「藍川京」の部屋

女流作家「藍川京」の日記と、作品を紹介するブログです

(今日のその2)北鎌倉 明月院 キイロホトトギス、リンドウ

今年は円覚寺の黄色い(ジョウロウホトトギス)は見られなかったけれど、1昨日の明月院本堂右手前で1〜3枚目、黄花杜鵑草(キイロホトトギス)を見られ、ラッキー。ここにあったとは何年も気づかなかった。昔からあったのだろうか?
一緒に4〜6枚目、竜胆(リンドウ)も咲いていた。いつのまにか竜胆の季節。
DSCF9099_RDSCF9097_RDSCF9098_R











DSCF9096_RDSCF9077_RDSCF9076_R

横浜イングリッシュガーデン サルスベリ、オミナエシ、センニチコウ

1〜2枚目、白い百日紅(サルスベリ)に今年は満足できた。百日紅という字のように、花期が長い。そろそろ終わるだろう。
3枚目、アーチ下のコリウスの花。4枚目、千日紅(センニチコウ)。
5〜8枚目、斑入りの葉の藤袴(フジバカマ)。
9枚目、薔薇のつぼみの向こうは、ペニセタム・オリエンターレ トール・テイルズ。
10枚目、唐胡麻(トウゴマ)。この唐胡麻は以前の場所から1〜2年前に移動した。以前の場所からなくなっていた時、処分したのかと残念に思っていたけれど、また見つけた時は嬉しかった。ただ、手の届くところではなくなり、それは残念。望遠でやっと撮った。
DSCF8853_RDSCF8852_R











DSCF8937_RDSCF8266_R











DSCF8240_RDSCF8871_R











DSCF8242_RDSCF8241_R











DSCF8931_RDSCF8863_R

(今日のその2)北鎌倉 円覚寺塔頭松嶺院 十月桜、侘助

昨日、鎌倉散歩。
松嶺院(しょうれいいん)が開いていると嬉しい。円覚寺に入ると、真っ先に松嶺院から。
1枚目、十月桜(ジュウガツザクラ)があちこちにだいぶ咲いていた。
2枚目、この秋最初に見た椿の侘助(ワビスケ)。
山茶花(サザンカ)も咲き始めている。
DSCF9032_RDSCF9036_R

横浜イングリッシュガーデン クラブアップル、ブッドレアなど

1〜2枚目、クラブアップルが重いほど生っている。
3〜4枚目、そろそろ終わりそうなブッドレア。5〜10月頃までが花期。
5枚目、紫紺野牡丹(シコンノボタン)。これもそろそろ終わるだろう。6枚目、サルビア グアラニティカ。
8枚目、ペンタス。
DSCF8260_RDSCF8833_R











DSCF8854_RDSCF8354_R











DSCF8263_RDSCF8259_R











DSCF8901_RDSCF8286_R



横浜イングリッシュガーデン(住宅展示場)ベニバナトキワマンサクなど 

1〜2枚目、季節外れの紅花常磐満作(ベニバナトキワマンサク)が、住宅展示場入口やガーデン内でもちらほら。
3〜4枚目、イングリッシュガーデン入口付近で、西洋石楠花(セイヨウシャクナゲ)のパープルマジック。こんな時期に咲く花だろうか。花期は春らしいけれど、秋にも咲く二期咲きタイプがあるらしい。
5枚目から住宅展示場で。6枚目、終わってしまったブラシノキ。7枚目の黄色い花は、グレビレアのピーチアンドクリームに近い気がする。そろそろ終わり。グレビレアもいろいろ。こういう変わった形の花は私の好み。ガーデン内のグレビレアはピンク。
8枚目、住宅展示場入口。花の向こうにはハロウィンのカボチャも。 
DSCF8960_RDSCF8961_R











DSCF8956_RDSCF8958_R











DSCF8377_RDSCF8375_R











DSCF8959_R

横浜イングリッシュガーデン クジャクアスター、アリウム、ハイビスカス

1〜4枚目、孔雀アスター(クジャクアスター)満開。3〜4枚目は咲き始めた頃。
5〜7枚目、載せ損なった先月末のアリウム。
8〜9枚目も同じ頃、ハイビスカス。変わった色には惹かれる。
DSCF8940_RDSCF8941_R











