、仕事をしながら、ネットで順位を確かめていた。
羽生君、巻き返しならず惜しくも2位。宇野君は3位。女子は三原舞依が1位だったし、日本勢、頑張った。
この歳になると、若い人に負けたくないではなく、若い人達の力は凄いなと素直に感じられる。
DSCF5568_R

巨大なクリスマスローズ

DSCF5542_RDSCF5543_R横浜イングリッシュガーデンで、クリスロマスローズ。アゥグチフォリウスだろうか。
1月26日に、まだつぼみの時のものを載せている。
日本ではクリスマスローズもレンテンローズも、すべてひっくるめてクリスマスローズと呼んでいる。今時咲くのはレンテンローズだろうけれど、私もそれほど詳しいわけではなく、クリスマスローズで統一。
我が家のクリスマスローズは元旦から咲いたのに、次が咲かない。黒い色の花も楽しみにしているのに。
DSCF5541_R

クレマチス・ウンナエンシス

昨日は春一番。名前はいいけれど、恐怖の風。高層ビルの風は生きた心地もしない。ストレスの塊になる。眺めはいいものの、強風のたびに引っ越したくなるのはいつものこと。
DSCF5534_RDSCF5531_RDSCF5485_R横浜イングリッシュガーデンの、この真っ白い冬のクレマチス・ウンナエンシス(ユンナンエンシスとも)は気に入っているので、前回載せた後に行った時のものを今日も。
2週間以上前のものになってしまった。
DSCF5532_R

鎌倉 大巧寺の椿と寒咲き菖蒲

今日はずいぶんと気温も上がるよう。そして、また下がり、繰り返しながら本当の春に近づいていく。
そして、外は嵐。おそらく、春一番だろう。
DSCF5655_RDSCF5654_RDSCF5659_R上段2枚目、11日には長谷寺の手前にある宿、對僊閣(たいせんかく)脇に咲いていたものを載せたけれど、これは大巧寺で咲いている寒咲き菖蒲(カンザキアヤメ)。
3枚目の白い椿は師人(モロビト)。
4枚目、椿とは思えないような荒獅子(アラジシ)。好きな椿のひとつ。
DSCF5658_R

「滾り」発売/大巧寺 氷室雪月花

DSCF5684_R今日、発売予定の双葉文庫、5人でのアンソロジー「滾り」。
私は原稿70枚ほどの<雪の肌>を掲載。

下は鎌倉駅前の大巧寺(だいぎょうじ)山門前の椿、氷室雪月花。
元旦の時よりたくさん咲いていた。
DSCF5653_R

ミニパイナップルの果実、成長中

嬉しい嬉しいミニパイナップルの実がリビングで成長中。
2009年春に友達が沖縄土産に、観賞用の可愛いふたつを送ってくれた。じっくり観賞した後、実をほんの少し残して葉と切り離して植えた。植えるのは葉のついている方。
根付いたものの、それから待つこと4年目の2013年5月に、やっとパイナップルが生った。2013年4月28日に今日のような写真を、5月17日と23日にはパイナップルの形に成長したところを載せている。
ふたつ生ったので、ひとつは友達にお返しした。そして、残りひとつを新たに植え、3本になった。
それから待つこと、また4年。
パイナップルは4年に1度しか生らないはずはないだろうし、栄養が悪かったのか、鉢が小さすぎたのか。ともかく、来月初めには立派に成長してくれているのでは。その時はまたプログに。
私は植物に対しては辛抱強い。捨てない、諦めない(笑)。次は2021年に生るのだろうか……。
パイナップルを送ってくれた友達も驚いている。
1月末、1枚目を見た時、中心からの葉の出方が違うので、実ができると確信した。後は昨日までのもの。
DSCF5666_RDSCF5677_RDSCF5691_RDSCF5692_R

