「藍川京」の部屋

女流作家「藍川京」の花日記と、作品を紹介するブログです

横浜イングリッシュガーデン レンテンローズ

ひな祭り。
田舎の広い家と違い、都会の小さなアパートやマンションでは雛壇を飾る場所もないだろう。男雛と女雛のみのところが多くなっているのかもしれない。

さまざまなレンテンローズがあちこちに咲いていて、探して歩くのも楽しみ。
もうじき桜の季節になるというのに、暖冬の後に寒さが訪れている。

DSC04651 (1)_RDSC04650_R









DSC04660_RDSC04668_R









DSC04659_RDSC04661_R









DSC04690_RDSC04689_R









DSC04649_RDSC04648_R









DSC04662_R

横浜イングリッシュガーデンの黄色い花 フクジュソウ、ラッパスイセン、マンサク

1〜4枚目、ついこないだまで土から顔を出したばかりだったと思っていた福寿草(フクジュソウ)も、こんなに大きくなってきた。
5枚目、満作(マンサク)。
6枚目、喇叭水仙(ラッパスイセン)。

DSC04683_RDSC04682_R









DSC04681_RDSC04680_R









DSC04684_RDSC04667_R

横浜イングリッシュガーデン イースターの飾り

早くも3月。いつも書いてしまうけれど、月日の経つのが早すぎる。
昨日から大谷翔平君の結婚の話題が凄い。有名な実力者というだけでなく、人格的にも優れていて、彼を知っている全世界の人達が祝福しているだろう。私も他人ながらやけに嬉しい。
そんな嬉しさとは別に、千葉を震源地とする地震が多くなり、今朝も震源地は震度4。ここも昨日より少し強めに揺れて、すぐに千葉だと思った。能登地震の流れに似ているので心配。

1〜4枚目、アーチの下の復活祭(イースター)の飾り。ウサギが可愛い。
5枚目から売店の花など。

DSC04692_RDSC04693_R









DSC04694_RDSC04691_R









DSC04695_RDSC04696_R









DSC04697_RDSC04698_R

大船フラワーセンター温室 

2月も早かった。今日で終わる。

1〜2枚目、いかにもブラジル原産と納得できるような火炎葛(カエンカズラ)。
3〜4枚目、くす玉のようなドンベア ワリッキー。かなり大きな花。
5〜6枚目の白い花は、やはりくす玉状のドンベア ティリアケア。
7〜9枚目、ピンクと白のブーゲンビリア。
10枚目、ハイビスカスの「花恋」。

DSC04614 (1)_RDSC04615_R









DSC04594_RDSC04595_R









DSC04603_RDSC04604_R









DSC04601_RDSC04606_R









DSC04605_RDSC04600_R

大船フラワーセンター温室 シクラメン、マンゴーの花、ハケヤセリケアなど

1〜2枚目、温室のシクラメンはたくさんあったけれど、初めて見るような色や形のものもあり、どんどん種類が増えていく。
3〜4枚目、粘液を出して、その粘着力で獲物を捕らえる食虫植物の虫取菫(ムシトリスミレ)。食虫植物には見えないけれど。
6〜7枚目、マンゴーの花が咲き始めていた。去年もちょうどこの頃に顔を出した気がする。
8〜11枚目、ハケヤセリケア。白く小さい花は可愛いのに、実はややグロテスク。

DSC04624_RDSC04623_R









DSC04625_RDSC04626_R









DSC04619_RDSC04618_RDSC04620_R









DSC04629_RDSC04630_R









DSC04628_RDSC04631_R

大船フラワーセンター ハンカチノキ、モミジバフウなど

昨日は午後3時過ぎにテレビを見ていたら、地震の緊急速報。何度聞いてもあの音には心臓がドキドキする。
四国が震源地と出て、ここまでは揺れないだろうと思った。震度4ということもわかり、それなら現地も大丈夫ではないかと。
いつどこに大きいのが来てもおかしくないので、緊急速報は恐い。

1枚目、ハンカチノキの実。横浜イングリッシュガーデンより少なめの実。
2枚目、撫子(ナデシコ)。
3枚目から、紅葉葉楓(モミジバフウ)。驚くほどたくさんの実が生っていたり、落ちていたり。

DSC04568_RDSC04567_R









DSC04576_R<DSC04577_R









DSC04575_R

大船フラワーセンター 芝生のあたり 目玉のついたカイヅカイブキ、スイセン

1枚目の芝生の貝塚息吹(カイヅカイブキ)の木には大きな目玉がつけてあり、子供達が喜びそう。
2枚目から水仙。水仙の季節。

DSC04632_RDSC04574_R









DSC04633_RDSC04553_R

大船フラワーセンター スズカケの実

1〜2枚目、台湾椿(タイワンツバキ)は盛りを過ぎつつある。
3〜4枚目、篠懸(スズカケ)の実。プラタナスとも。
木の実、花の種などには興味があるので、どうしても木の実を見ると写してしまう。