DSCF8223_RDSCF8222_R











DSCF8224_RDSCF8225_RDSCF8352_R











DSCF8363_RDSCF8362_R

横浜イングリッシュガーデン シモバシラ

あの猛暑から急激に気温低下。1週間前までは夏の掛け布団だったのに、慌てて薄い羽毛布団を出し、それでも寒く、1昨日は毛布を出した。着るものも大変。

1〜6枚目、可愛いククミスの花から実まで。すべてククミスでも1〜4枚目は、ククミス・ヒルストゥスではないかと。5〜6枚目はククミス・プロフェタルム。
ククミスはウリ科で、おもちゃメロンと言われていて、他の形のものもある。
7枚目から、霜柱(シモバシラ)。別名、雪寄草(ゆきよせそう)。
この白い花が霜柱に喩えられているのではなく、花も葉も枯れてしまう真冬に、地表の温度が零度以下になると根元から真っ白い霜柱が現れる。普通の霜柱とは異なる。
1度、見て見たいけれど、ガーデンの開園は10時から。その時間には溶けてしまっていて、未だに見ることができないでいる。この花も見過ごして行く人が多い。今年はだいぶ咲いていた。
DSCF8827_RDSCF8828_R











DSCF8826_RDSCF8829_R











DSCF8347_RDSCF8346_R











DSCF8917_RDSCF8915_R











DSCF8909_RDSCF8907_RDSCF8904_R

横浜イングリッシュガーデン コスモス、カンナ、ジンジャー

1〜4枚目、秋桜(コスモス)。ちらほらと夏から咲き始める秋桜もあるけれど、やはり秋がいい。
3〜4枚目、オレンジ色のジンジャーの花と、濃いオレンジは銅葉のカンナ。
5〜6枚目、葉が美しいカンナ プレトリア。
7〜8枚目、葉の黒い銅葉のカンナと、その向こうは赤いジンジャー。9枚目、白い花のジンジャー。
DSCF8867_RDSCF8866_R











DSCF8868_RDSCF8364_R











DSCF8218_RDSCF8818_R











DSCF8817_RDSCF8930_R











DSCF8290_R

横浜イングリッシュガーデン 秋の薔薇と実

誕生日にもらった花束は、薔薇にトルコ桔梗にカサブランカ。
カサブランカは10もつぼみがついていたけれど、今、5輪、開いている。
この香りが凄い。朝方は香りが弱く、午後の2時頃から強く漂い始め、夜は噎せ返るほどで、すべての部屋に漂っている。強すぎる香りを放つために、しばらく窓を開けておく。
あと5つもつぼみがあり、しばらくカサブランカの香りに惑わされそう。

1〜4枚目、蔓薔薇。
5枚目から、赤、黄、朱色の薔薇の実もたくさん。
花もいいけれど、私は様々な草木の実も好きで、先日は近所で馬刀葉椎(マテバシイ)のドングリを見つけたので拾ってきて、ふたつ食べ、ふたつは植えたいと思っている。栗のようで美味しかった。
イングリッシュガーデン手前の住宅展示場の人には、植えて下さいと言われ、エゴノキの実を渡された。
植えるのはいいけれど、植木鉢。芽がで来ると楽しいので、ついつい植えてしまう。ベランダの植物はほぼ片づけたいと思っているのに、なかなか減らない。
DSCF8878_RDSCF8323_R











DSCF8274_RDSCF8830_R











DSCF8234_RDSCF8894_R











DSCF8891_RDSCF8895_R











DSCF8892_RDSCF8886_R











DSCF8280_RDSCF8268_R











DSCF8883_RDSCF8882_R

横浜イングリッシュガーデン 秋の薔薇

秋薔薇の季節だけれど、今年は猛暑で、例年より花が少ない気がする。
それでも気品に満ちているのに変わりはない。
8枚目、アンゲロニア。9枚目、ガウラ。
DSCF8819_R















DSCF8353_RDSCF8896_R











DSCF8217_RDSCF8949_R











DSCF8267_RDSCF8920_R











DSCF8822_RDSCF8820_R

横浜市 西方寺と彼岸花

9月27日に行った西方寺の写真が1回しか載せられず、それから鎌倉の秋の写真になってしまったので、鎌倉が終わったところで載せることに。
1枚目の階段を上がって四脚門をくぐると、2枚目、茅葺きの本堂。
4〜5枚目、手水場にも彼岸花がいっぱいだった。6枚目鐘楼をバックに黄色い彼岸花。
7枚目、萩も綺麗だった。9枚目、アザレア椿。3年前にここで初めて拝見して、何という花だろうと首を傾げたけれど、今年は横浜イングリッシュガーデンでも見ることができた。花好きの女性達が、何だろうと言っていたので教えてあげることができた。鎌倉散策をよくしているという人達だったけれど、やはりこの花はあまり見かけないのだろう。
10枚目から歓声をあげたくなるほど見事だった彼岸花。
最後はお寺の手前の園芸店でオリーブの実。
DSCF8424_RDSCF8437_RDSCF8449_R









