「藍川京」の部屋

女流作家「藍川京」の日記と、作品を紹介するブログです

横浜イングリッシュガーデン シュウカイドウ、ジャスミン、トウゴマなど 

この暑さの中のオリンピック。昨日、ロシアのアーチェリーの女子選手が熱中症で、いちじ具合が悪くなったとか。よりによってこの猛暑の時期にと、また思ってしまった。健康を損なわれる人が出ないといいけれど。

1〜3枚目、秋海棠(シュウカイドウ)もだいぶ咲いてきた。
4〜6枚目、白いジャスミンの花も盛り。
7枚目、真夏の真っ赤な薔薇。
8枚目、釣鐘のような可愛いクレマチス。右奥にはぼんやりと壺珊瑚(ツボサンゴ)の花。
9枚目、銅葉の唐胡麻(トウゴマ)。これから花や実が楽しみ。ずいぶんと背が高くなる植物。
DSCF4667_RDSCF4664_RDSCF4665_R











DSCF4682_RDSCF4680_RDSCF4681_R











DSCF4686_RDSCF4689_RDSCF4678_R

横浜イングリッシュガーデン 風鈴とバラ、アジサイ、センニチコウなど

昨日、2回目のコロナワクチン接種も終わった。多くの知り合い達も次々と2回目を打っている。感染はワクチンを2回打っていない人達が主なようで、ひとまずほっとしたけれど、抗体ができるまであと2週間。もう少し気をつけなければ。とはいえ、抗体ができても、今までと同じ生活は続く。それにしても日に日に感染者が増えている。早く若い人達も打てればいいけれど。
接種に行くときに驚いたのは、秋明菊(シュウメイギク)の白とピンクがたくさん咲いていたこと。車の中からだったので写真は写せなかったけれど、花ももう季節がわからなくなっているのだと思うしかない。秋の花なのに、この真夏に咲くのも可哀相。

夏なので1枚目、風鈴がたくさん吊してあり、風が吹くと音がかなり大きくなり、まだ正体がわからなかったとき、鳥除けかと思ったほど。しかし、音で追い払うのは鹿威しのように獣のはず(笑)。
2枚目、この時期にまだ綺麗な紫陽花。3枚目、緑のデージー。緑の花も好き。
4枚目、まだ咲いている薔薇もある。5枚目、粟(アワ)のような植物と思ったけれど、粟でいいのかどうか。6枚目、千日紅(センニチコウ)。
DSCF4673_RDSCF4630_RDSCF4628_R











DSCF4627_RDSCF4626_RDSCF4654_R

横浜イングリッシュガーデン ダリア、パイナップルリリー、ツボサンゴ(ヒューケラ)

1〜3枚目、色も形もまったく異なるダリア。
4〜5枚目、パイナップルリリー。今年は花茎が倒れていて残念。それでも花穂は垂直に立ち上がって5枚目のような可愛い花を咲かせている。
6枚目、壺珊瑚(ツボサンゴ)。ヒューケラとも。私は水引のような小さな花にはあまり興味がなく、カラーリーフとしての葉の鑑賞の方がいい。この写真では大きなミツバのような葉に隠れてしまっているけれど。
DSCF4631_RDSCF4629_RDSCF4695_R











DSCF4691_RDSCF4690_RDSCF4687_R

横浜イングリッシュガーデン ガゼボあたりのミソハギとバラ

昔と違う異常な暑さが続く日本の夏。豪雨も異常。こんな時にオリンピックをやり、倒れる選手も出てくるのでは。なぜ日本の7〜8月にオリンピックなのか、決まったときから首を傾げている。1964年の日本でのオリンピックは10月。いい季節だったのに。それに今はコロナ禍。どれをとっても尋常ではない赤信号。

1枚目、ガゼボ付近のピンクの禊萩(ミソハギ)と赤い薔薇。柳の大木もある。
2枚目、薔薇のつぼみと額紫陽花(ガクアジサイ)。
3枚目から禊萩。小さな池もあり、池の周囲には季節ごとに違う花が咲き乱れる。
DSCF4655_RDSCF4660_R