DSC04564_RDSC04563_R









DSC04572_RDSC04573_R

大船フラワーセンター ウメ

紅白梅や薄緑色の梅など、ここには約40種類もの梅が咲いている。
最近は梅より早咲きの桜の話題が多く取りあげられるようになっているけれど、この気温低下で、今日は桜の話題より梅の方がよさそう。

DSC04589_RDSC04581_R









DSC04587_RDSC04586_R









DSC04584_RDSC04583_R









DSC04579_RDSC04580_R

大船フラワーセンター ツバキ

天皇誕生日だけれど、今日は特に寒い1日になりそう。皇居の一般参賀に向かう人は冷えない服装にしてほしい。ここは今のところ、雨。
3連休の人達はどう過ごすのだろう。
1週間後は3月!

大船フラワーセンターの椿園では、早咲きの花は終わっているけれど、まだこれからの花はつぼみがいっぱい。
今咲いている椿は他にもあるけれど、ほんの一部。
1〜2枚目、紅いカーネーションのような赤腰蓑。
3枚目、春山茶花。4枚目、菊更紗。
5枚目の白い椿は「加茂川」。

DSC04548_RDSC04547_R









DSC04570 (1)_RDSC04543_R









DSC04537_RDSC04539_R

大船観音、大船フラワーセンター

JR大船駅が近づくと、車窓から大船観音寺の大船観音が見えてくる。いいお顔で、鎌倉に行く時は必ず眺めている。
この日は大船フラワーセンター行きだったので、大船で降り、西口から観音さまをパチリ。何回来ても必ず写してしまう。上品でなごやかで好きな顔。全長25メートルほど。丘の上に建つ半身像には癒される。
駅から大船フラワーセンターまでは15分ほど歩く。バスに乗るとぐるっと回っていくので、せっかちな私はさっさと歩く方がいい。この日は帰宅までに16000歩。
4枚目、フラワーセンターのエントランス広場。
5枚目、玉縄桜(タマナワザクラ)。
6枚目、蛇の目エリカ(ジャノメエリカ)が満開。
7〜8枚目、雲南黄梅(ウンナンオウバイ)。
9枚目、ビオラででウサギの絵。10枚目、菜の花。
この日は春の気温だった。

DSC04533_RDSC04534_R









DSC04535_RDSC04640_R









DSC04641_RDSC04638_R









DSC04636_RDSC04637_R









DSC04639_RDSC04536_R

横浜イングリッシュガーデン サルココッカ、ショカッサイ 

昨日は20度越えの晴天というので、ブラブラしてみようと思ったけれど、家を出て10分余りで、あまりの暑さに散歩の意欲をなくしてしまった。ジーンズ越しの日射しでも足が焼けるように暑くてびっくり。横浜は24度。群馬や千葉では25度越えも。唖然としてしまった。
今日からまた急激な気温の下降とか。体がもたない。

1〜2枚目、目立たない小さな花が咲くサルココッカ。けれど、その香りは強く、今だけの魅惑の香り。この花に気づかない人が多いのでもったいない。秋は紅い実が楽しめる。
3〜5枚目、諸葛菜(ショカッサイ)も咲き始めた。花大根を始め、紫花菜(ムラサキハナナ)、大紫羅欄花 (オオアラセイトウ)」 など、多くの名前がある。

DSC04665_RDSC04663_R









DSC04685_RDSC04669_R









DSC04670_R

横浜イングリッシュガーデン ローズ&グラスガーデン

1枚目、薔薇の時季には華やかなローズ&グラスガーデンも、今は淋しい。それでも薔薇の木の足元には2枚目のようにビオラが一杯。そして、河津桜満開のニュースもあちこちで。
ローズ&グラスガーデンでは、3〜6枚目、木の実で遊んでいる鳥がいた。
食べようとしているのではなく、追いかけたり、咥えてみたり、楽しそうに遊んでいるとしか思えず、しばらくこっそりと眺めていた。

DSC04522_RDSC04647_R









DSC04531_RDSC04530_R








DSC04532_RDSC04529_R

横浜イングリッシュガーデン ツバキ、バラ、ミツマタ  

この頃は悪事を働いて生活しようという悪人が増えて、本当に不愉快。詐欺メールも多い。昨日は、
『尊敬なお客様、
お世話になっております。当社はお客様のMasterCardカードに関する重大な問題を検知しました。お客様のカード利用に関して、緊急の認証が必要な不審な取引が発生しており、このままの状況でのカード利用は非常に危険です。
したがって、即座に以下の手続きを完了してください。』
と、1行目でわかるフィッシング詐欺。
日本人なら「尊敬なお客様」などという書き方はしない。これは1行目でわかる詐欺で見分け方は楽だけれど、日本語の文章がまともだったり、日本人の詐欺師も大勢いるわけで、昔と違い、毎日、神経を尖らせて生きなくてはならなくなり、何という時代だと嘆かわしい。