DSCF8451_RDSCF8452_RBlogPaint









DSCF8464_RDSCF8462_RDSCF8443_R









DSCF8469_RDSCF8435_RDSCF8428_R









DSCF8490_RDSCF8495_RDSCF8493_RDSCF8494_R









DSCF8499_RDSCF8498_RDSCF8506_R

(今日のその2)千葉直氏撮影写真集「いろは彩」明日発売

<「いろは彩」 九州四季散歩> という写真集が、京都の光村推古書院より、明日16日発売予定。
フリーカメラマンの熊本在住、千葉直(ちばすなお)氏撮影。

縦182弌濂257个韮隠僑哀據璽検
定価2800円 +税で3080円。

何と、デジタルカメラしか使えない私が、千葉氏にこの写真集の前書きを頼まれて書いている。
千葉氏は、花の名前を探しているうちに私のブログに迷い込まれたひとり。
数年前にこのブログにコメントを戴いたのがきっかけ。
まだお会いしたこともなければ、お住まいを知ったのも今年の初夏。
縁とは奇なるもの。
私の故郷、阿蘇の写真も多く、実に美しい癒やしの写真集なので、興味のある方はネットや書店でどうぞ。
光村推古書院から出ている京都の写真集を何冊も持っている私にとって、ここから出る写真集に前書き寄せることができたのは幸せ。
なお、写真集のことは、彼のフェイスブックの方が写真入りでわかりやすいだろう。下の通り。
https://www.facebook.com/100004708444441/posts/1710818965751702/?extid=0&d=n

写真集の表紙と裏表紙、中のページを1ヶ所載せてみるけれど、私がデジタルカメラで写したもので、無論、実際の色より劣っているのでご注意を。ぜひ本物をご覧下さい。
DSCF8976_RDSCF8977_RDSCF8979_R

鎌倉 鶴岡八幡宮 平家池

参道を挟んで源氏池と反対側にある平家池。昔は、源氏池には白旗にちなんで白蓮が、平家池には紅蓮が咲いていたとも言われているけれど、今は紅白混じっている。今年はコロナの関係で蓮の季節に見に行けずに残念。
1枚目、平家池袂のモミジの緑がきれいだった。2枚目、近代美術館をバックに。旧美術館は65年の歴史を経て、借地権が満了し、持ち主の鶴岡八幡宮に返却された。去年6月、鶴岡ミュージアムとして開館。旧館は神奈川県指定重要文化財指定になっている。
3〜4枚目、平家池から茶寮「風の杜」に向かって。まだ赤い萩が全盛だった。
5〜7枚目、ほぼ同じ所から桐の実。
これで先々週の鎌倉がやっと終了。
DSCF8788_RDSCF8789_R











DSCF8790_RDSCF8792_R











DSCF8796_RDSCF8797_RDSCF8798_R

鎌倉 鶴岡八幡宮境内 源氏池

正面の三の鳥居からではなく、東鳥居から入ったので、1枚目、源平池休息所から。花の終わった蓮の葉を片づけている最中だった。
2〜4枚目、売店近くから源氏池の旗上(はたあげ)弁財天社の、源氏の二引きの白旗と赤い太鼓橋。
5枚目、三の鳥居近くの太鼓橋。
6枚目、源氏池の島にある旗上弁財天社への朱塗りの橋と鳥居。7〜8枚目、朱塗りの橋を渡って鳥居へと。
9〜10枚目、北条政子が源氏の勝利と平家滅亡を祈って源氏池を掘らせた時に建立したと言われている旗上弁財天社。明治の廃仏毀釈でここも壊され、1956年に再興。
11〜12枚目、弁財天社の横で小さな小さなピンクの爆蘭(ハゼラン)が咲いていた。花火草(ハナビグサ)とも。 
DSCF8776_RDSCF8764_R