DSCF4657_RDSCF4658_RDSCF4656_R

横浜イングリッシュガーデン ヨーロッパ葡萄プルプレア、クラブアップル、エゴノキの実

木の実は実に楽しい。
1枚目、可愛いヨーロッパ葡萄プルプレアが実っている。観賞用で小さく、可愛い。
2枚目、ミニ林檎(リンゴ)のクラブアップルも立派な形に。親指の先より大きくなった。
3〜4枚目、萵苣の木(チシャノキ)。エゴノキとも。鈴なりに生っているところを写したかったけれど、手前の方だけしか近寄れないので、こんな感じに。
DSCF4683_RDSCF4636_R











DSCF4685_RDSCF4684_R

横浜イングリッシュガーデン キキョウ、ムクゲ

桔梗(キキョウ)は夏の花だけれど、私の感覚では秋の花のように思えてしまう。ひっそりと日陰で咲いているのが似合いの花に思えるけれど、実際は日当たりのいい場所に生える。
1〜3枚目、八重の桔梗。4枚目、普通の一重の白。ガーデンには絞りの素適な桔梗もあるけれど、この日は過ぎつつあるものしか見当たらなかった。今年は綺麗に咲いている絞りをうまく撮れるかどうか。
5〜6枚目、紫の桔梗の色に合わせて、薄紫の木槿(ムクゲ)。1日花で、早朝に開いて夜には終わる。このピンク色が、夕方には上の桔梗のような濃い色に変わって終わる。背後に終わりそうになって色が濃くなった花がぼんやりと写っている。
DSCF4671_RDSCF4670_R











DSCF4668_RDSCF4669_R











DSCF4639_RDSCF4640_R

横浜イングリッシュガーデン ヒマワリ

1枚目の薔薇の花が終わった葉だけになった緑のアーチをトンネルをくぐり抜けると、2枚目からの向日葵(ヒマワリ)が咲いている。
昔は5枚目のような黄色い向日葵ばかりだったけれど、いつからか2〜4枚目ようなような濃い色の向日葵もよく見かけるようになった。
向日葵は夏の花と思っていたけれど、10月半ばか下旬に北海道を旅したとき、一面の向日葵畑があって圧倒されたことがあった。
DSCF4679_RDSCF4633_RDSCF4634_R











DSCF4632_RDSCF4635_R

横浜イングリッシュガーデン キツネノカミソリ、ミズヒキ

1〜3枚目、狐の剃刀(キツネノカミソリ)。まだつぼみはあるものの、過ぎているものもあり、見逃すところだった。ヒガンバナ科で、早春に水仙のような葉を出すものの、夏になるとこの葉は枯れてしまい、それから花茎が伸びてきて花が咲くので、花の時期には葉はない。
4枚目、まだ花茎も伸びる前の6月末の水引(ミズヒキ)。5枚目から花が咲き始めた現在の水引。ガーデンの水引の葉は斑入りで美しい。
DSCF4638_RDSCF4637_RDSCF4677_R











DSCF4546_RDSCF4651_R











DSCF4641_RDSCF4642_R

(今日のその2)真っ赤な夕焼け

1枚目、19時47分の富士山の見える西の空にびっくり。2枚目は2分後。左の方に富士山。
3枚目、同じ時間、みなとみらいの東の空。
ほんの20分程前の空の色。
DSCF4720_RDSCF4724_R











DSCF4725_R

横浜イングリッシュガーデン カノコユリ

百合も次々と品種が変わり、今は鹿の子百合(カノコユリ)。
呑気に構えていると1週間で花は変わってしまう。2週間も行かないと、盛りのいい時を見逃すことも。
イングリッシュガーデンの花は様々。次々と終わっては別の花が開いていく。みごととしか言いようがない。
DSCF4649_RDSCF4648_RDSCF4644_R