1〜2枚目、ガーデンのこの椿は大輪。まだ蕾の椿と、蜜を吸われている開花した椿。
3〜4枚目、花の少ない時季の薔薇は目を惹く。
5〜6枚目、ついに三椏(ミツマタ)も咲き始めた。嬉しい。

DSC04459_RDSC04645_R









DSC04470_RDSC04676_R









DSC04653_RDSC04654_R

横浜イングリッシュガーデン ウメ、鳥

1枚目の白梅のすぐ近くで、2枚目の桜のエレガンスみゆきも咲いている。
3〜4枚目、紅葉している柏葉紫陽花(カシワバアジサイ)の葉とベンチ。
そのあたりでかすかな音がして、眺めると5〜6枚目、鵯(ヒヨドリ)だろうか。鳥の名前はよくわからない。

DSC04519_RDSC04518_R









DSC04515_RDSC04513_R
DSC04520_RDSC04521_R

横浜イングリッシュガーデン ミモザ、スイセン、スノードロップ

1〜2枚目、ミモザ(アカシア)の黄色い花の季節になった。
ミモザのすぐ近くで、3枚目、水仙。
4枚目、スノードロップ。
5〜6枚目、喇叭水仙(ラッパスイセン)。

DSC04481_RDSC04479_R









DSC04503_RDSC04461_R









DSC04508_RDSC04507_R

横浜イングリッシュガーデン ロウバイ

昨日は呆れるほど早く春一番が吹いたけれど、1〜2枚目のガーデンはまだ冬景色のよう。
3〜5枚目、今もきれいな蝋梅(ロウバイ)。
6枚目の右奥、紅い枝の木は珊瑚水木(サンゴミズキ)だろうか。紅い色の枝がとてもきれい。
手前はピンク色の梅。

DSC04469_RDSC04468_R









DSC04471_RDSC04472_R









DSC04473_RDSC04502_R

横浜イングリッシュガーデン マンサク(パープル・シードリング)

昨日は春で、暖房なしで窓を開けていても日中、21度。夜が更けても20度だった。暖かいのは嬉しいけれど、地球温暖化で恐ろしい未来。

1〜2枚目の早咲き満作(ハヤザキマンサク)のパープル・シードリングは1月末にも載せたけれど、今年は例年より色が綺麗な気がする。
3枚目の淋しい冬景色の右奥にパープル・シードリングは咲いている。
セピア色のような満作のディアンは昨日載せたけれど、パープル・シードリングと、こんなにも色が違う。
そして、4枚目の御柳梅(ギョリュウバイ)、5枚目の木瓜(ボケ)も、今、ここに咲いている。

DSC04528_RDSC04526_R









DSC04524_R









DSC04527_RDSC04525_R

横浜イングリッシュガーデン マンサク(ディアン)

1〜3枚目、満作(マンサク)のディアンも満開。
日本の満作と中国の志那満作(シナマンサク)を交配させた園芸品種。
遠い昔を思わせるセピア色の写真のような色が何とも魅惑的。
4枚目、ディアンの近くで、似た色の柏(カシワ)の枯れ葉と薔薇の葉。

DSC04499_RDSC04500_R









DSC04501_RDSC04374_R

横浜イングリッシュガーデン レンテンローズ

1枚目、こんなにたくさんの薔薇が咲いている近くで、2枚目、大好きな緑色のレンテンローズのフェチダスが咲こうとしていた。
3枚目から次々と咲き始めたレンテンローズ。
咲き始めの花はいつも嬉しい。

DSC04464_RDSC04465_R









DSC04463_RDSC04462_R









DSC04466_RDSC04467_R

鎌倉 大船フラワーセンター セツブンソウ、スノードロップ

大船フラワーセンターに久し振りに行ってみた。
1〜2枚目、節分草が顔を出していて、これは嬉しかった。指先ほどしかないので、よく見ていかないと枯れ葉に紛れているので見逃してしまいそう。
3〜5枚目、黄花節分草(キバナセツブンソウ)も咲いていた。3枚目は枯れ葉の中から顔を出したばかりのつぼみ。とてもかわいい。
節分草の近くで、6枚目、スノードロップ。
大船フラワーセンターの続きは、また後日。

DSC04557_RDSC04555_R









DSC04560 (1)_RDSC04559_R









DSC04558 (1)_RDSC04561_R

横浜イングリッシュガーデン サクラとメジロ

河津桜(カワヅザクラ)だろうか。こんなに咲いている。多くのつぼみもあっという間にほころびそう。
目白(メジロ)が桜の蜜を吸いながら飛びまわっていた。
ここにはのどかな春の光景が広がっている。