DSCF8768_RDSCF8766_R











DSCF8795_RDSCF8772_R











DSCF8771_RDSCF8785_R











DSCF8781_RDSCF8774_R











DSCF8778_RDSCF8777_R

鎌倉 鶴岡八幡宮東鳥居脇の彼岸花

誕生日。亡くなった母よりふたつも年上になってしまった。
もっとああすればよかった、こうすればよかったと、母への思いは尽きない。世界一の母に感謝のみ。

寶戒寺を出て鶴岡八幡宮方面へ。いつも楽しみな彼岸花の群生地がここ。源氏池は見えないけれど、その東側沿いの牡丹園の外囲いだろうか。
ちょうど赤い彼岸花は咲き始めた頃で、つぼみもあっていい頃だった。
この群生を眺めながらまっすぐに進むと、最後の鶴岡八幡宮の東鳥居。ここから境内を通って、小町通り、鎌倉駅への帰路となる。
DSCF8746_RDSCF8750_R











DSCF8748_RDSCF8751_R











DSCF8755_RDSCF8757_R











DSCF8756_RDSCF8758_R











DSCF8753_RDSCF8761_R

鎌倉 寶戒寺 サルスベリ、ヒガンバナ

半月前になってしまった寶戒寺。
1〜2枚目、崇大権現堂前の鳥居と白萩。3〜4枚目、聖太子堂と百日紅(サルスベリ)。
5〜6枚目、睡蓮鉢の外から、紅白の萩、白い彼岸花と白い水引(ミズヒキ)。
7〜8枚目、白い彼岸花と白い水引。
9枚目、北条氏の家紋、三つ鱗のついた扉。10枚目、寶戒寺を出ようとすると、参道の足元には落ち葉と、散りこぼれた白萩。
寶戒寺は今日で終わり、鶴岡八幡宮へ。
DSCF8720_RDSCF8717_R











DSCF8725_RDSCF8723_R











DSCF8727_RDSCF8729_R











DSCF8730_RDSCF8738_R











DSCF8739_RDSCF8742_R

鎌倉 寶戒寺 水琴窟や彼岸花

1枚目、本堂入口。2〜3枚目、本堂右横から白萩。
4枚目、水琴窟。手水鉢下の地中に瓶があり、空洞の中に水滴が落ちると音が反響して澄み渡った水音がする。もちろん、柄杓で水を流して心地よい音色を楽しませて戴いた。水琴窟があると、音色が楽しみ。ひとつとして同じ音色はない。前にも書いたけれど、紅葉の京都を楽しんでいた時、圓光寺にいつになく人が多く、どうしたのかと思っていたら、朝の番組で紹介されたようで、どっと人が押し寄せたらしい。いつも水琴窟を楽しみにしていたのに、みんながジャブジャブ水を掛けるので悲惨なことになっていて、音色も散々。寺の人が溜息混じりだったのを思い出す。無粋になってしまっては台無し。
5枚目、白い彼岸花と本堂。5枚目周辺の彼岸花。
DSCF8706_RDSCF8710_R











DSCF8709_RDSCF8707_RDSCF8718_R











DSCF8716_RDSCF8722_R











DSCF8715_RDSCF8712_R

鎌倉 寶戒寺 梵鐘とお地蔵様周辺の彼岸花と白萩

台風14号の列島直撃はまぬかれるようで、少しほっとしている。あとは大雨の被害がどうなるか。もう随分と降っている地域が。

先週の寶戒寺(ほうかいじ)。墓地の手前のお地蔵様と、ちょうど見頃だった彼岸花。
7枚目からは、その近くの鐘堂と白萩。白と薄い黄色の彼岸花。
DSCF8680_RDSCF8682_R











DSCF8685_RDSCF8681_R











DSCF8686_RDSCF8689_R











DSCF8684_RDSCF8691_R











DSCF8693_RDSCF8694_R

鎌倉 寶戒寺 フヨウ、ハギ、ヒガンバナ、マキの実

1枚目、本堂の屋根と酔芙蓉(スイフヨウ)。2枚目〜8枚目、芙蓉、白い彼岸花、白萩。
最後の2枚は槇(マキ)。足元に大好きなお団子のような実がたくさん落ちていたので、上を見た。何度も訪れているのに、ここに槇の木があるのに、今頃気づいた。
色の違うお団子をふたつ刺したような実は面白くて飽きない。青いのは種で食べられず、赤い方が食べられ、甘いとか。紫というか、黒いのが熟して、赤より甘いのかもしれない。落ちているのは食べたくないし、かといって採って食べる訳にはいかないし、長谷の光則寺でも眺めて写真を撮るのみ。
DSCF8670_RDSCF8663_R