鎌倉 光則寺の冬

DSCF5643_RDSCF5631_R鎌倉、光則寺で紅い枝の裸の木を見て、その色から単純に珊瑚水木かと思ったけれど、どうも違うのではないかと。次は気をつけて見てこよう。
2枚目、この蝋梅は、今は盛りを過ぎているだろう。
3枚目、ほころび始めていた三椏(ミツマタ)も、今はもっと黄色くなっているだろう。
4枚目、竹林と水仙。この水仙近くの錦魚葉椿の開花は、まだまだ先のようだった。
DSCF5639_RDSCF5632_R

鎌倉 光則寺の椿

DSCF5637_RDSCF5630_R鎌倉の花の寺、光則寺の椿。
他にも咲いていたけれど、あまりよく写っていなかったので4種類だけを。
これからはあちこちの椿が楽しみになる。
例年にない大雪で苦労している人たち、雪掻きが大変そうで、特に高齢の人たちが気の毒。
雪の重みで鳥取港の漁船は10隻以上沈没しているそうで、雪の重みの恐さがわかる。
DSCF5635_RDSCF5634_R

鎌倉 光則寺門前

DSCF5629_R1枚目は10日ほど前の鎌倉、光則寺門前の素心蝋梅。
まったくピントが合っていないのは愛嬌ということで、こんなに盛りの時だったということで(笑)。
2枚目は今まで気づかなかったけれど、光則寺参道の老木に、種類の違う藪椿の花が1輪咲いていて驚いた。
鳥がお土産に置いていったものから芽が出たのだろう。花まで咲いているのは凄いと、四方八方から眺めてしまった。自然はよく面白いものを見せてくれる。
藪椿の他にも細長い葉の軒忍(ノキシノブ)という羊歯(シダ)がたくさん着生しているのがわかる。軒がなくても忍べるという意味とか、土がなくても耐えるのでこの名前がついたらしい。古い民家の屋根などにも生えている。
DSCF5627_R

カンザキアヤメ

また鎌倉に戻って、1〜3月に咲く冬の花、背の低い寒咲き菖蒲(カンザキアヤメ)。
これは長谷寺の少し手前にある古い宿「對僊閣(たいせんかく)」の右脇に咲いていたもの。
毎回、この道を通る時、今は何が咲いているだろうと楽しみにしている。寒咲き菖蒲も毎年の楽しみ。
對僊閣には、かつて与謝野晶子が泊まったり、島崎藤村の奥様が泊まったりしていたところ。
高浜虚子は近くに住んでいたので、對僊閣でホトトギスの会をやっていたこともあるとか。
1度泊まってみたいとは思いつつ、近いので日帰りになってしまう。
昨日は、ここも雪がだいぶ舞ったので積もるのかとも思ったけれど、積もることなく、いつの間にか止んでしまった。そして、今朝はお日様が照っている。
各地の大雪が心配。九州もだいぶ積もるようで。
DSCF5625_R

スノードロップ

鎌倉は後にして、今日も10日ほど前の横浜イングリッシュガーデン。今はスノードロップも見頃だろうと。
本当に可愛い花だ。枯れ葉の中から顔を出している。
通り過ぎずに、みんなに気づいてほしい冬の花。
1月21日に写したスノードロップを、翌22日に載せたけれど、それから8日後のスノードロップが今日のもの。ずいぶんたくさん顔を出していた。
昨日から冷えていて、また大雪になっているところが多い。2月は1年でいちばん寒い時期。寒いのも暑いのも苦手になってきたけれど、四季があるからこそ日本は美しい。
DSCF5525_RDSCF5526_R

ミモザ満開近し

DSCF5536_R2月2日のブログに載せた紅白梅の向こうに写っていたミモザ。
近くで写すとこんなに咲いていた。
ミモザが咲き始めているのを知って最初に載せたのは1月23日。
青空に向かって咲いていたこれは、1月29日のもの。1週間も経たないうちに、花はこれほど変化する。
鎌倉の花を引き続き載せたいけれど、このミモザは満開になっているだろうし、気になるので載せてみた。
DSCF5539_RDSCF5537_R
Profile
      わたしです

日本ペンクラブ会員
日本文芸家協会会員
日本文芸家クラブ理事
サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Archives
Categories