DSCF4647_RDSCF4643_RDSCF4662_R

横浜イングリッシュガーデン アジサイ、ヘメロカリス、アリウム、グレビレア

昨日も朝からオールスター、大谷選手に釘付けだった。今はオリンピックの話題より毎日、大谷選手。明るい話題だ。それに比べ、コロナの感染者が増える一方のこんな時期にオリンピックとは。選手達には活躍してもらいたいけれど、外国から入ってくる関係者が勝手気ままに動きまわっている現実に、ただただ腹が立つ。関係者を乗せるタクシー運転手も呆れているよう。国民には自粛自粛と言い、海外からのオリンピック関係者は野放し。おかしすぎる。バッハ会長にもこの時期に広島など訪問してほしくない。どうして日本の関係者はそれを拒否しないのだろう。私にはまったく理解できない。広島行きが取りやめになるといいけれど。

1〜2枚目、紫陽花。3枚目、紫陽花とスモークツリー。紫陽花もあっという間に過ぎてしまった。これは半月前のものになり、もうこんな美しい紫陽花を見ることはできない。
4枚目、ヘメロカリスと手前はまん丸のアリウム。5枚目の菊の名前は不明。
6枚目、ガーデン外の住宅展示場で、面白い花、グレビレア。これも今は花数が残り少なくなってきて、終わる寸前。好みのひとつ。
DSCF4416_RDSCF4526_RDSCF4438_R











DSCF4511_RDSCF4404_RDSCF4603_R

(今日のその2)住宅展示場 バンクシア

イングリッシュガーデンには住宅展示場の中を通っていくので、住宅に合わせて色々な木や花が植えられているのも楽しみのひとつ。
1昨日はバンクシアを見つけた。いつ植えられたのだろう。去年まではなかった気がするけれど、気づかなかっただけだろうか。花はブラシノキに似ている。
オーストラリア原産のヤマモガシ科の属のひとつ。
DSCF4710_RDSCF4706_R











DSCF4707_RDSCF4708_R

横浜イングリッシュガーデン モクレン、ハナズオウの実

1枚目、2週間以上前の写真になってしまい、もうすっかり終わっているけれど、上を見上げて、今年始めて気づいた。すぐに鎌倉の長谷寺の深山含笑(ミヤマガンショウ)を思い浮かべた。モクレン科オガタマノキ属だ。それは白い花だけれど、木や咲き方が似ている。これは何という名前だろう。
2〜3枚目、花から実に変わっている花蘇芳(ハナズオウ)。花からは想像できない。ということで、4〜6枚目は4月に咲いていた花蘇芳。この花が上の豆になるとは。
DSCF4539_R











DSCF4562_RDSCF4563_R











DSCF1749_RDSCF5494_RDSCF5493_R

横浜イングリッシュガーデン タイマツバナ、アノダ、カンナ、タチアオイなど

1〜3枚目、色違いの松明花(タイマツバナ)。イングリッシュガーデンではベルガモット。
4枚目、アノダ。5枚目、サルビア・インボルクラータだと思う。6枚目、擬宝珠(ギボウシ)。
7枚目、花より美しい葉が気に入っているカンナのプレトリア。8枚目、銅葉のカンナ。9枚目、強烈なチョコレート色の立葵(タチアオイ)。タチアオイの花がいちばん上まで咲いたら梅雨明けと言われている。
DSCF4567_RDSCF4566_RDSCF4476_R










DSCF4557_RDSCF4424_RDSCF4591_R











DSCF4645_RDSCF4588_RDSCF4580_R

横浜イングリッシュガーデン ガクアジサイ、アナベルなど

1〜2枚目の額紫陽花(ガクアジサイ)。3枚目は真っ白なアナベル。
4枚目からの紫陽花は装飾花が幾重にも重なっていて華麗。つまみ細工の花の簪のようで、七五三や舞妓さんの髪に似会いそう。
DSCF4514_RDSCF4513_RDSCF4596_R











DSCF4410_RDSCF4411_RDSCF4412_R











DSCF4472_RDSCF4473_RDSCF4468_R

横浜イングリッシュガーデン ウズアジサイ、バーベナ・ボナリエンシス (三 尺 バーベナ)、ハマナスの実

熱海の土石流の片づけも終わらず、行方不明者もまだまだいるというのに、それからもあちこち雨の被害を受け、鳥取や広島などの後、今は九州も。鹿児島の薩摩川内市など酷いもの。地球温暖化で大災害が頻繁に起きるようになった。ここまできて温暖化を止められるのだろうかと恐ろしくなる。