DSCF8735_RDSCF8736_R











DSCF8734_RDSCF8733_R











DSCF8657_RDSCF8658_R











DSCF8668_RDSCF8665_R

鎌倉 寶戒寺の白ハギ、白い彼岸花など

先週の写真になってしまった。1枚目、寶戒寺(ほうかいじ)の八角石の参道で、さっそく白萩が迎えてくれた。この八角石、さっと見ると六角形に見える。
寶戒寺は萩の寺として知られているものの、今回、萩より彼岸花が目的だった。
2〜8枚目、本堂前の萩。わずかにピンク色の萩もある。
9枚目から梵鐘近く。9枚目、ジンジャーの花。
10枚目から彼岸花。彼岸花も白が中心で、赤はわずか。
赤い彼岸花の周囲には赤い水引(ミズヒキ)、白い彼岸花の周囲には白い水引と、水引までまで計算して植えられている。
寶戒寺は北条氏歴代執権邸宅跡。鎌倉幕府終焉の地でもあり、北条氏の霊をを弔うためと、国宝的な人材を養成修行させる道場して、足利尊氏に命じて後醍醐天皇の命により建立された寺。白い花々は、いかにも霊を弔うために咲いている感じがする。
DSCF8650_RDSCF8731_R











DSCF8704_RDSCF8698_R











DSCF8701_RDSCF8655_R











DSCF8700_RDSCF8688_R











DSCF8673_RDSCF8666_R











DSCF8677_RDSCF8683_R











DSCF8679_RDSCF8678_R

(今日のおまけ)キンモクセイ、シラユキヒメ、サンセベリア

1〜4枚目、どこを歩いていても金木犀の香り。花が咲くと、金木犀がこんなに植えてあったのだと気づく。桜などもそう。咲き出すとあちらにもこちらにも。今日の金木犀は横浜イングリッシュガーデンで。
5枚目、9月中旬よりベランダで毎日咲く白雪姫。トラデスカンタナ・ミラモンタナでは覚えにくいので和名で覚えている。
6枚目からは寝室で夜になると香り出すサンセベリアの花。今年は3本の花茎が伸び、1本目は終わり、2、3本目は5日から同時に咲き始めた。4時頃から咲き始めるけれど、香り出すのは7時か8時から。今日か明日で終わってしまいそう。至福の香り。この花は珍しく、花を見たことがない人が多いとか。
DSCF8812_RDSCF8841_R











DSCF8809_RDSCF8810_R











DSCF8807_R











DSCF8398_RDSCF8394_RDSCF8415_RDSCF8416_RDSCF8414_R

鎌倉 英勝寺の金比羅宮周辺の花 ヒガンバナ、ヨウシュヤマゴボウなど 

今日で英勝寺がやっと終わる。1週間かかった。
1枚目、竹林を出ると、2枚目、藪茗荷(ヤブミョウガ)の花。花と一緒に草色の実もついている。
3〜4枚目、金比羅宮は竹林入口より左手。やぐらに納められている。中を覗いてからお参り。
金比羅宮の周囲の植物も楽しみ。5〜6枚目、彼岸花も美しかった。
7〜10枚目、洋種山葡萄(ヨウシュヤマブドウ)は花から実になって色づくまでが写せた。
どちらかというと大きくなって邪魔な植物かもしれないけれど、1本だけそのままにしてあるところが多い。
英勝寺はまだ見所があるけれど、今回、写していないところも何カ所か。それでも6日間の掲載になってしまった。
DSCF8614_RDSCF8615_R











DSCF8609_RDSCF8608_R











DSCF8613_RDSCF8611_R











DSCF8605_RDSCF8606_R











DSCF8607_RDSCF8616_R

鎌倉 英勝寺の竹林でヤブミョウガ、オオバジャノヒゲ、ミズヒキ、ヒガンバナ

1枚目、竹林入口から書院を。手前にはトレニアの群生。2枚目、この場所から少し下がって書院を。ここには藪茗荷(ヤブミョウガ)の白い花。
この竹林のあたりに代々住職をつとめた水戸徳川家の姫君の住まいがあり、「姫御殿」と呼ばれていた。
3〜4枚目、太い竹には蔦が這っている。
5枚目、竹林のまわりの小径。6枚目、ここから天を仰いで。
7枚目、竹林の彼岸花。8枚目、竹の手前に紅白の水引。
9〜10枚目、竹林の大葉蛇の髭(オオバジャノヒゲ)。まだ白い花が咲いているので、艶やかな実はこれからの楽しみ。
鎌倉の竹林といえば報国寺が有名だけれど、ここの竹林も実に素晴らしい。
DSCF8603_RDSCF8592_R











