「藍川京」の部屋

女流作家「藍川京」の日記と、作品を紹介するブログです

2006年06月

これから着物を

d67f0ae1.jpg6時から都内のホテルで文芸家クラブの懇親会。
これから髪をアップにして着物を着て準備。
月曜、出版社との待ち合わせの店に行くとき、迷子になって歩いていたとき、文芸家クラブ理事長の志茂田景樹と遭遇。
「おっ」「では金曜日に」
という短い会話で終わったけれど、志茂田氏はいつもの短パンスタイルだった。

グリーンの着物にしようと思ったけれど、単衣なのに暑苦しい気がして、急遽、桜色の着物にし、帯は黒にした。
黒地に白い縦の線が一本入っているだけで気に入っている粋なもの。
京都の渡文の帯なので軽くて締めやすい。
夜になって雨が降らないといいけれど。

毎日寝ても寝ても怠くて、目が覚めても、さっと起きあがれないのが難点。
今から夏バテじゃ困るなあ。

マンションの庭

cdc40294.jpgいつかも同じところを載せけれど、少し後日のもの。
今はラベンダーの盛り。

デジカメはまだ

ee886168.jpgデジカメの容量(?)は、某編集者にデジカメ本体でで小さくしてもらったものの、少しだけ画質が落ちるらしい。
助っ人が専用ソフトを買ってきて、パソコンに取り込むときの画像を小さくし、画質を落とさないままにしてやると言うので、まだ時間待ち。
早くデジカメ写真を載せられるようにならないと、修理に出しているカメラも戻ってきていないし、お手上げになる。
以前の写真ならいくらでもあるけれど。

今日の写真は5月に近くを歩いていて見つけたもの。
こういう鉢植えの花が飾ってあると嬉しくなる。

蒸し暑いせいか、どうも集中力がない。
昨日は「週刊大衆」連載の2週間分を出したのみ。
長編はなかなか進まない。
まったくむかしのスピードや集中力はどこに行ったのだろう。

睡蓮木(すいれんぼく)

1b8e1ab3.jpgこの睡蓮木、名前も気に入ったし、花の写真も可憐で気に入った。
けれど目が悪いので実とつぼみとまちがい、もうすぐ咲くと喜んで5月に買ってきたものの、数日して、これはつぼみではなく実じゃないかと気づいた。
実に実に、実に間抜けでアル。
秋まで咲くので、次の花を楽しみにしている。
枝が伸びてきたと思ったら蔓性で、今はベランダの洗濯竿に巻きつき始めている。
これは実に意外だった。

今、仕事は、熱い時間を書いている真っ最中。
ただでさえ蒸し暑いのに、ますます暑くなる。
「熱くなる」と書いたほうがいいか……。

楽しい夜

1bb3170c.jpg昨夜はT書店のK氏や、日刊スポーツのH氏、Y氏達と楽しい銀座の夜だった。
いつもながら、ここには書けないような中身の濃い話が続き(いやらしいというだけ)、最終の零時半の電車だった。
こちら方面のY氏に送ってもらったけれど、電車で送るのは初めてと言われ、立ち席で30分乗って戻ってきた。
タクシーに乗ってみようかとも思ったけれど、パニック障害が出ると危険なので。
横浜駅から歩いてマンションの前まで送ってくれ、午前1時過ぎの帰宅になった。
とても楽しかった。

話は戻って、この日、新橋に近い銀座の店の前での待ち合わせだったけれど、ちょっと時間が早かったので有楽町で降りて銀座を歩いてみようと思った(新宿に用があったので、そちらから向かった)。
ところが、何度歩いたかわからない銀座なのに、まず、有楽町のどちらが銀座方面かわからなくなり、ちがう方向に歩き出し、引き返し……という具合で、30分以上さんざん歩くことになり、2〜3分遅れて到着。
迷子になってばかりで、本当に呆れる。
自分で呆れてど〜すると言いたいけれど。

男性諸氏は2軒目のクラブで、女性達の深い胸の谷間が気になっていたよう。
なかなか迫力ある谷間だった。

10月1日から3月末まで、土日なしの新聞連載開始。
調子よく受けるものの、どこの連載も始まる直前になると、うわ、大変だ、と慌ててしまい、こんなはずじゃなかったと思う。
まずは、今連載中の9月まで続く「週刊大衆」を書き終えなければ。
もうひとつ、秋からの月イチの連載をと知り合いから頼まれているけれど、それはどうなるのか。死んだ振りをしようかと思ったり。

さて、今日も頑張ろう(今日は……だったりして)。
写真は、昨日と同じ花。
蜜を集めていた蜂がいた。

雨の外出

ca853432.jpg秋から日刊スポーツの連載が始まる予定なので、銀座で打ち合わせと食事。
連載後発売予定のT書店の方もいっしょ。
6月の着物は単衣なので、塩沢紬にした。
雨の日用の草履と和傘と雨コートも用意しないといけない。
いつも雨コートの粋なのを作りたいと思うのに、ついつい忘れてしまう。
長年使っているものに。

デジカメの写真を今のまま使っては、このブログの容量が足りなくなってしまうと言われ、やむなく、またカメラからの写真を。
マンションの花。
この花も終わってしまったけれど、花が咲く前の白い葉だけのときが、雪景色のようできれいだった。

昨夜は眠いのと頭痛で、薬を飲んで早めに横になったのに、眠られず、頭痛も治ってきたので2時間ばかり起きて仕事とメール。
2時にまた横になったのに今朝の4時まで眠れずに参った。
寝る前に呑んだコーヒーのせいだと思う。
今夜の食事、大丈夫か……?