1〜2枚目、渦紫陽花(ウズアジサイ)。
3〜5枚目、バーベナ・ボナリエンシス 。三 尺 バーベナとも。
6〜8枚目、浜茄子(ハマナス)の実。
DSCF4550_RDSCF4548_R











DSCF4601_RDSCF4538_RDSCF4536_R











DSCF4534_RDSCF4533_RDSCF4544_R

横浜イングリッシュガーデン クレマチスと鳩

クレマチスの種類は多い。今日の写真は、クレマチスと、その下を呑気に歩いていた鳩。
1枚目と7枚目のバックには紫陽花も写っている。7枚目もちょっと変わったクレマチだけれど、最後のクレマチスは、一瞬、何の花かと思った。菊のような花びらのクレマチス。
DSCF4515_RDSCF4518_RDSCF4595_R











DSCF4578_RDSCF4574_RDSCF4576_R











DSCF4516_RDSCF4418_R

横浜イングリッシュガーデン ヤマモモ、ヤマボウシ、アジサイ

1枚目、熟れた山桃がたくさん生っている。マンションの大きな山桃の木には入居した時にはたくさん実が生ったのに、敷石を汚すので生らないようにしたようでつまらない。
2枚目、白一色になっていた山法師(ヤマボウシ)の花も終わり、今は3〜4枚目のように青い実になっている。秋には赤く熟し、鳥達の食べ物になるのだろう。熟して落ちる頃、皮を剥いて食べられる。私は食べたことがなく、そのうち食べてみたい。ジャムなどにもできる。
5枚目から美しい紫陽花。8〜10枚目では、大きな萼片の中で小さな花が咲いているのがよくわかる。
DSCF4465_R











DSCF4570_RDSCF4531_RDSCF4530_R











DSCF4423_RDSCF4422_RDSCF4421_R










DSCF4406_RDSCF4407_RDSCF4405_R

横浜イングリッシュガーデン アジサイと八重のザクロ、アリウム

1〜3枚目、実に美しい白と朱色の混じった八重の石榴(ザクロ)の花。カーネーションにも見える。イングリッシュガーデンでは赤いザクロの花より少し遅れて咲き始める。
4枚目は紫陽花と石榴。5〜6枚目はまん丸い葱坊主のアリウムと石榴。7〜8枚目、アリウム
DSCF4500_RDSCF4505_RDSCF4506_R











DSCF4504_RDSCF4496_RDSCF4508_R











DSCF4497_RDSCF4498_R

横浜イングリッシュアジサイ、アジサイ、ヒペリカム

七夕。今夜、織姫と彦星は無事に天の川を渡って会えるだろうか……。

1〜5枚目、好きな色の紫陽花。小さな花もたくさん咲いている。
6〜10枚目、ヒペリカムの花と実。
DSCF4493_RDSCF4495_RDSCF4494_R











DSCF4474_RDSCF4475_R











DSCF4448_RDSCF4450_RDSCF4449_R











DSCF4461_RDSCF4462_R

横浜イングリッシュガーデン ベンチとアジサイとバラ

1〜2枚目、スモークツリーと紫陽花。右手に赤い花が写っている。それが3枚目の薔薇。ちょっと過ぎつつあるけれど。
4〜6枚目、上の写真のあたりのベンチと紫陽花。
雨の季節には紫陽花が似会う。けれど、雨はほどほどにしてほしい。長雨と大雨による熱海の土石流の被害は悲惨。近年、大雨による被害が増えている。
DSCF4527_RDSCF4529_RDSCF4524_R











DSCF4520_RDSCF4523_RDSCF4525_R

横浜イングリッシュガーデン 3色のユリ

先週もたくさんのユリを載せたけれど、まだまだ種類の違う百合がたくさん咲いている。
紫陽花もいっしょに咲いていて、ガーデ素晴らしい素晴らしい
DSCF4584_RDSCF4428_RDSCF4426_R