DSCF8595_RDSCF8596_R











DSCF8598_RDSCF8597_R











DSCF8594_RDSCF8600_R











DSCF8599_RDSCF8604_R

鎌倉 英勝寺 萩、彼岸花、芙蓉、トレニア

拝観受付のある庫裏の左脇の石段のあたりは、今は萩でいっぱい。上りきったところに4枚目の蹲踞(つくばい)。
5枚目の書院の前には6枚目のトレニアに彩られていた。7枚目、書院の屋根の手前には藤棚があり、豆果が下がっている。8枚目、松と彼岸花。
9〜10枚目、芙蓉。11〜12枚目、古木と彼岸花。
今日の写真はすべて書院前で。明日は、この書院のすぐ先の英勝寺の竹林を。
DSCF8576_RDSCF8573_R











DSCF8572_RDSCF8578_R











DSCF8588_RDSCF8589_R











DSCF8586_RDSCF8590_R











DSCF8585_RDSCF8583_R











DSCF8584_RDSCF8580_R

鎌倉 英勝寺 仏殿とヒガンバナ

1枚目、山門から奥の仏殿正面を。2枚目、小さな仏殿正面。間口、奥行きともに3間というので、5メートル半くらいだろうか。正面の小窓を開けて中の阿弥陀三尊に手を合わせる。
こんなに小さな仏殿だけれど、英勝寺は太田道灌の屋敷跡で、道灌の子孫で、徳川家康に仕えたお梶の方(お勝の方)が出家して英勝院となり、建てられた由緒あるお寺。英勝院の葬礼を機に、住職が住む姫御殿、その他の僧侶、寺侍、医師、料理人達の住む下御殿、御長屋、大官所なども整えられたようで、樹木園、花畑、菜園まで供えた寺は鎌倉では異色な存在だったとパンフレットにある。
3〜4枚目は、仏殿扉と、扉を止める落し鍵についている蝉型の金具。
5枚目は、仏殿前から振り向いて山門を。
6枚目からは仏殿近くの彼岸花の群生。
続きの英勝寺はまた明日に。
DSCF8531_RDSCF8557_R











DSCF8559_RDSCF8558_R











DSCF8560_RDSCF8554_R











DSCF8542_RDSCF8549_R











DSCF8545_RDSCF8543_RDSCF8544_R











DSCF8552_RDSCF8547_R

鎌倉 英勝寺仏殿周辺のヒガンバナ、トレニア、スイレンなど

英勝寺は山門からは入れないようになっていて、受付の方の門から入るので、1枚目は仏殿の後ろになる。
境内に足を踏みいれただけで、今日載せた花はすべて見渡せる位置に咲いていた。
2枚目、彼岸花。3枚目、トレニア、4枚目、紅葉葵(モミジアオイ)のつぼみ。5枚目、クレオメ。
6枚目の彼岸花の茎には、咲いたばかりのものとつぼみとあって、いい景色。
7枚目、蓮の花托の中には、茶色くなった実が少ししか残っていなかった。あの蓮の花がこんなになるのは、不思議といえば不思議。
8枚目、蓮鉢の周囲にはたくさんのトレニア。
9枚目から睡蓮。
DSCF8621_RDSCF8630_R











DSCF8555_RDSCF8629_R











DSCF8568_RDSCF8569_R











DSCF8570_RDSCF8620_R











DSCF8623_RDSCF8622_R











DSCF8626_RDSCF8628_R

鎌倉 英勝寺山門 タカサゴフヨウ、ヒガンバナ、カリガネソウ、フヨウ、サルスベリ

3日前、今回訪れた鎌倉の彼岸花を、まずはざっと載せたので、今日からは英勝寺に戻ることに。英勝寺も花はいっぱい。竹林もあるし、4〜5回に分けないと載せきれないよう。その後、寶戒寺。そして、鶴岡八幡宮を載せたいけれど、10日くらいでは終わらないだろう。
1〜3枚目、英勝寺の受付近くの門の前には高砂芙蓉(タカサゴフヨウ)。
4枚目から山門と山門前の花。山門は2011年に落慶式が行われた。関東大震災で倒壊したものの、部材を間島弟彦氏が買い取り、保存されていたものとか。
赤い彼岸花に、藤色の雁草(カリガネソウ)、白い芙蓉(フヨウ)、最後の山門横には赤い百日紅(サルスベリ)。雁草は好きな色。
DSCF8634_RDSCF8635_RDSCF8633_R