ブログの写真失敗ですと……

873183d0.jpgブログの写真は成功したと喜んでいたのに、クリックしたら大きくなりすぎて、それではブログの分量が足りなくなるのでダメですと。
写真をクリックしたとき、もっと小さくなるようになんて、私の力ではダメ。
というわけで、助っ人に複雑な(?)操作をやってもらわないと無理。
いつになるやら。
横浜駅近くの未央柳も写しているし、今食べているトウモロコシも写しているし、京都で咲きはじめていた桔梗なども写しているのに、ここに載せるのは試験の2枚でやめておかないと。
がっくり。

というわけで、この写真は、いつものカメラからのもの。
マンションの庭に咲いていた最後の薔薇。
白と赤のコントラストが気に入っている。

仕事はゆっくりとしか進まない。
横になっているといくらでも眠れる状況。
延々と眠れるから不思議。
今朝は6時に目が覚め、また目を閉じて目覚めると1時間ばかり経っていて、その繰り返しで、ついに11時半になった!
まだ眠れるけど起きてきた。
どうなってるんだろう……?

おお、成功!

cde49d3c.jpgどうやら成功。
下の写真をアップにすると、池の睡蓮もたくさん写っているのがわかる。
勧修寺(かじゅうじ)の菖蒲と睡蓮と池、たくさん写した。
デジカメ掲載が上手くいってホッとしたところで、いちおう休んで、また朝になってから動こう。
しかし、下の写真、ややピンボケだ。

デジカメ初公開試験

00282506.jpg16日、京都の勧修寺(かじゅうじ)の花菖蒲。
デジカメをパソコンに繋いでいじっていたら、簡単に画像を移せた。
なァんだ、こんなに簡単とは。
で、試験的に1枚載せて見ることにした。
これが成功したら、これから楽になる。

集中力無し

617faca9.jpg6日、北鎌倉東慶寺で柏葉紫陽花(かしわばあじさい)。
まだ咲き始めだったので、今ごろ、重いほどの白い花を咲かせているだろう。

集中力無し。
「集中力がなくなり、モノカキをやめました」と言わないといけなくなりそうで、何とか書かないとと思うのだけれど。
竹書房からアンソロジーの「奥様の秘蜜」が届いたけれどバカに分厚い。
私は確か30枚だけ書いている。

※ これより前のブログをお読みになりたい方は、 「Comments」をクリックすると「前の記事」というのが出ます。そこをクリックし下さい。そうやって辿っていくと、すべて読めます。

野菊

066fe93a.jpg東慶寺を出ると、寺か民家のものかわからないけれど、可愛い野菊がたくさん咲いていた。

サッカー残念

83d95a1f.jpg写真は横浜駅駅西口のアカンサス。ハアザミとも。
3日のものだが、今はもっと咲いている。
しかし、大きい。1〜2メートルにもなる。

朝の4時からサッカーを見た。
ブラジルから先制点をとったときは、おおっ! と思ったけれど、前半終了間際で1点入れられてから、全員ガックリとなった気がした。
それさえ入れられていなければ……。
しかし、凄いエネルギーのいる運動。よく頑張ったと思う。

スッキリしない天気。
私の仕事もなかなか進まない。
これでいいのかと思ったりもするけれど。

鏡を見ていて髪が長くなったなあと思い、鋏を持ってきていきなり20センチも切ってしまった。
一瞬、ひゃ〜、どうしようと思ったけれど。
床屋とか美容院とか大嫌いだから、伸びすぎると、ついつい自分で切ってしまう。
不揃いだ〜。
困った。
ま、いいか……。

一体何?