DSCF4425_RDSCF4427_RDSCF4430_R

横浜イングリッシュガーデン カシワバアジサイ

降り続く雨で静岡の熱海では土石流が発生。大きな被害が出ている。土石流の強力な力に呆然としてしまう。まだ雨は降り続く。これ以上の被害が起きませんように。

1枚目、合歓木(ネムノキ)が咲いている。優しい気持ちにさせてくれる花。
2〜3枚目、普通に見る柏葉紫陽花(カシワバアジサイ)だけれど、色が変わり始めている。
4〜6枚目、赤い柏葉紫陽花。赤い色のところは花ではなく萼片だけれど、元々白い色の萼がこんな色に変化したのか、1〜2枚目と種類が違う柏葉紫陽花のか、よくわからない。
DSCF4602_R











DSCF4442_RDSCF4443_R











DSCF4543_RDSCF4453_RDSCF4455_R

横浜イングリッシュガーデン ヘメロカリスがいっぱい

夜中の1時過ぎにスマホが大きな音で鳴り、この区は大雨による警戒レベル4で避難指示が出ているとの音声が続き、それも相当に大きい音で参った。ドキリとする。慌ててスマホを切ったつもりが、ひとときおいて再度の繰り返し。最初は地震でも来るのかと思って身がまえた。心臓に悪い。雨音はしないのにそんなに降っているのかと驚いた。被害がないといいけれど。

ヘメロカリス(日本や中国原産のユウスゲやノカンゾウ、ヤブカンゾウなどを品種改良で生まれたもの)でいいだろうか。ユリ科も難しい。
イングリッシュガーデンには年中、次々と花が咲きほころび、私達を癒してくれるけれど、手入れする人達の苦労はどれほどのものだろう。感謝。
DSCF4460_RDSCF4458_RDSCF4459_R











DSCF4589_RDSCF4456_RDSCF4581_R











DSCF4582_RDSCF4457_RDSCF4403_R











DSCF4558_RDSCF4559_RDSCF4433_R

横浜イングリッシュガーデン ダリア、ホタルブクロ、インドハマユウ、ブッドレア

昨日は1回目のコロナワクチン接種をしてきた。午前中、頭痛になり、鎮痛剤を飲んだので心配だったけれど、打つときには治まっていたし、そのことを話したけれど、まったく問題にもされずに、あっという間に終わった。何ともない。2回目の接種の終わった友達も、報道は大袈裟と手紙に書いてきた。亡くなる人もいるけれど、あまりにも副反応を強調しすぎかもしれない。アナフラキシーショックが出る割合も、決して多いとは言えないだろう。
都内の感染者は増えている。今のところ、よほど問題がある人以外は、ワクチンは打つ方がいいのではないかと思う。

イングリッシュガーデンには1〜3枚目、ダリアも咲いている。
4〜5枚目、白とピンクの蛍袋(ホタルブクロ)。6枚目、インド浜木綿(インドハマユウ)。
7〜9枚目、ブッドレア。
DSCF4585_RDSCF4415_RDSCF4414_R











DSCF4573_RDSCF4417_RDSCF4572_R











DSCF4452_RDSCF4451_RDSCF4545_R

我が家のアロエ「不夜城」の花、ベンジャミンの花、朝顔

7月というだけで真夏の感じ。もう半年が終わってしまった。
1〜4枚目、アロエの「不夜城」。5月末に何十もの子株をほとんど処分してしまったけれど、苦くないアロエなので、その時、大きなものはお腹に入れた。皮を削ぎ落とし、中の透明なゼリー状の部分だけ食べる。火傷などにも効くらしい。
1枚目、1カ月ほど前におおよそ処分した時に植え替えたひと株で、すぐに花芽が伸びてきた。2〜4枚目が現在。下から次々に開いていく。この1本で50くらいの花がついている。
5〜7枚目、最初は白っぽかったベンジャミンの花(実のようだけれど)も、次に少し青くなり、今はだいぶ赤い。今年もたくさんついている。
8枚目、年中咲いてくれる朝顔。室内も植物が多く、そろそろ室内で育てるのはやめて、外だけにしようかと思っている。
DSCF3974_RDSCF4614_RDSCF4617_RDSCF4615_R