DSCF8521_RDSCF8537_RDSCF8534_R











DSCF8530_RDSCF8527_RDSCF8529_R











DSCF8526_RDSCF8533_RDSCF8532_R











DSCF8538_RDSCF8539_R

(今日のその3)中秋の名月

天気が心配で、中秋の名月、見られるかなと思っていたら、無事に見ることができた。
ここからは今のところ、みなとみらいのランドマークタワーの上に浮かぶお月さま。
深夜には富士山方向に。
DSCF8805_R

(今日のその2) 我が家の花アナナスなど

ベランダの薔薇が2輪咲いた。切り花を植えて育てたもので、14年くらいになる。
室内に置いている朝顔は、年中咲かない月はない。種がこぼれてまた育ち、真冬にも咲く。
4〜6枚目、花アナナス(チランジア・キアネア)が今年、5月頃に続いて2回目の開花。下から順に左右に花がついていく。複数同時に咲くこともある。最後は頂上に。
買ったときは小さい株だったのに、これも何年経つやら。株分けしてもいいけれどそのまま。温室で初めてこの花を見た時、花のつきかたが不思議で魅せられた。後に手に入れた時は嬉しかった。うちのリビングは居心地がいいのか、植物がよく育つ。ベランダのものもよく育つ。
DSCF8385_RDSCF8384_RDSCF8207_R







DSCF8508_RDSCF8509_RDSCF8507_R

鎌倉 寿福寺参道、夜来柿と彼岸花

三分咲きの彼岸花だった英勝寺を出て鎌倉駅に向かう途中に、鎌倉五山の第三位、「寿福寺 」がある。
一直線に伸びた参道が綺麗なことで知られている。年2回の特別拝観以外は、参道突き当たりの仏殿に入ることはできない。
1枚目、総門。2〜4枚目総門をくぐって参道と突き当たりは中門。5枚目、中門から仏殿を眺めて。
この仏殿の裏手の奥に、山をくり抜くようにしてやぐらがあり、北条政子と次男の源実朝のお墓がある。
左手脇からそこに至る道があるものの、ご覧のように巨大な落石などあって通行禁止になっている。回り道すれば行けたかもしれない。
ここの墓地には高浜虚子や大佛次郎の墓もあり、大佛次郎の告別式は、ここ寿福寺で行われている。父上や母上の墓もここにある。
最後は、山門左脇の夜来垣の手前に咲いていた彼岸花。
DSCF8636_RDSCF8637_RDSCF8645_R











DSCF8639_RDSCF8640_R











DSCF8642_RDSCF8643_RDSCF8644_R







DSCF8647_R

鎌倉 大巧寺(だいぎょうじ) ホトトギス、シュウメイギク、イワフジなど

大巧寺は花の寺で有名なので小さなお寺とはいえ、年中、花が咲いている。
昨夜は急遽、英勝寺と寶戒寺(ほうかいじ)の彼岸花も載せたけれど、今日まで大巧寺の花。
そして、明日からはまた彼岸花を載せたい。横浜イングリッシュガーデンの花も載せたいけれど、一気に写真が増えてしまい、困った。
1〜2枚目、杜鵑(ホトトギス)。3枚目、秋明菊(シュウメイギク)。4枚目、岩藤(イワフジ)。
5j枚目、蔓穂(ツルボ)と蜆蝶(シジミチョウ)。6枚目、黄色い花は金水引(キンミズヒキ)。
7枚目、花虎の尾(ハナトラノオ)。8枚目、白山吹(シロヤマブキ)の実。黄色い山吹には実が生らない。
9〜10枚目、今はあちこちで盛りの玉簾(タマスダレ)。
DSCF8179_RDSCF8181_R











DSCF8171_RDSCF8176_R











DSCF8201_RDSCF8175_R











DSCF8200_RDSCF8180_R











DSCF8177_RDSCF8198_R
Profile
      わたしです

日本ペンクラブ会員
日本文芸家協会会員
日本文芸家クラブ理事
サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ
Archives
Categories