11ad9af1.jpg相鉄線で見つけた紫露草の間に合った植物。
小判のようで面白いので写真に撮ったけれど、名前はわからない。
これは実で、その前に花があったのか???
5月末から今月初めにかけて。

上と同じもの

2c9c2142.jpg上の撮影日より数日早いもので、青みが濃い。
一体何だ……。

おお、トウモロコシ

43fcdc77.jpg写真は6月4日の鎌倉の大巧寺(だいぎょうじ)のバイカウツギ。
てんとう虫がいたので、思わずパチリ。
でも、ややピンボケか?
大巧寺の花はいつも10種類どころか、20〜30種は咲いているのでは。
よく気をつけて見ると、ここにもあそこにも……となり、ワクワクする。

それにしても、昨日も買い物帰りに、近所の花や草に思わず足が止まり、10枚は写してしまった。
早くデジカメで写したものをブログに載せたいけれど、まだ勉強する時間がない。
修理に出しているカメラも1万円で直るとのことで頼んでいる。
やっぱり慣れたものが安心。

たまった10日分の新聞を零時頃から読み出したら朝の4時になってしまった。
で、昼前に起きたら、ちょうどいいところに宅急便。
東スポのエッセイの挿絵でだいぶお世話になった沢登みよじ女史から、取り立てのトウモロコシを箱で。
山梨からなので、彼女の実家の近くの農家のものだろう。
でっかいのを12本も食べられないぞと、すぐにふたりの子供がいる隣に6本お裾分け。
それから、皮を剥いてサランラップに巻いてレンジでチン。
ラップに巻くとき、トウモロコシを水で濡らしておくこと。
4分で出来上がり。これが一番簡単な食べ方。
小中学生が選んだ美味しいベスト1と書いてあったが、本当に甘くて美味しかった。1本、すぐに平らげた。
で、お腹に入ったところで、これから礼状。
元気になってきたなあ。
さあ、仕事するぞ!

ニッコウキスゲ?

7af7bc13.jpg6月4日、終わりかけていた鎌倉大巧寺(だいぎょうじ)の花。
ニッコウキスゲに似ているけれど。
これまた似た種類が多くて、名前が書いてないものは自信がない。

気を取り直してやらないと

f3202ccb.jpg写真は6日、北鎌倉東慶寺のシモツケ。
この日、東慶寺ではどれだけの花を見たやら。
まだ載せていないものもあり。
ここや鎌倉駅のすぐ近くの大巧寺では、一度にいろんな花を見られる。
それが楽しくてならない。
興味がない人には何もないように見えるのかもしれないけれど、興味があると、人が見ていないものも見える。

カード盗難から立ち直ったと思っていたのに、電話が掛かってきたり文書が届いたりで、JCBも博多に発った13日から使われていたとわかり、がっくり。
電話したときは15、16日と言われたけれど。
こちらは大阪で夜から使われている。
夜からということは、やはり、その日の日中に盗られた可能性大。
片や伊勢丹カードは新宿で使われているらしいし、二手に分かれて使うということは、数人の常習犯。
新幹線の、特にグリーン車の盗難が増えているという。
いやな世の中になったものだ。
人のものを盗む時間があるなら、汗水流して働けと言いたい。
働きたくない怠け者なのだろうけれど、それで一生暮らしていけると思っているのだろうか。その人達の脳味噌の作りがわからない。

グリーン車の同じ車両に別々の席を取って他人の顔をして座り、獲物を狙っているのだろう。
現金も盗らない、カードも8枚のうち2枚しか抜かない。
発覚を遅らせるために考え抜いている。
保険が下りるとはいえ、悪人には天罰下るべしと念じている。

気を取り直して仕事しないとなあ。
でも、どうしても集中できない。
1昨日は連載を2回分出し、昨日は今月末締切の55枚の短編を出したので、少しホッとしているけれど。

ユキノシタ

be7e79a6.jpg6日、北鎌倉の東慶寺。
ユキノシタも咲きはじめていた。
もう2週間経つ。
今ごろは鎌倉の花々も、またようすを変えているだろう。
ここの岩にびっしりと生えていたイワタバコの盛りを見たかったけれど、すでに遅いだろうか……。
6日は咲き始めだったので。

花と蜂

37a27a7b.jpg蜂といってもミツバチではないけれど、花に蜂や蝶がとまっていると、どうしても写したくなる。なかなかじっとしていてくれないのが難点。
我がマンションにいくつも置いてある大きな鉢植えの花。
洋風の花の名前は、特にわからない。
元々暗記力がないので、そうそうたくさんは覚えられない。

博多から戻ったらカード盗難でもゴタゴタしたけれど、手紙も山ほど来ていて忙しく、少しずつ返事している。
その合間に仕事……。
いや、仕事の合間に雑用……。
さてどちらか……。

デジカメの写真をブログに載せたいけれど、パソコンで見られるようになったのにファイルに取り込めない。というわけで載せられない。
覚えたら便利だろうけど、まだ無理だなあ。
早くマスターしたい。
さて、仕事も頑張るぞ(編集者も見ているのでこう書いておかないと・キャハハッ)。

近所の捨て猫

e6e459d8.jpgマンション周辺に何匹か捨て猫がいるが、なかなかお目にかかれない。
これは玄関近くにいたので、「ちょっと失礼して写させていただきます」と言うと、じっとしていてくれた。
今度はマンションの花をバックに写したい。
Profile
      わたしです

日本ペンクラブ会員
日本文芸家協会会員
日本文芸家クラブ理事
サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Archives
Categories