DSCF4610_RDSCF4609_RDSCF4611_R










DSCF4618_R

横浜イングリッシュガーデン アジサイ、ムクゲ

2〜3枚目、質素な山紫陽花にもこんなものが。品種改良されたものだろうか。実に美しい。
4〜6枚目も似た色の紫陽花を。
7〜9枚目、木槿(ムクゲ)も咲いているけれど、この色は好みなので、上の紫陽花の色と合わせてみた。木槿を見ると夏だなと思う。
DSCF4598_RDSCF4463_RDSCF4464_R










DSCF4409_RDSCF4408_RDSCF4512_R











DSCF4439_RDSCF4440_RDSCF4437_R

(今日のその2)我が家の多肉植物の花<アドロミクス属 天錦章>

今朝は、また大谷がホームランで、その姿を見てバンザ〜イと言ってしまった。凄い。面白い。今日も勝ってほしいけれど、まだ試合中。

植物を育てていると、忘れた頃に花が咲いていたりして感動する。
1〜6枚目、買ってきて3年になる多肉植物、アドロミクス属の天錦章。
1、2、4枚目にしずくのようなものが写っているけれど、甘い蜜。指につけて舐めるのも楽しみのひとつ。
6枚目の全体像は歪んでしまったけれど、葉を1枚もいで土の上に載せておくだけで、また増えていく。他の人に分ける時、封筒に入れて送れるので簡単。
7〜8枚目、増えて増えてこんなになっているミニパイナップル。生っているパイナップルを切って植えると、また増える。小さな2株からこんなになった。ここだけで10株ほど。
パイナップルは1昨日、収穫した。最後の写真。そこれを植えるとまた増える……。
DSCF4400_RDSCF4393_RDSCF4392_R











DSCF4395_RDSCF4398_RDSCF4394_R











DSCF4389_RDSCF4390_RDSCF4620_R

横浜イングリッシュガーデン アジサイ

1〜3枚目、ガーデン手前の住宅展示場の風景。
4枚目から横浜イングリッシュガーデン内の、今月初めの紫陽花。
DSCF3966_RDSCF3968_RDSCF3967_R











DSCF3947_RDSCF3948_RDSCF3946_R











DSCF3938_RDSCF3937_RDSCF3939_R

横浜イングリッシュガーデン 百合(2)

今、イングリッシュガーデンには百合が一杯なので、昨日と今日、たくさん載せてみた。
花にもベストの時期がある。ガーデンの百合は今がいちばんいい時のよう。とはいえ、1週間前のものになってしまったけれど。
こんな花たちを眺めていると、人間世界の現状が嘘のよう。都内ではコロナ感染者が1週間以上増え続けている。一体いつになったら1昨年までのような生活が戻ってくるのだろう。
DSCF4551_RDSCF4484_RDSCF4485_R











DSCF4446_RDSCF4445_R











DSCF4444_RDSCF4447_RDSCF4480_R











DSCF4481_RDSCF4568_RDSCF4479_R

横浜イングリッシュガーデン 百合(1)

1〜2枚目、薄萌葱色のような花弁の内側は臙脂色。みごとな百合だけれど、ハイブリットリリーの名前は名札でもついていない限りわからない。
3枚目から、咲き誇っている鉄砲百合と紫陽花やスモークツリー。鉄砲百合にそっくりな百合も何種もあり、間違っていないといいけれど。
花は一気に変わっていく。梅が終わったら桜。桜もあっという間で薔薇の季節に。そして、薔薇から紫陽花。今は百合。早い早い。百合と一緒に、紫陽花はもう少し頑張って咲いてくれるだろう。
DSCF4432_RDSCF4431_R











DSCF4555_RDSCF4436_RDSCF4554_R











DSCF4441_RDSCF4434_RDSCF4553_R
Profile
      わたしです

日本ペンクラブ会員
日本文芸家協会会員
日本文芸家クラブ理事
サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ
Archives
Categories