DSC04492_RDSC04491_R









DSC04495_RDSC04490_R









DSC04489_RDSC04483_R









DSC04475_R

横浜イングリッシュガーデン 真っ赤なバラ、フクジュソウ

1枚目、1昨日の横浜イングリッシュガーデンの入口。やはり真っ赤な薔薇。
2枚目、ガゼボの手前にも真っ赤な薔薇。
5〜6枚目、福寿草(フクジュソウ)も咲き始めた。
それでも、全体的にはまだ淋しい景色。

DSC04458_RDSC04474_R









DSC04368_RDSC04371_R









DSC04497 (1)_RDSC04496_R








DSC04361_RDSC04367_R

横浜イングリッシュガーデン ウメ

昨日の横浜イングリッシュガーデンでは、白梅、紅梅と梅が満開だった。
入園者は少ない季節だけれど、一気に春が来て賑やかになってくるだろう。

DSC04510_RDSC04506_R









DSC04509_RDSC04505_R









DSC04504_RDSC04511_R

横浜イングリッシュガーデン 深紅の薔薇

真冬に目に鮮やかな、こんなにも紅い薔薇。
雪のあとはどうなっているだろう。
冬は花が少ないので、大きな温室がある植物園にも行きたくなる。

DSC04373_RDSC04381_R

初雪/ミニヤシ

1昨日は横浜も初雪。
1枚目、1昨日の正午過ぎ、こんなに降っていた。
2〜4枚目、昨日の朝の雪景色。線路は白い。
5〜6枚目、室内ではミニ椰子(ミニヤシ)の花が成長中。花と言っても小さな実のようだけれど。

DSC04443_RDSC04455_R









DSC04454_RDSC04456_R









DSC04451_RDSC04450_R

横浜イングリッシュガーデン スイセン、ボケなど 

昨日正午前から、ついに横浜にも雪。
雪で大変な人達には申し訳ないけれど、初雪は嬉しい。ただ、外に出て歩くのは恐いのでおとなしくしていなければ。

1枚目、水仙。2枚目、木瓜(ボケ)。
3〜4枚目、名前がわからず、カラーリーフということで。
緑の様々な葉にはとても魅せられるので、つい撮ってしまう。花がなくてもいい。

DSC04389_RDSC04409_R









DSC04372_RDSC04408_R

横浜イングリッシュガーデン バラ

今日はこちらも霙や雪マーク。初雪になるのかどうか。
1枚目、1月下旬のきれいな薔薇と、2枚目、何の木か、目に留まった紅葉。

DSC04369_RDSC04400_R

(今日のその2)水天宮の節分

昨日は何と5年ぶりくらいに人形町の整体に行った。この5年間で東京に出たのは昨日を入れて2回。去年秋、練馬の牧野富太郎氏の記念植物園と昨日の人形町。すっかり出不精になっている。
帰りは乗り換えの電車を間違って西馬込に行ってしまい、そこから泉岳寺まで戻り、やっと横浜に着いた。昔から方向音痴で反対行きの電車に乗るのは初めてではなく、外出もままならなくなるなあなどと、参ってしまった。東京の電車はややこしすぎる。
整体院の目と鼻の先が水天宮。昨日は節分で、タレントが来て豆まきをしていると先生に聞き、帰りに参拝して帰るつもりだったので寄ると、5時近くなっていたので、やっと抽選入場や行列がなくなったところらしく、スムーズに入れた。
豆まきの最中。けれど、豆まきの特別ゲストに、荒牧慶彦、玉城裕規、梅津瑞樹氏とあっても、まったく知らない人なので、適当にシャッターを切ったものの、混雑でお詣りもできず、数分で早々に退散した。若いタレントさんなどほとんど知らないし、ますます時代から取り残されていく。

DSC04441_RDSC04442_RDSC04440_R









DSC04438_RDSC04436_R

(今日のその1)横浜イングリッシュガーデン 冬景色 バラと実

1〜2枚目、白い一重の薔薇と薔薇の実。
3〜4枚目、冬の地面には初雪葛(ハツユキカズラ)やアイビー。初雪葛は白雪葛(シラユキカズラ)とも。

DSC04395_RDSC04394_R









DSC04399_RDSC04398_R

横浜イングリッシュガーデン ギョリュウバイ 

御柳梅(ギョリュウバイ)の花の色は、赤でもこれより薄い色や、ピンク、白などあり、一重もある。この色も、こんな時期にはいい。
もう少し薄い色が好きだったけれど、いつも見ていると、この色が大好きになった。

DSC04416_RDSC04415_R
Profile
      わたしです

日本ペンクラブ会員
日本文芸家協会会員
日本文芸家クラブ理事
サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ
Archives
Categories